04月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



今日は日赤に診察に行った。
お正月に労災で注射をしてもらってから、二週間たったので、
一応、注射してもらうのと、労災や北大に行った報告のため。

朝、色々とやっていうるちに遅くなってしまい、
受付したのは10:30くらい。74番だった。
どうせ混んでるだろうから、受付した後、まっすぐ売店に行く。
売店で雑誌や飲み物を買って、待合室に行くと、
なんかめちゃめちゃ混んでる・・・
後ろのおばさん達が、さっきから全然進んでない、
とういうような話をしていて、やっと一人呼ばれたが、
その人の番号が50番だと話していたので、
まだまだ呼ばれないなぁと思い、リハビリ室に遊びに行ってきた。

入っていくと、Tさんから
Tさん 「久しぶりだねー。何やってたの~?
     全然来ないからカルテ切れちゃうよー!」と言われたので、
私 「実は年末でもう終わっちゃったんだよね・・・(^_^;)」
Tさん 「えー!そうだったの?!」
私 「先生にもう終わりで良いんじゃない?って言われて、
   12月いっぱいで終わりになっちゃったんだよね。
   最後の時、Tさんいなかったもんね・・・」
Tさん 「そっかぁ・・・来ないから切っちゃうよーって思ってたんだけど、
     すでに下で切られてたかぁ~(^_^;)」
私 「そうなのさー(^_^;)」
Tさん 「いいえ、まだ納得してません!ってごねてやれば良かったのに~」
私 「だよねー。・・・って、言えるわけないじゃ~ん(^_^;)」

私 「向こうに診察に行ってきて、北大にも行ってきたよ」
Tさん 「札幌行ったんだー?どうだった?」
私 「やっぱり拘縮だって。
    普通はないけど、まれにあるって言われた」
私 「でも、もうちょっとリハビリ頑張れば伸びるって言われたよ」
Tさん 「そっかぁ~」
私 「運動もどんどんやった方が良いって。
    いきなりバレーは無理だよって言われたけど(^_^;)」
Tさん 「まぁねー、なかなかすぐには良くならないよね・・・
     骨折とかでもずっと痛いもん。
     メス入れちゃうと、やっぱりねー・・・。
     だから私は絶対、手術しない!」

私 「この前、診察の時に、先生今日はやさしいですね、って言ったら、
   今日はね、って言われちゃったさー(^_^;)」
Tさん 「おおーっと!地雷踏んじゃった?」
私 「いや、先に診察受けてた人とのやり取りでやさしかったから、
   年寄りには優しいのか?って思ってたら、
   まぁ、私の時もいつもよりやさしかったんだけどさ。 
   反対も痛いって言ったから診てくれたんだけど、
   今日はね、って言われた後に、左は診るけど、
   右は向こうで診てもらって、って(^_^;)」
Tさん 「あんた、もうバレーで捻挫とかしても
     診てもらえなくなっちゃうよー(^_^;)」
私 「えー!いいもん、そしたらH先生に診てもらうもん」
Tさん 「H先生なら、湿布出して終わりだわー」
Tさん 「基本的にやさしいけどねー」
私 「まぁねー・・・、ちゃんと説明とかしてくれるし良いんだけどね。
   やっぱり自分がオペした訳じゃないから、
   主導権握ってるのが向こうの先生なのがおもしろくないんでしょ?」
Tさん 「医者も人間だからねー」

1時間近く世間話をして、もうお昼だったので、外来に戻った。
リハビリ室のみなさん、お仕事の邪魔してすみません(^_^;)

中に呼ばれたのは、Tさんの予想通り、12半過ぎ。
先生 「調子どう?」
私 「あまり変わりません」
先生 「伸ばしてみて」
足を伸ばすと、先生が自分の太ももの上に私の足をのせて押したりする。

先生 「この状態でどういう時、困る?」
私 「立った時にちゃんと体重がかけられない。
   左右、同じに体重がかかってないと思うんですよ」
私 「あと、歩いててちょっと段差があったりすると、
   左足(健足)だと何ともなく歩けるけど、
   右は、一瞬、まっすぐになるんだと思うんですけど、
   反ったような感じになる」
先生 「走ったら痛い?どこ痛い?」
私 「えーっと・・・膝の裏の方・・・かな?」
先生 「この辺、痛い?」
内側の方を触って聞かれたので、そこは痛くないと答える。

私 「向こうに診察に行ったんですけど・・・」
先生 「なんて言ってた?」
私 「時間とともに良くなっていくと思う、って。
    で、セカンドオピニオンの話をして、北大に行って来たんですけど」
先生 「北大のなんていう先生?」
私 「S先生です」
先生 「どうだった?」
私 「やっぱり拘縮だって言われました。
   もうちょっと頑張れば伸びると思う、って。
   手術する必要はない。手術しても治らない、って」
先生 「もうメス入れる必要はないと思うよ」
先生 「状態は悪くないと思うけどねー。
     100点ではないけど、95点くらい。
     おばあちゃんとかで、30°くらい曲がってても歩いてるよ。
     今、5°くらいだから、問題ないと思うけどね」
先生 「もう、普通に社会復帰しても良いんじゃないかな?
     どう?今の状態で不都合ある?」
私 「運動できるようになりたい」
先生 「どんどん運動してみても良いんじゃないかな?
     向こうの先生、なんて言ってた?」
私 「北大の先生もどんどん運動して良いって言ってました」
先生 「運動する前に塗り薬塗って、温めてからやると良いよ。
     終わったら冷やして。
     最初のうちは走ったら痛いかもしれないけど、
     走ることから始めて、徐々にレベルアップしていけば
     良いんじゃない?」
先生 「もうすぐ一年になるよね。怪我してから。
     走ることから始めて、春くらいには
     バレーやってみれば良いんじゃない?」
  
先生 「向こうの先生と自分との間にゴールに
     開きがあったんじゃないかなぁ?」

先生 「半月板はもう手術しなくて良いと思うし、骨も悪くないし、
     注射も必要ないと思うよ」

先生 「もう峠越えてるんだよねー」
私 ??
 (どういう意味なのかな?リハビリしてもこれ以上は
 良くならないってこと?と思っていると・・・)

先生 「18才未満なら、こういう状態にはならないから。
     30才過ぎると、そっから先は固くなっていくんだよね。
     いつまでも20代の体じゃないんだから」
 それってもう年だってこと?!(T_T) 
 うっ・・・今日もバッサリとやられました(T_T)
 しかも、相変わらずクールに・・・


先生 「麻酔かけて伸ばしても、麻酔切れたら戻るし、
     二週間とかたったら、今よりもっと悪くなると思うよ」

先生 「あとはもっと太ももの筋肉がつけば伸びると思うよ」
私 「私の頑張りが足りないのか、なんかなかなか筋肉つかないんですよね(^_^;)」
先生 「ハムストリングスが使われすぎると、
     内側が痛くなったりするんだけど、
     痛くないみたいだし、筋トレで大丈夫だと思うよ」
先生 「野球選手って、ひじが伸びないんだよね。
     でも、この状態でも150kmの球を投げられる。
     筋肉をつけることによってカバーできるんだよね」
 また野球選手の話されました(^_^;) 
 整形の先生ってスポーツ選手って野球しか知らないの?

    
私 「今の状態だと、自分の感覚としてジャンプできない」
先生 「いきなりは無理かもしれないけど、走ることから始めて
     徐々にレベルアップしていったら良いんじゃないかな?
     いきなり100%は無理でも、軽くジャンプしてみたら?
     それで徐々にレベルアップしていったら?」
先生 「スポーツ選手だったら、もう復帰してると思うよ。
     どんどん走ってみたら良いんじゃない?
     運動することによって体が情報を得られるから、
     ちょっとずつレベルアップしていけば良いと思うよ。
     走ってみて?」
 
こんな感じのやり取りでした。
今日は、まぁ、いつもより優しかったです。
年齢の話以外は(^_^;)
っていうか、優しく諭されたって感じです。   
冷たくあしらってもしつこく診察に来るので、
これは優しく諭すしかないと思ったんだろうか・・・?




頑張れ自分。  日記


セカンドオピニオンまで行かれてきて、先生のお話とかいろいろ聞かれてきたんですね。

半年経ってまだ満足出来ない状態では普通心配になりますよね、Mさんのお気持ちもよく分かります。。

私は抜糸もまだなのでリハビリはそれ以降のようなのですが。。。

やはり、膝をかばっていると筋が固くなってしまうことはあるようですね。。私も痛くなるほど曲げ伸ばしはさせられました。。
時間はかかってしまうかもしれませんが、膝が問題ないようですから、きっと満足できるレベルまで回復出来ると思いますよ(・∀・)
 早いバレー復帰できますように、お祈りしております。お互いリハビリ頑張りましょうね! 

2008/01/29 14:02 by nana Pagetop△

ありがとうございます

nanaさん、ありがとうございます。
抜糸までは、ビニール巻いてシャワーだと思いますが、
抜糸したらシャワーもそのまま浴びれるし、曲げ伸ばしも楽になると思いますよ~。

私の場合、手術前の約2ヶ月、痛くてほとんど曲げられなかったので、
そのために曲がらなくはなってたんだと思います。
でも、伸ばすことはできていたのに、なぜか手術後、まっすぐ伸びなくなっていて・・・

手術前に、大腿四頭筋を鍛えた方が良いとか、
曲げ伸ばしした方が良いとか言われていたら、違っていたのかもしれませんが、
地元の先生からはおすすめは手術と言われただけで、
あとは運動休んで湿布と薬で様子見ることしか言われなかったので、
最初から注射とか筋トレとか教えられてたら、手術もしなかったかもしれません。

今さら言っても仕方ないし、どちらの先生が悪いとも言えないので、
あとは頑張るしかないですね(^_^;)
でも、二人の先生にこれ以上は無理って言われてたけど、
大学の先生にはもっと良くなるって言われたので、
あきらめずに頑張っていこうと思います。

nanaさんも、今はまだ無理はしない方が良いですが、ゆっくりリハビリしていってくださいね。
術後、早いうちから頑張りすぎると、水がたまりやすいそうです。
腫れてるうちはアイシングしてくださいね。
お互い頑張りましょう!

2008/01/29 17:00 by M Pagetop△

こんばんは♪

ブログへの訪問ありがとうございます。

拘縮なんですね・・・
私のリハビリ仲間(同じく前十時靭帯再建)で拘縮してる方がいます。
私よりも3ヶ月も早く手術をされましたが、いまだに伸びず、曲がらず・・・苦労されてます・・・
しかも靭帯自体は強かったらしく、手術で開いたら切れていた靭帯が一部つながっていたらしいです・・・なのに・・・
再建後、癒着もあったらたしく、一度はがす手術(メスは入れない)をしていました。
今は、落とした筋力を戻すように努力されています。

そんな仲間と一緒に私も頑張ってます。


2008/02/05 19:58 by korokoro Pagetop△

korokoroさん

korokoroさん、ご訪問ありがとうございます。

拘縮・・・いまだに複雑な気持ちです。
前十字などの場合、術後は装具をつけてるし、
荷重制限があったり、松葉杖生活も長いと思いますので、
拘縮してしまうこともあるとは思いますが、
私の場合、制限もなく、3日目くらいから歩行器で歩いていたので、
まさか固まるとは思わず・・・

後から考えると3日目には伸びてないことに気づいていたのですが、
固定もしてないのに3日で固まる訳はないですよね・・・
大学病院の先生にも、普通はないけど、まれにあると言われたので、
やっぱり私の場合、特殊なのかなぁと思いますが、腑に落ちない気分です。
拘縮だってはじめからわかっていたら、もっとリハビリもガンガンやれば、
こんなに苦労せず戻っていたかもしれないのに、と思ったりも。
でも、主治医もこちらの先生も、普通はリハビリいらないし、
固まる訳ない、って思ってたんだから、仕方ないのかもしれません。

korokoroさんのリハビリ仲間の方は、癒着をはがす手術もされてるんですね。
私も一時期は癒着も疑ってましたが、MRIの結果、癒着ではないようです。

korokoroさんはリハビリ仲間がいらっしゃって励みになりますよね。
私は別の病院で手術したので、リハビリに行ってもよそ者って感じでした。
リハメニューにも不満がありましたが、こちらの先生にはリハビリはいらないからと最初に言われたくらいなので、
向こうからお願いの手紙を持って行ったから、
仕方なくやってくれてるという感じでした。
そのリハビリも切られてしまったので、自分で頑張るしかありません。

korokoroさんはかなりのメニューこなしてらっしゃいますよね。
段階に応じてレベルアップしていけるのって良いですよね!
私はずっと同じメニューで物足りなかったので、自宅トレだけになった今も、
こんなんで本当に伸びるようになるのかと不安ですが、
やるしかないので頑張ります。

なんだかグチになってしまい、ろくにレスになってなくてすみません。
korokoroさんも頑張ってくださいね。

2008/02/06 13:38 by M Pagetop△














管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://mm2525.blog107.fc2.com/tb.php/87-adcd2663
» FC2blog user only

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。