06月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



今日は読み聞かせの会の練習とランチがあったので、
午後からリハビリに行った。
2:30くらいに行ったら、他の患者さんはいなかった(^_^;)
入っていくとすぐにAさんから
「先生が会議があるので、先に曲げます、って(^_^)」と言われ、
まずY先生に曲げてもらうことに。
先生、忙しかったのね(^_^;)
まだ先生が会議に行く前だったのでタイミング良かったかも。

Y先生 「曲げる方は納得なんだよね・・・?」
私 「う~ん・・・・一応(^_^;)」
いつものように始める。
先生が膝を押さえながら抱え込んで曲げていく時に
Y先生 「やっぱり音するよね。曲げる時にギシギシいってるんだよね・・・」
何度か曲げて行くうちに、
Y先生 「やっぱりお皿だねー」
私 「お皿だったら、どうして鳴るんですかねー?」
Y先生 「お皿って、骨の上に乗っかるような感じになってて、
     それが滑るように動くんですよ。
     たぶん、骨にトゲみたいなのがあったりすると、
     それがお皿にひっかかるんだと思うけど」
私 「お皿だったら、どうすれば良くなるんですか?」
Y先生 「削って滑らかにすればひっかからないと思うけど、
     それはもうやりたくないよねぇ?」
私 「手術で削り方が悪かったってことですか?」
Y先生 「手術したのは(関節の)中だよね?
     中じゃないからねー」
Y先生 「お皿が原因で、半月板のせいじゃなかったのかもしれないよね・・・」

今日はそんなことを話した。

確かに、手術後、ひっかかる感じがしていたのは、お皿の辺り。
でも、手術前には、バキバキ鳴ることもなかったし、
お皿の辺りがひっかかる感じもなかった。
お皿がひっかかるような気がするようになったのは、手術後。
手術前は、ひっかかり感ってほとんどなかった。
ガクっと膝がはずれるような感覚と激痛はあったけど、
ひっかかってロックして伸ばせないとか、
曲がらないとか、って感じではなかった。
しゃがむ時に痛くてしゃがめなかったり、
そこから立ち上がろうとしたら激痛だったりはしてたけど。
でも、前十字靭帯は切れてなかった。
膝崩れのような症状は半月板のせいだったんだと思う。
バキっと鳴ったり、曲げ伸ばしする度に、
ひっかかるような感じがあるのは、手術してからだ。

手術の際に、関節の中を水で洗い流しながら処置するらしいけど、
そのせいで、必要な滑液?も洗い流されて不足するらしい。
それを補うために、ヒアルロン酸の関節注射をすると効果があるらしい。
私の場合、手術後、5回、ヒアルロン酸を打ちました。
正直なところ、注射の効果があるかどうか、
はっきりとはわからないのですが、
一度、効果がわからないので注射をやめたところ、
それまで以上に、膝がギシギシ鳴る感じだったので、
また注射を再開しました。
今は、5回打ったので、一旦、注射は終了していますが、
最近、あまり調子が良くないので、
また注射してもらおうかと思っていたのですが、
向こうでやめようと言われたのに、こっちでできないと言われ、
注射はしてもらっていません(;_;)
また注射したら、お皿がギシギシ鳴ったり、
ひっかかる感じも良くなるのかなぁ・・・?
それで良くなるんだったら、また注射してもらいたい。




今日の出来事  日記
















管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://mm2525.blog107.fc2.com/tb.php/74-6cffcf72
» FC2blog user only

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。