10月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



今日は労災病院への通院。
この前の予定では、11月まで通院はない予定だったけど、
日赤でのリハビリや注射のことで相談があったので、
急遽、予約を入れた。
先週、電話で相談しようとしたら、電話での相談は受け付けてないから
診察に来いと言われた。

10時の予約だったので、10時前に病院に行き、
中待合室に呼ばれたのが10時半前。
10時予約の患者の中で、最後だった。
診察室に入ると、先生に不安そうに、
「どうですか?調子悪い?」と聞かれた。
とりあえず、先週、熱が出たことを伝えると、
「風邪?今も鼻声だもんね」と言われる。
たぶん風邪の熱で今下がっていれば問題ないけど、
膝に感染してる可能性もあるので、採血させてくださいと言われる。

それから、膝がミシミシいう感じなのが、
注射した方が良いような気がするので、
注射してほしいことを話し、今日打ってもらって、
その後は浦河の日赤で受けられるようにしたいことを伝える。
この前の日赤でのやり取りを話すと、お手紙書いとくね、と言われる。

それから、診察台で膝の状態を診てもらい、
何度か曲げたり伸ばしたりして、うつぶせになって
足首を曲げられたりした。
「僕が診てきた中で今までこういうことは初めてなので、
 僕も心配なんだけど・・・あんまり心配なようだったら、
 今日、遅くなっても良いんだったら今日MRI撮ってみようか?」
と聞かれたので、この前、予約がいっぱいだって言ってたのに、
いきなり今日?!と焦ったけど、今日はどう考えても無理なので、
MRIは次で良いですとお断りした。

「ここの病院、他にも膝の専門の先生がいるから、
 他の先生の意見も聞いてみても良いですか?」と聞かれ、
別の先生が診に来てくれた。
もう一人の先生が、膝の曲げ伸ばしなどして、
「だいぶ良くなってるんじゃない?これなら心配ないと思いますよ」
と言われる。
「もっと悪かったんだよね?」「シェービングもしてるんだよね?」
などと主治医の先生に聞き、
曲げ伸ばしの時にひっかかる感じも傷のせいだと思う
というようなことを言われる。
今は130°までは曲げられるようになったから、
これなら問題ないというような感じだった。
この先生にあれこれ言っても仕方ないと思い、特に何も聞かなかった。

その後、また主治医の先生と話し、リハビリのことも話した。
リハビリの先生にこれ以上は機械じゃ曲げられないから、
人の手でやらないと曲げられないと言われたんだけど、
向こうの先生の判断もあるから、こっちの先生も制限なくやって良いか、
判断が難しいんじゃないかと言われたことを話すと、
リハビリは制限なくやって良いと言われ、
リハビリの先生に診てもらってないの?というようなことを聞かれたので、
CPMと筋トレ3種類しかやってないことを話した。
リハビリは制限なくやって良いけど、
やっぱり日常生活で正座はしない方が良いとまた言われた。

伸びないことがやっぱり一番困ってることを言うと、
先生はまた私の両足を持って見比べて、
手術の時にシェービングと言って軟骨を削る処置もしてるので、
そのせいで筋肉が硬くなってる場合があって、
もっと伸びていない場合は、それをはがす手術もあるんだけど、
このくらい伸びていれば、それはやらない方が良いと言われる。

「普通は一ヶ月くらいで元に戻るんだけど、
 こういうことは初めてだから僕も心配なんだけど・・・文献とか調べたら、
 ひっかかる感じも傷がやわらかくなってきたらなくなると思う」
というようなことを言われる。
「僕も心配なんだけど・・・」という言葉を今日は2回くらい聞いた気がするが、
心配してるわりに、予定では11月まで診察はなかったっていうのも
おかしな話だが、まぁ、先生も責任を感じているのか、
気にしてくれてるらしい。
なんで伸びないのかと聞かれても、
先生もはっきり言ってわからないんだろうが、
色々、話を聞いてくれるし、色々と説明もしてくれる。

それからバレーのことを話した。
今の状態なら、絶対、ジャンプはできない、と話す。
ジャンプして着地した時の衝撃を吸収できなくて、
膝に負担がかかるのが自分の感覚としてわかる、と伝える。
まっすぐ伸びてないから、立ってても体重を両足にかけられないし、
曲がってるのにつっぱってる感覚なので、後ろからぶつかられたりすると、
ボキって折れそうな感じになるのがわかる、と伝えた。
先生は、感覚もだんだん慣れてくると思うと
いうようなことを言っていた気がするが、
それって、このまま曲がったままの状態に慣れろってこと?

採血の結果を見て、炎症が起きていたら注射するのは良くないから、
結果を見てから注射をすると言われ、
それまでにまた聞きたいことがあったら考えておいてと言われる。

一度、診察室から出て、待っていた旦那に採血することを説明すると、
また色々と不満を言われ、それから採血をしに行った。
採血が終わって、結果が出るのに一時間くらいかかると言われていたので、
時間つぶしのために、本屋に行った。

戻ってきて外来窓口に行くと、熱も測ってくださいと言われ、
先生にも熱も測るように言われていたのを思い出した。
熱は36.5℃で、特に問題なかった。
その後、また呼ばれて診察室に。

先生が採血の結果を見せながら、問題なかったことを説明してくれて、
採血の細かい数値がのっている紙をくれた。
注射することになり、診察台に横になって注射をしてもらった。
感染が心配なのか、膝を消毒した後、
先生が自分の手も念入りに消毒して、それから注射された。
注射は相変わらず痛い。
薬が入っていく時に、普通の注射と違ってドロッとしたものを入れるせいか、
痛いというか、重い感じで、とても気持ち悪い。
でも、注射した方が、関節の動きは良くなるので仕方ない。

他に聞きたいことありますか?と聞かれたが、
あれこれまた聞くのも面倒なので、特に聞かなかった。
結局この日、病院が終わったのは1時過ぎだった。

後から、他の先生にも診てもらったことや、
MRIのことを旦那に話すと、また色々と文句も言っていたが、
とりあえず次の診察まで、頑張ってリハビリするしかないと言われた。
先生から今日MRI撮ろうか?と言われた時に旦那を呼んでいたら、
きっとまたおこって文句を言っていただろう。
そう思って、MRIは次で良いと断ったんだけど。(苦笑)



今日の出来事  日記
















管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://mm2525.blog107.fc2.com/tb.php/5-2a7b18fa
» FC2blog user only

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。