08月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



昨日まで、小学校の学級レクのことで忙しかったが、
無事にレクも終わり、今日、ようやく診察に行った。

先生「調子どう?痛みある?」
すぐには何も言えずにいたらもう一度聞かれた。
先生「あんまり良くない?前と変わらない?」
私「前とあまり変わらない・・・」
先生「どんな時痛い?」
私「歩いてる時に痛い時もある」
先生「後は?どういう時に痛い?歩き始め?
    立ち上がり?歩いてる時ずっと痛い?」
私「う~~ん・・・歩き始め・・・。伸ばすのに押してもらった時とか」
先生「しゃがんで立ち上がるときに痛いとかなら半月板だけど、
   歩いてるとずっと痛いとかっていうなら軟骨のせいもあると思うよ」

診察台に横になるように言われる。
まず膝を押され、痛いか聞かれ、痛いと答える。
その後、マックマレーテストをされ、
手術後、労災でも何回もされているし、日赤でもされていたけど、
手術後はマックマレーテストで痛かったことはなかったのに、
今日は何回か痛かった。
先生「どこが痛いか教えて」
私「う~~ん・・・外側の方」
最初、外側に回された時に痛くて、何回かやった時に
一瞬、結構痛くて、「イタッ!」と言ってしまった。
それから内側に回された時にも少し痛い時があった。
今までマックマレーテストでは痛くなかったから、
半月板ではないと自分の中では思ってたのに、
痛かったということは、やっぱり半月板なんだろうか・・・?

また椅子に戻り、話しをする。
私「向こうに診察に行ってきたんですけど・・・
   それでMRI撮ったんですけど・・・」
先生「MRIの結果、どうだった?」
私「MRIで、半月板が白くうつってる部分がある。
  それ以外ではひっかかるような物は見られない。
  伸ばすことにこだわるんだったら、亜全摘しかない、って・・・」
先生「再手術するってこと?」
私「やるとしてもすぐにはやらない方が良いって言われた」
先生「船頭は一人の方が良いから、こっちで別なこと言っちゃうと
    混乱すると思うからあんまり言わないけど、
    再手術はしない方が良いと思うよ」
私「向こうの先生もやらない方が良いって言ってました」
先生「他の先生の意見も聞いてみたら?
    今はドクターショッピングも流行ってるし、
    ちゃんと向こうの先生に話して、
    他の先生の意見も聞いてみたいから、
    膝専門の先生紹介してください、って言って、
    紹介してもらった方が良いと思うよ」
私「一応、それも考えてはいるんですけど・・・」
先生「行くなら札幌の病院を紹介してもらったら良いよ。
    札幌なら良い先生たくさんいるし、向こうの先生の上司とか
    知ってる先生、紹介してくれると思うよ。
    勝手に他の病院行くと、向こうの先生もおもしろくないだろうから、
    ちゃんと相談して、紹介状もらって行くと良いよ。
    手術の所見とか書類が必要になるから」

先生「注射どうする?注射しようか?」
私「向こうで3回やってて、こっちで2回したから、
  5回やったから、一度やめてみて、って」
先生「5回でしばらく効果が持続するって一応言われてるんだけど、
    じゃ、注射はやめておこうか」

私「最初、曲がらないし、伸びなかったじゃないですか。
  で、それって拘縮じゃないんですか?って聞いたら、
  拘縮じゃない、って。
  あと、MRIではくっついてる物も見られないし、
  もしくっついてたりしたら、3ヶ月たってるし、
  リハビリしてるうちにはがれてるはずだ、って」
私「伸びないのは、半月板しか考えられない、って
  伸ばすことにこだわるんだったら、亜全摘しかない、って」
私「でも伸ばすことにこだわらない方が良いって。
  今の状態でも伸展0°だって言われた」
先生「確かにちょっと浮いてるけどねー。
    左はぴったりつくけど、右は指2本分くらい空いてるよね。
    でも、後遺障害が残るってほどじゃないと思うよ」

私「先生はどう思いますか?」
先生「僕は関節の袋が固くなってるんだと思うけどね」
先生「拘縮ってことになるんだけど、痛みで動かせなかったりしてるうちに
    固くなっちゃったんだと思うけど」
先生「僕だったら、太ももの筋肉を鍛えるのを勧めるね」
そう言って、以前にも教えてくれたやり方を教えてくれた。

私「手術前にはまっすぐ伸びてたんです。
  手術して、3日目くらいには伸びてないことに気づいてて、
  看護師さんには伝えてたんですけど、
  先生に直接言ってなかったんです。
  最初、痛くて体重かけられなかったから、そのせいかなと思ってて・・・」
先生「手術の後、痛かった?」
私「そんなに痛くはなかったけど、体重かけると痛かった。
  歩行器使って歩く時に、痛くて伸ばせないのかなと思ってて、
  そのうち伸びるのかなぁって・・・」 

私「リハビリの先生が、半月板だと曲げる時に
  音がするはずだって言われて、
  いつもリハビリでやってもらってる時は音はしてなかったんけど、
  いつも家で伸ばすのに押してもらった後曲げると、
  バキッて鳴ったりしてて、
  リハビリでそういう話してたら、バキって鳴って、
  今のは半月板だねーって言われたんですけど」
先生「半月板だったら、音がするっていうより、
    もっとゴリゴリっていう感触があるんだよね。
    半月板なら曲げて伸ばすときにひっかかって痛いってことはあるけど
    伸ばした状態から曲げてひっかかるってことはない。
    リハビリの先生も悪気があって言った訳じゃないと思うよ」

先生「僕がメス入れてるんだったら、最後まで責任持つけど、
    僕だったら再手術は勧めない」
先生「半月板ってクッションの役目をしてるんだけど、
    それがなくなっちゃうと、直接、軟骨同士がぶつかるから、
    20年後とかに変形性関節症になる。
    60歳とかなら半月板、全部取っちゃっても仕方ないと思うけど、
    今の年齢では取らない方が良い」
私「向こうの先生も言ってました」

先生「再手術も勧められてるんだし、他の先生の意見聞いてみたら良いよ。
    別な意見が出てくるかもしれないし、
    やっぱり手術した方が良いって言われたら、考えれば良いんだし。
    こっちでは、注射とかリハビリとかはできるけど、
    勝手に他の治療はできないから」
先生「リハビリはこのまま続けてみたら?」
私「リハビリのことも、やっても構わないけど、
  これ以上は望めない、って・・・」
先生「そうだと思うよ。でもやって悪くなるってことはないから、
    リハビリ続けたら良いんじゃない?
    本当は向こうで向こうの先生の指示でリハビリして
    一週間ごととかに経過診せるのが良いと思うけど、
    今回はそういう訳にはいかないから、
    こっちでリハビリ続けていったら?」
私「はい・・・」
先生「リハビリで10分、20分やっても、あまり効果ないから。
   あとは家でどれだけやるかだよ。
   テレビ見ながらとか、音楽聴きながらとかで良いから、
   筋トレとストレッチやってみて」
先生「お薬は?」
私「湿布ください」
先生「塗り薬はある?」
私「まだあります」
先生「塗り薬は鎮痛消炎効果と、筋肉をやわらかくする効果もあるから」

先生「まっすぐ伸びれば100%満足なの?」
私「別に見た目はまっすぐじゃなくても良いんです」
先生「今、日常生活で困ることある?」 
私「左右、差があるから、立ってても体重が同じくかけられない。
  負担がかかるせいか、色んな所が痛い。
  元々、左足の方がアキレス腱とか悪くて、
  最近、運動もしてないのにアキレス腱も痛いし、
  左の膝も痛い。
  歩くのも痛かったりするから、走ったりできないし・・・。
  早く運動したいから手術したのに、いつになったら
  運動できるようになるのかなぁって・・・
先生「肘の骨折とかでも、完全に伸びた状態じゃなくて、
    このくらい(完全には伸びてない状態)で100%なんだよね。
    このくらいまで伸びれば100%。
    上に上げるのもこのくらい(腕が肩近くまで上がる状態)。
    ここまで(万歳の状態)は上がらない。
    でも、それを補うためには筋肉をつけるしかない。
    野球選手の工藤も手術して投げられなくなったんだけど、
    筋肉でカバーして投げられるようになった。
    太ももの筋肉を鍛えるしかないと思うよ」

私がすっきりしない顔で黙っていたから、先生も困ったのか、
「向こうの先生に相談して、他の先生、紹介してもらったら良いよ。
 相談してみて?」
と言われて診察を終えた。

こんな感じのやり取りだった。
最後の方で、ちょっとウルウルしそうになって、
先生も気がついたかも。
泣いちゃうと恥ずかしいし、嫌だから、
すっきりしないけど、診察を終えた。

今日は色々と話したので、30分以上たっていたと思う。
途中、看護師さんが後ろでチラチラ見ていた。
たぶん最後の患者だったと思うし、12時過ぎてたから、
早く終えてお昼休みにしたかったんだと思う。
でも、今日は何となく、先生は優しかった気がする。
相変わらず、僕がメス入れた訳じゃないから、
といった感じはあったけど、自分の見立ても言ってくれたし。

でも、長かったせいか、向こうの先生に相談してみて?と
何回も言われて、早く切り上げたいのかな~って気がした。
労災のK先生は向こうから切り上げようとするような
言葉は言ったことがない。
だいたいの医者って上から目線という気がするが、
K先生はそういう態度を取らないし、人柄は良い。
時々、こっちの聞いてる質問に対して、
意味が通じてない回答が返ってきたりもするが、
ちゃんと答えてくれたり、説明してくれたりする。
自分がオペした患者だから、責任も感じてるんだろうけど。
その点、こちらのS先生は、いつも他人事という感じで、
内心、他人のオペの後始末させられて面倒くさいと思ってるかもしれない。
悪い先生ではないと思うけど、いつもクールなので、
今だに言いたいことの半分くらいしか言えない。
だいぶ話せるようにはなったけど。
まぁ、今日はいつもより優しかった気がするので、
労災での結果を話すのが気が重くてなかなか行けなかったけど、
診察に行って、セカンドオピニオンのことや、
S先生の意見も聞けたし、良かったと思う。





今日の出来事  日記
















管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://mm2525.blog107.fc2.com/tb.php/44-28186d78
» FC2blog user only

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。