06月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



今日はいよいよ手術。
朝は6:00起床。
看護師さんが検温と血圧を測りに来る。

9:00過ぎに看護師さんが来て、血圧。
そして浣腸。
しばらくトイレから出られなかった(^_^;)

10:00 ここから水も飲めない。
11:00に看護師さんが点滴をしに来る。
担当看護師のHさんはまだ新人さんなせいか、
なかなか入らない上にめちゃくちゃ痛い
絶対ちゃんと入ってない気がする。
なかなか入らないのに無理やり入れようとするから、めちゃくちゃ痛くて、
それでもそのまま固定しようとしていたので、
さすがに「痛いんですけど・・・」と言ったら、針を抜いてくれた。
もう一度刺し直すが、やっぱり入らず、
今度はあきらめたのか、すぐに抜いて、
「別の人にやってもらいますね(^_^;)」と、
隣の患者さんの処置をしていた看護師さんを呼んだ。

結局その人も左腕に刺そうとするが、入らないらしくすぐ抜いて、
「右は?左の指示なの?」とHさんに聞くと
「右足手術なので、左で指示されてるんですけど・・・」
「邪魔になるから本当は左の方が良いんだけど、
 入らなかったら右でも良いから」
と言いながら、右腕に刺すことに。
今度は一発で入った。
結局、4回も刺された(T_T)
血管が見えづらいらしく、採血や点滴の時には、
「血管ないですね~(^_^;)」とよく言われるが、
1度に4回も刺し直されたのは初めてだ(^_^;)
最初に刺された所がめちゃくちゃ痛い・・・(T_T)

3:00になり、いよいよ手術室へ。
病室からストレッチャーに乗せられ運ばれる。
よく考えたらまだ歩けるんだから、歩いて行っても良かったのに。
寝ているせいか、結構スピードがあるように感じ、
その上、廊下をあちこちと移動したので、酔いそうになった

手術室に入ると、頭にシャワーキャップみたな帽子をかぶせられる。
主治医のK先生に挨拶されたので「よろしくお願いします」と言った。
先生がゴーグルみたいなのをつけていておかしかった。
着てきた手術着を脱ぐように言われ、
看護師さんがバスタオルをかけてくれる。
バスタオルの下は手術用のディスポパンツ1枚だけという格好だ。
膝の手術なのに、なんで裸になるのか不思議だが、
他のブログなど見ても、みんなそうらしい。
麻酔するからなのか?
それとも、手術中、緊急事態になった時に、
すぐ処置できるようにするためなんだろうか?
それから手術台に移り、心電図や血圧計、酸素濃度を測る
クリップなどをつけられ、だんだん緊張が強くなってきた。

いよいよ麻酔。
麻酔は腰椎麻酔。
横を向いて背中を丸めるように指示される。
先生が腰の辺りを拳で何度か押して、刺す場所を確認する。
消毒されて、「チクっとしますからねー」と言われ、刺される。
手術した人のブログなどを読むと、麻酔の針がすごく痛かったと
書かれていたりしていたので、かなり痛いのかと思っていたが、
想像していたほど痛くなかった。
さっきの点滴を失敗された時の方がめちゃくちゃ痛かったかも(^_^;)
でも、針が長いのか、なかなか入らないのか、
場所を確認しながら入れるからなのかよくわからないが、
針がちゃんと入るまでにかなり時間がかかっていて、
まだ終わらないのかなぁと思っていたら、
「これから薬入れますからねー」と言われ、
まだ針を刺しただけで薬は入ってなかったの?(^_^;)と思った。

やっと終わり、仰向けに寝かされる。
それから先生が麻酔の効き具合を確認するために、
冷たい物を触らされる。
最初、足の方につけられ、あまり感じず、
次に手に触らされると冷たいとわかった。
すぐに足の感覚がなくなっていて、麻酔の効き目にびっくり。
あまり早く麻酔が効いてきたせいか、先生が頭を高くするように指示。
それからしばらく待ち、また効き具合を確認される。
足はずっとしびれた感じで、おなかの途中までしびれていて、
変な感じだった。

その後、手術台から落ちないようにするために、腕と足を布で固定され、
足元が見えないように顔の前にスクリーンをされる。
そしていよいよ手術開始。
手術するのは始めてだし、何をやっているか見えないので、
最初のうちは緊張して脈拍が速かった。
看護師さんが時々そばに来て、
「大丈夫ですか?」と様子を聞いてくれる。
何をやっているのか見えなくて気になるので、
耳をすませて、目だけキョロキョロ動かしていたので、
挙動不審だった?(^_^;)

モニターを見て説明しながらやってくれるのかなぁと思っていたけど、
先生が黙々と処置していた(^_^;)
しかも、思ったよりも静か。
時々、先生が器具を指示するくらいで、
後は黙って処置していた。
途中、別の先生が現れ、主治医の先生と状況を話したりしていたが、
よく聞こえず、どういう内容だったかはわからない。
別の先生は一度いなくなったが、しばらくしてまた現れて、
今度は研修か何かの話をしていた。
「今度の札幌の行く?」
「いえ、行きません」
などといった会話が聞こえ、何か話していたが、
その他はよく聞こえなかった。

何をしているか見えないが、時々、足をひっぱられたり
動かされている感覚はある。
どんな処置をしているのか、ドドドドっというような音もしていて、
ドキドキした。
見えないから、余計に緊張するというか、不安でドキドキする。
結構、時間がかかっていたので、手が痛くなってきて、
途中で看護師さんに言うと、固定してる紐をはずしてくれて
腕を動かしたが、ずっと動かさないでいたせいか、
めちゃめちゃ腕がだるくて痛い。
看護師さんが手を触って「冷たいですね。寒くない?」と聞いてくれて、
寒くはなかったが、手は冷たかったので、
看護師さんが温かい物をにぎらせてくれた。
切除している時なのか、ドドドっという音というか感覚が
骨盤の方まで響いていたが、痛くはなかった。
長かったので、切除する部分じゃなく、
縫合になったのかなぁと思っていたが、
半月板は血行のない部分で、切除だけだったが、
軟骨も傷んでいて、そこも削ったので長かったらしい。

ようやく手術が終わって、手術着を着せてもらって、
ストレッチャーに移され、移動。
手術室の外に出た所で、病棟の看護師さんと交代する。
内容を確認していて、手術室の看護師さんが
ドレーンを減圧と言ったので、
病棟の看護師さんが「減圧?圧がないってこと?」と聞き直し、
確認に行くと、全圧の間違いだった(^_^;)
この看護師さんは手術経験、少なかったのかなぁ・・・(^_^;)
廊下に出ると、ダンナが待っていてくれた。

--続く--


半月板損傷 手術  半月板損傷 切除

今日の出来事  日記
















管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://mm2525.blog107.fc2.com/tb.php/30-630ee3f8
» FC2blog user only

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。