10月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



前回の診察で、次回の診察の予約を冬休み中に入れていた。
年末、ダンナと今後のことを話し、診察に行くのは、今回で最後にすることにした。

以前は、注射をしてもらったり、湿布をもらったりしていたけれど、
山形に行ってから、トレーニングを頑張って行けば良くなるとわかったし、注射もやめていた。
湿布も、前回までもらっていたけれど、今はもう使っていない。

ダンナからは、もう湿布も使ってないんだし、トレーニングを続けるしかないって
わかってるんだから、病院に行く意味は、もうないんじゃないか?と言われ、
今回の診察で、終わりにすることにした。
4月には転勤で引っ越すかもしれないので、3月や4月には診察には行けないし、
先生もまた転勤になるかもしれないし、自分の中でも、もうやめても良いかなと思っていたので、
ちょうど良い区切りだったと思う。

以前は、もっとちゃんとトレーニングして、膝もすっきりと伸びるようになって、
トレーニングで伸びるようになったことを先生にも証明して終わりにしようと思っていたけれど、
最初のうちは頑張っていたトレーニングも、最近はすっかりサボっていて、
膝の調子も少し前の状態に戻ってしまった感じだけど、
それは、トレーニングをサボってしまってるせいだし、とにかく自分が頑張っていくしかない。

診察は、朝一の枠に入れてもらっていたので、9:00前に着くように行った。
保険証の確認をしてから外来に行くと、私の名前は二番目にあったけど、
すでに 8人くらい、診察が終わっていた。
お正月明けの、K先生の予約は今日が最初だから混むと思うと言っていたので、
混むことを予想して、9:00前から診察を始めていたんだと思う。
私もすぐに呼ばれた。

K先生 「久しぶりですね~。アキレス腱とか調子どうですか?」
私 「え~っと、最近、運動もしてなかったので、痛みはないです」

診察台に横になるように言われ、いつものようにチェックされる。
いつものように、ひっかかりはないと言われ、他で注射とかしてたか聞かれる。
気になることあるか聞かれ、
曲げて伸ばす時に、お皿の辺りがポキって感じで鳴ることを言って、
足を動かしてみたら、ポキポキ鳴っていた。
膝の外側や内側を押され、痛いか聞かれ、外側の半月板の辺りは、ちょっと痛かった。
音が鳴ることに対しては、痛みがなかったら問題ないと言われる。
なんか説明してくれたけど、細かくは覚えてない。

他に何か聞きたいことあるか聞かれたので、
プリントアウトしてきた記事を見せ、山形に行ったことを話した。
山形に行って、色々やってもらってトレーニングしたら、その一回で、膝が伸びるようになって、
その後、教えてもらったトレーニングをしたら、ほとんどまっすぐ伸びるようになったことを話した。
「すごいね!何やったの?」と聞かれ、ひめパパさんの記事を見せた。
先生はざっと目を通し、筋膜リリースとかで、筋肉が伸びることによって、
膝も伸ばしやすくなったんだと思う、と言っていた。

あと、行った時にもPF障害だと言われたことを話した。
K先生もPF障害の説明をしてくれて、
でも、お皿の動きも以前より柔らかくなってるから、それほど問題ないと思うと言われた。

K先生は、ひめパパさんの記事を見て、勉強不足でしたと言って、
ブログも後で見てみますと言っていた。
トレーニング頑張って続けてください、と言われる。

それから、今後どうするか聞かれ、先生が、また転勤になると言われた。
今日で終わりにしようと思います、と伝えた。
K先生は、痛くなったりしたら、どこでも診てもらえるし、
次のところも一年で動いて、その次は大学に戻ると思うから、
何かあったらいつでも来てください、と言われた。
今までお世話になったお礼を伝えて、最後の診察を終えた。

最後だから、もっと気の利いたことを言えたら良かったんだけど、
なんて言おうか考えてなかったので、さらっとしかお礼も言えなかったけど、
K先生は、最後まで親切で良い先生でした。
一年以上診てもらって、色々と苦情を言ったり、いつも良くならないとか言って、
困った患者だったと思うけど、いつも親身に診てくれて、ありがとうございました。
本当だったら、もうとっくに診察には行かなくても良かったのかもしれないけど、
私自身が納得いくまで診てもらいたいと思っていたので、
K先生は、決して、「こんなもんだと思う」とか「もう来なくても良い」
とか言わずに診てくれたので、感謝しています。
いつも、予約がびっしりにも関わらず、私の話を嫌な顔もせずに聞いてくれて、
色々と説明もしてくれるし、心配もしてくれて、良い先生でした。
これからも、患者のことを親身に考えてくれるドクターであってほしいと思います。
そして、日々、勉強と経験を積んで、より良いドクターになってほしいと思います。
今まで本当にありがとうございました。

半月板損傷で手術をしてから、地元の病院や北大も合わせると、
20回以上も診察に行きました。
完全に良くなったとは言えないけど、あとは自分のやる気次第です。
頑張ってトレーニングを続けて、元の状態に戻し、
そして、それ以上に機能改善できたら良いなと思います。
気持ちを新たに、一から頑張っていこうと思います。








 心と身体
















管理者のみ閲覧可能にする

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。