10月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 




高橋は靱帯断裂の疑い 今季絶望の可能性も


フィギュアスケートの高橋大輔選手が、靭帯断裂の疑いとのこと。

もう、ショックで言葉が見つかりません・・・

今期はモロゾフとの師弟関係を解消し、振り付けは宮本賢二さんに依頼。
宮本さんと二人で意見を出し合いながらプログラムを作っていた。
どんなプログラムになるか楽しみだったのに、その姿が見られなくて残念。

詳しいことはまだわかりませんが、靭帯断裂だとすれば前十字。
手術が必要。
今シーズンは、復帰は難しいかも・・・

最初の報道では、膝の捻挫と出ていた。
膝・・・捻挫・・・?
嫌な予感・・・
昨日のうちにすぐ続報が出て、靭帯断裂の疑いとのこと。
歩行も困難らしい。

とにかく今は、ケガを治すことだけを考えて、治療に専念してほしい。
頑張ってリハビリして、元気な姿でリンクに戻ってくることを祈ろう。
大ちゃん、頑張って!


<追記>

高橋大輔、右ひざじん帯断裂か…フィギュア五輪枠にも影響

続報記事です。
これを見ると、最初にMRIを受けた時点では気づかなかったということは、
前十字ではないのかも。
MRI撮ってて、前十字断裂を見逃すわけないよね。
でも、気になる・・・
たいしたことないケガだと良いんだけど・・・


<さらに追記>

フィギュア高橋 中国杯欠場 ひざ痛、ファイナルも困難


あ~~~~!!
前十字って出てる・・・
やっぱり・・・
ショックだぁ・・・







 スポーツ


前十字・・・絶句・・・

スポーツ選手のソレは絶望的・・・
私もかなりショックです

2008/11/05 18:41 by korokoro Pagetop△

最初に診断したドクターはv-217
高橋選手ほどのトップ選手が行く病院でも誤診があるんですね。

自分も前十字ではないかと新聞みて思いました。
来シーズンに向けて治療やリハに励んでほしいです。

2008/11/05 19:04 by H Pagetop△

korokoroさん&Hさんへ

ほんとにショックです。

まだ前十字断裂と発表された訳ではありませんが・・・
単に報道には隠してただけで、最初からわかっていたのかもしれません。
MRI撮ってて、前十字見逃すはずないですよね?

今シーズンは治療に専念してほしいですね。
でも、来季の枠取りが・・・
世界選手権では、織田くんと小塚くんに頑張ってもらうしかありません。

あ~~~~!
大ちゃん、頑張って・・・!



2008/11/05 19:18 by M Pagetop△

ショックです
私と全く同じ思い出すだけで、痛い

絶対絶対、復帰してほしい

2008/11/06 15:27 by amr Pagetop△

いや~残念です。ACL(前十字靭帯)の一部断裂ということで、3週間の安静とあるようですが・・・ここは判断が難しいです。賭けですね。私だったらどうするかな~パっと思いつくのは、安静などそんな待ってないですぐ手術して半年後の復帰を目指しますかね。世界選手権は当然パス。バンクーバーの金だけを目指す。私もスキーの大会で数年前に両膝ACL完全断裂して半月板もかなり損傷して手術してますが、その次のシーズンの方がスキー上手くなってるしカラダも強いし、走るのだって速いし、ジャンプだってケガ前より高く跳べます。ちゃんとやればみんなそうなります。だから、ちゃんとやればみんなそうなるんだなって思っていてほしい!これはほんとにみなさんに強く強く訴えたい!逆に、あの時のケガがなかったらこの大会で優勝できなかった。そう言えるまでになれます。がんばりしだいです。得るものが沢山あるんです。・・・高橋選手も「あの時のケガがなかったらここで(バンクーバーで)金はとれなかったと思う」ってヒーローインタビューで言えるぐらいになってもらいたい。必ずがんばってくれるはず。・・・しかし正直、最初の病院と次に行った病院の判断がちょっとゲせない。まあ状況がわからないのでなんとも言えないですけどね

2008/11/07 12:52 by ひめパパ Pagetop△

怪我は怖いですよね

無事、復帰できることを祈ります!
精神的ショックも大きいと思うけど、負けずに頑張って欲しい!v-91

2008/11/07 14:49 by わかな Pagetop△

ひめパパさんは大変なケガをされていたんですね
本当に辛い思いをされて…
でも、乗り越えた時の気持ちってケガをしなかったらわからなかったし、私も絶対乗り越えてみせます

う~
ヤル気が出てきました。痛くて怪獣のような声をだしながらやっていますが、負けていられませんね

ありがとうございました

2008/11/07 15:36 by amr Pagetop△

ひめパパさんへ♪

やっぱりバンクーバーだけ考えて、今期は治療に専念してほしいですよね。
今まで頑張ってきた高橋くんだから、絶対、大丈夫!
きっと治って戻ってきてくれるはずです。
ひめパパさんのように、ケガする前よりも強くなって戻ってきてほしい!


2008/11/07 16:38 by M Pagetop△

わかなさんへ♪

高橋君、今期は新たな気持ちで頑張ってたと思うんですよ。
それなのに、突然のケガで、本当にショックは大きいと思います。
でも、きっと頑張ってくれるはず。
リハビリ頑張って、来シーズン、元気に復帰してくれることを祈りましょう!

2008/11/07 16:43 by M Pagetop△

amrさんへ♪

ひめパパさんは、両膝同時に前十字と半月板の手術をされて、その後すぐ復帰して国体で入賞されてるんですよ~。
でもそれは、手術前のリハビリを徹底的に行い、術後も頑張ってリハビリしたからです。

そうやって、自分もケガを乗り越えて頑張ってきた方だから、
私達のようにケガで悩んでる人の気持ちになって考えてくれるんだと思います。

同じように頑張ってる人はたくさんいると思います。
ほんと、負けてられませんね。
私も頑張らなくちゃ!


2008/11/07 16:51 by M Pagetop△

はじめまして!

ごめんなさい!手違いで一回目の書き込みが管理人さんしか見れなくなってしまいました。
もう一度書き込みます・・・。

皆さんはじめまして。
komeshinと申します。
ある掲示板に書き込んでいたところ、Mさんに励ましの言葉をいただきました。
そこでこのサイトを紹介していただいた次第です。
高橋選手がこんなことになってたとは初めて知りました。
手術はつらいですね・・・。
実は私も12月に受けることになっています。
しかも・・・・・二回目です。
今年2月に受傷し、4月に手術、そしてその約半年後の10月にまた再受傷をしてしまいました。
2009年はベッドの上で向かえる予定です・・・。
このサイトを見ていますと、皆さんが前向きにがんばっていらっしゃって、コメントを見てるだけで勇気をもらいました。
これからまた書き込むことがあるかもしれないし、まだ19のガキなので言葉使いがおかしいところもあると思いますが、よろしくお願いします。


2008/11/07 18:15 by komeshin Pagetop△

ひめパパさんも両膝!?
そうやって、アスリートの方々が復活されるのを見ると、私もかなり励みになります。

去年は右膝前十字靭帯再建と半月板部分切除し、今年、左膝前十字靭帯を再建、只今入院中、自分のモチベーションもリハビリも山あり谷ありですが・・・

2008/11/07 21:43 by korokoro Pagetop△

komeshinさん、はじめまして…
大変でしたねでも、大丈夫ですよ若いから治りも早いですよ。しっかり、リハビリがんばって絶対に乗り越えて下さい
みんな仲間です。心が弱くなったら、励ましあっていきましょう

私も一度病院で年を越した事があります
きっと、何年後かには、いい思い出になっていると思います。

2008/11/08 17:20 by amr Pagetop△

korokoroさん、はじめまして…
入院中なんですね。
両膝の前十字ですか~、大変でしたね
私は左膝の前十字が切れています。手術はせず、様子を見る事にしましたが、悪い事が重なり受傷して10ヶ月、今だにうまく歩けません
でも、病院でリハビリが出来るって幸せだなぁって思います。痛くて、絶叫してますが…
リハビリ期間が長いと、本当にモチベーションを保つのが大変です
でも、必ずケガする前より元気になってやるって思います。

がんばって、復帰しましょうね
早くバレーボールがしたい、走りたい





2008/11/08 17:39 by amr Pagetop△

amrさんありがとうございます。
一回目の手術後は、同時期に入院している人より、爆発的に回復が早かったんです。
機械に膝を曲げてもらうリハビリでも、開始初日から3日から4日の間に90度曲げればいいというものを、100度まで曲げれてしまったり、腫れの引きも急激に早かったり。
家族全員がバレーボールプレーヤーという家に生まれ、高校では毎日の厳しい練習に耐えてきて、少々体に自信があったことも今回の再受傷の原因とも言えます。
でも、所詮ただの人でしかなかったですね。i-238
再受傷した今は、すごく恥ずかしい思いです。
これだけの思いをして、次に生かさない手はないです。
だから、ここからまた1からスタートして、今度こそしっかり治し、完全復帰して怪我をする前以上のパフォーマンスができるよう、がんばっていきます。
ここはいい人たちばかりのようで、ほんとに居心地がいいです。i-185
術後、またバレー抜きの生活がつらくなってきたり、誘惑に負けそうになったら、相談させていただきたいと思います。i-175

2008/11/08 23:31 by komeshin Pagetop△

komeshinさんへ♪

komeshinさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

komeshinさんは再受傷ということで、精神的にもつらい思いをされたと思います。
でも、必ず良くなって、バレーボールに復帰できますよ!
そして、今まで以上のパフォーマンスができるように、頑張っていってくださいね。
応援しています♪

komeshinさんが術後、一般の人よりも回復が早かったのは、
もともと現役アスリートで鍛えてらっしゃったこともあると思いますし、
リハビリも頑張ったからだと思います。
ただ気になったのは、術後の復帰までの過程です。
バレーボール復帰は、すでにドクターやPTからのOKがあったのでしょうか?
筋力などの回復はどうでしたか?
再受傷した時のPTからの心無い言葉は、とてもショックだったと思いますし、私も腹立たしく思いました。
でも、バレー復帰は、それまでのリハビリを全てクリアした上での復帰でしたか?
もし、まだそこまでの段階ではなく、PTからのOKもない状態での復帰だったとしたら、PTが文句を言うのも理解できます。
それと、再受傷したということは、膝の使い方が良くなかったなど、必ず原因があるはずです。
そこを修正していかないと、また再度、受傷する可能性も否定できません。
そういったことを考えたリハビリをしていく必要があると思います。

これから再手術に向け、さらにリハビリを重ねていかなければなりませんが、
しっかりとしたリハビリができれば、術後の回復も早く、早期に復帰できると思います。
きちんと治して、バレーに復帰してプレーできることをお祈りしています。
頑張ってくださいね!

ここには同じようにケガや手術をしてリハビリを頑張っている方達が来てくれます。一人だと、くじけそうになる時もありますが、みんなで励まし合って頑張っています。
みんな、お互いの回復を願って、自分も頑張っていらっしゃる方ばかりですので、
komeshinさんのことも、みんなで応援していますよ!
頑張ってくださいね!

もし、不安なことがありましたら、私は素人であまりアドバイスはできませんが、
こちらで紹介させていただいているトレーナーのひめパパさんなら、的確なアドバイスをしていただけると思いますので、遠慮なくご相談してみてくださいね。
ひめパパさんのコメントから、アドレスもわかりますので、良かったらメールで相談してみてください。
必ず、力になってくれると思います。

2008/11/09 15:52 by M Pagetop△

mさんありがとうございます。
正直な話、先生方からは
軽いジョギングなどの許可は得ていて、バレーの許可をいただいてはいませんでした・・・。
ジョギングがてら、高校の練習で、後輩と軽いパスをやっていたときに、受傷してしまいました。
mさんにコメントをいただいた掲示板でも、先生方の心無い言葉しか書き込みをしていないように感じてしまうと思いますが、本当に悪いのはバレーを我慢できなかった自分自身とわかっています。
わかっているのに、「先生方が冷たい事しかいわない」
「励ましてくれない」と、愚痴を言っているんです。
そういうことをしないと、気持ちが治まらない子供なんです。
本当にすいません。
でも、これですっきりしました。
次の手術後、自分がどのように進んでいけばいいのか、何を第一に考えるのか、何をしなくてはいけないのかを、自分で考え、皆さんにも教えられながらゆっくり時間をかけて進んで生きたいと思います。
mさん、励ましのコメント&ご指導ありがとうございました。



2008/11/09 17:44 by komeshin Pagetop△

またまた来てしまいました

komeshinさん、私もMさんの意見に同感です。
komeshinさんの気持ち痛い程理解できます。Mさんも私もバレーボール命ですから
私は10ヶ月離れています。今日は試合でした。監督として声がガラガラです。もう、身体がウズウズ
みんな復帰を待っていてくれます
ケガ前より、スパイクもブロックも決めてやるって思います。

本当は泣きたくて仕方ありませんでも、泣いても得るものは一つもありません完璧に治してやるしかないんです
学生時代、苦しい練習にも耐えたんだから、殴られようが立ち向かっていったんだから。

絶~対、乗り越えましょう

がんばろう お~う

2008/11/09 18:17 by amr Pagetop△

amrさんありがとうございます。
そうですね、mさんやamrさんが思うように、先生たちも同じように悲しかったり、いらだった気持ちがあり、それをわかってほしくて冷たいことも言ったのだと思います。

自分の気持ちだけで先走ってはいけませんね。
来年一年間は怪我にかかわってくれた全員の人に感謝し、体を大事にしてゆっくり進んで生きたいと思います!

絶対乗り越えて、また思いっきり飛ぶぞ!

2008/11/09 21:41 by komeshin Pagetop△

komeshinさんへ♪

komeshinさん、そうでしたか。
まだ無理はできない状態だったんですね。
でも、回復が順調だったことで、ちょっとくらいなら大丈夫かな?と思ってしまったんですね。
その気持ち、よくわかります。

私もまだ大腿部の周囲計の左右差があり、トレーナーさんからは、本来ならスポーツはまだ控えた方が良いと言われていますが、ミニバレーに復帰して、調子が悪くなったりしています。
だから、私もえらそうなことは言えません。
早く復帰したい、ボールに触りたいというkomeshinさんのお気持ち、本当によくわかります。
コメントしてくれているamrさんもバレーボーラーなので、同じ気持ちだと思いますし、だからこそ一緒に頑張っていきましょう!と励ましてくれるんだと思います。

愚痴を言いたくなる気持ちもわかるし、私もここで愚痴ばかりこぼしています。
でも、私もみなさんから励ましの言葉と、力をもらって、自分も頑張ろうという気持ちになります。
komeshinさんも、一緒に頑張っていきましょうね。
愚痴でも相談でも、私で良ければお聞きしますし、他のみなさんも元気を与えてくれると思います。
どうぞいつでもいらしてくださいね。

それから、また再受傷のことで気になったんですが、軽いパスをやっただけで再受傷してしまったんでしょうか?
パスと言いつつ、急な動きもしてしまってましたか?
やはり、動きの中に原因があるような気がします。

アドレスをのせておきましたので、もし良かったらメールしてください。

2008/11/09 23:56 by M Pagetop△

amrさん、komeshinさん
リハビリ生活もなかなか大変です。
去年手術した右膝は、当初は順調かに思えたのですが・・・術後6ヶ月あたりで膝の痛みが出てきたりしてなかなか思うように回復しませんでした。
はじめは、半月板を一部切除してるからかと思っていたのですが、単純に筋力のバランスが悪くなっているからのようで、トレーニングセンター内の接骨院で指導してもらいながら、少しずつ回復してきました。
そして、去年の手術から一年経ち、やっと左膝の手術をしてもらえたのです。

去年同時期に手術した仲間(プロのサッカーコーチ)が、夏に再受傷しショックを受けました、が、リハビリに来ている彼を見ると必ず「焦らんのよ~」と声をかけ、自分にも言い聞かせています。

沢山の人の経験や努力を見ながら、自分への励みとしています。

まだまだ道のりは長いですが、なるべく焦らず治して行こうと思っています。

2008/11/10 04:55 by korokoro Pagetop△

korokoroさんへ♪

ひめパパさんは、両膝いっぺんに手術されてるんですよ~。
すごいですよね。
手術前に徹底的にリハビリをし、オペ前には全力で走れてたそうで、そのくらい術前リハが徹底できると、手術の翌日から歩けて、リハビリも数段階とばしてできるらしく、術後1ヶ月半くらいでスキーに復帰して国体で入賞されてるんですよ。

korokoroさんも、去年の手術を乗り越え、頑張ってリハビリしてきましたよね。
今回、反対側も手術され、まだまだこれからリハビリ生活が続きますが、必ずバレーに復帰できますよ!
焦らずあきらめず、頑張っていきましょうね。

amrさんやkomeshinさんへの励ましのお言葉もありがとうございます。
希望を持って、みんなで励まし合って頑張っていきましょうね♪


2008/11/10 14:36 by M Pagetop△

amrさんへ♪

amrさん、korokoroさんやkomeshinさんへの励ましのお言葉、ありがとうございます。
こうやって、同じ悩みを持つ者同士、相談し合ったり、励まし合ったりと交流ができて、私もいつもみなさんに励まされているし、ブログをやっていて良かったなぁと思います。
どうぞこれからもみなさん、よろしくお願いしますね♪

試合、お疲れ様でした!
監督として、みんなのサポートができて良かったですね!
私も去年は試合に出られず、監督として頑張りました。
復帰を待っていてくれる仲間がいるのは、本当にありがたいことだし、励みになりますよね。
必ず治って、コートに立てる日がきますよ!
焦らず頑張っていきましょうね。

泣きたい時もくじけそうな時もありますよね。
みんな同じ道を通ると思います。
私も何度もそうでした。
でも、こうやって頑張っている仲間がいる。励まし合える仲間がいる。
みんなから力をもらって、私も頑張っています。
一緒に頑張っていきましょうね!


2008/11/10 14:46 by M Pagetop△

さすが、ひめパパさんですね~
そんな方がいるなんて…

korokoroさんもバレーボーラーなんですか?
完璧に治して復帰してほしいですね

昨日は、興奮しすぎて終了後に熱がでちゃいましたサーブだけでもいいから、点数を稼げって言われましたが、ぐっと我慢しましたよ~きっと、打てないと思いますが……
結果は、昨年度と同じチームに負けてしまい、2位でした(あまり大きな大会ではないですが…)

足も完全伸展ではありませんが、屈伸動作が出てきたのでだいぶ歩きやすくなりました。屈曲はよくないですけどね
でも、本当にPTさんがいい方で安心してお任せしています

2008/11/10 19:35 by amr Pagetop△

mさん。
対人といえばバレーボーラーならわかると思いますが、そのときに膝がかくんと力の抜けるような感じがしました。
日ごろから歩行中にも、階段を上っているときも、膝の力が抜けるような感覚があったのですが、軽いパスをしているときもそれが来たんです。
さすがにバレー中に来たので、「ごめん、やめるわ」といって後輩とのパスを打ち切って、練習を見ることに徹しました。
その後、普通に最寄の駅から歩いて家に帰って、一日を終えました。
翌朝、目を開けて起きようとしたら、左足が動かなかったので、布団をどけてみてみたら、もうバンバンにはれ上がっていました。
そして急いで診察をしてもらい、再受傷の可能性が高いことを宣告されました。
そしてその日のうちに撮ったMRIの結果を一週間後の診察で見てもらったら、切れていたというわけです。
先生の診察では、手術前よりも若干ですがしっかりしていて、切れたというよりもちぎれたという表現のほうが正しいということです。
これが、再受傷の主な内容ですね。
Mさん、どうでしょうか?
参考になりましたでしょうか??

2008/11/11 21:02 by komeshin Pagetop△

komeshinさんへ♪

komeshinさん、お返事ありがとうございます。

日頃から膝の力が抜けるような感覚があったというのは、術後にでしょうか?

軽い対人パスをやっていた時に、またその感覚になってやめたんですね。
私は前十字については詳しくはわからないのですが、やはりそんなに簡単に切れるものなのか、気になります。

質問しておきながら、私にはよくわからなくてすみませんが、
トレーナーのひめパパさんに相談していますので、もう少しお待ちくださいね。
ひめパパさんからアドバイスいただけると思います。


2008/11/12 16:46 by M Pagetop△

ああ、そんなことまでしてもらって、本当にすいません。
お言葉に甘えさせていただきます。
そうですね、日ごろからありましたよ。
でも、それは誰にでも出るということを、先生は言っていましたね。
そして、同時期に入院していらっしゃった30代の女性のかたも、私も力の抜けるときが時々あるといっていました。

それと、お言葉に甘えるついでに聞きたいことがいくつかあるのですが・・・。
いいですかね??
だめならスルーしてください。

聞きたいことは、二つあって。
1つは、「膝をいたわりながら、どう足腰を鍛えるのか」と、2つ目は、「靭帯断裂再発のために(私の場合は再再発ですねww)何かできることはあるか」です。

手術前の今、質問してもあまり意味のないことかと思いますが、一回目と違って、今度は手術後のことも考えて少しでも知識を入れておきたいと思うので、答えられる範囲で結構なので、返信なりコメントなりくれると非常にうれしいです。
どうか、よろしくお願いします。
Mさんも、なにか「こうすればいいよ」というのがありましたら、どんな小さなことでもいいので、コメントください。
贅沢なことを言ってすいません・・・。


2008/11/12 17:51 by komeshin Pagetop△

komeshinさんへ

ごめんなさいね・・・長くなります。

そもそもなぜ靭帯が損傷してしまったのか!?奥深いところでの原因、身体機能上の問題点をしっかりあげ、それを改善することが本来のリハビリです。筋力は弱いよりそりゃ強いほうがいいですけど、でもそれが全てではなく、逆にどんなに強かろうが、切れるストレスが靭帯にかかると簡単に切れます。・・・いかに正しくがんばるか!そこがリハビリのテーマです。本来、リハとは個別で内容が違います。同じACL損傷でも原因はみんな違います。結局その人なりにカラダの使い方に問題があって損傷するわけで、そして結果として多くの場合、knee in toe out(膝が内側に入ってつま先が外) またはknee out toe in(膝が外を向いてつま先が内)になってしまうと損傷します。それとトレンデレンブルクと言って、体幹や股関節の強さというより、その人なりの機能の悪さで片脚立ちの時に軸がつくれない場合も損傷しやすくなります。こういう人はジャンプ力だってそうとうロスがあります。これをFAIまたはFKI(機能的不安定症)と言います。強い弱い以前に、そういうカラダの使い方の悪さが原因で再断裂するケースがほとんどなんです。治ってはいても直ってないので再受傷するのです。同じ読み方でも意味がまったく違います。体幹、股関節、膝、足首が正しく使えるように動きのトレーニングや筋トレやストレッチングなど、他にもありとあらゆるものを構成していく、それがリハビリです。それができるから復帰後はパフォーマンスも高まるのです。ただでは転ばない!ケガして損した以上、お土産を沢山持って現場に帰る。それがリハビリです。そういう根本の問題点が改善されないうちにスポーツに復帰すれば、もう一度靭帯を切るためにスポーツをするようなものです。そこらへんの、大丈夫か大丈夫じゃないかを判断するのがPTさんの役目です。これをファンクショナル・スクリーンと言います。そもそもPTさんとはその(動作分析)の専門家なんです。筋トレ的なリハビリしか教えてくれないPTさんは、自分のほんとうの使命を果たしていません。PTである以上、これは知らないはずはないので、次にリハビリ科に行った時に「今度は、バレー動作で靭帯を切らない正しいカラダの使い方を併せて教えてくださいね」と言ってみてください。・・・で、もしも、その能力がそこの病院やそのPTさんにないとなれば、もうそこではラチがあきません。百年通っても直りません。治すだけです。直せないなら即刻、別の病院を探さないとダメでしょうね。直さなければスポーツはできません。いくら治すためにがんばっても無理です。スポーツに復帰できません。そもそもがんばり方が全く違うわけですからね。3度目4度目の損傷とならぬようにしてほしいです。理想を言うと、スポーツ選手が靭帯の再建術をする場合、術前リハビリで「もうこれなら手術は必要ない」となるぐらいまでレベルをあげてから手術すべきです。切れたままでトレーニングでカバーしてオリンピックに出て入賞する選手までいます。望みを捨てずに!ワクワク感を感じながらがんばってもらえたらなと思います。

2008/11/12 18:09 by ひめパパ Pagetop△

ひめパパさん ありがとうございます!!

はじめまして、ですね。
ひめぱぱさん。
コメントありがとうございます。
恐る恐る、サイトを開いていたら、もうコメントが帰ってきていて、見てみたら上の文章がど~んと出てきたので、少々びっくりしております・・・・。

そうですね。
ほんとに正直な話、一回目の受傷では、私は何のためにリハビリをしているのかがあまりよくわかっていませんでした。
ただ先生の言うままに、「どこがよくなるんだろう」と思ってしまっていました。
ひめパパさんが聞いたら、相当むかっとくる言葉かもしれませんが、「自分だけで直っていく」とも思っていました。

でも今回の再受傷や、Mさんやひめパパさんなどの話を聞いて、私はとんでもない思い違いや、考え方で一回目の手術、あるいは術後を過ごしていたんだなと、今になっては怖いことを平気な顔をしてしていたんだなということを身をもって痛感しています。

病院の方々が悪いのではありません。
全国でも靭帯再建の手術で有名な病院です。
悪いのはあくまでも自分自身なので、病院の方々は一切悪くないです。
リハビリをおろそかにして自分のやりたいことに走ったため、「靭帯断裂」という怪我自体をなめていたために起こってしまった再受傷だと思っています。
私の怪我とリハビリをなめる意識が変わらない以上、ひめパパさんの言うように、三回目四回目になってしまうと思います。
でも、そんなわけにはいかないです。
知識も意識もなかった自分を変えなくては、次も同じ結果になると思います。
ひめパパさんも、19らしからぬ私の子供のような身勝手な行動と、自分の努力を比較して、少なからずいらだったかと思います。
ですが、このコメントをいただいたことで、意識や考え方を変えていけそうです。
私はバレーをやりたいです。
そのためにはリハビリもトレーニングもやらなくてはいけない。
やらなくていいものなんてないんですね。
上の質問は忘れてください、ごめんなさい。
ですが、私はこのコメントで投げかけた質問以上の勇気と知識をもらいました。
本当にありがとうございます。

これでも、術後にまた道を踏み外しそうになったら、相談してもいいですかね?
ぜひ、よろしくお願いします!

長くなってしまいましたが、以上komeshinでした。
ひめパパさん、本当にご指導ありがとうございました!
(Mさんも、ひめパパさんへの連絡、ありがとうございました)


2008/11/12 20:14 by komeshin Pagetop△

komeshinさんへ

ちょ・・ちょっと待ってくださいkomeshinさん?・・・上の文面から推測すると・・・これまでリハビリを全くしてなかった?の?エ!?・・・どうすれば膝に負担をかけずに強くできるかさえも説明されていなかったんですか!?・・・そんな基本中の基本的なことを今ごろ質問しているってことは・・・つまり4月の最初の手術後だってリハビリをしてなかったってことですよね?なんの知識も与えてもらってないってことですよね!?それじゃ再断裂もします!当然のことだ!・・・ダメダメダメダメ~そんなんじゃ!整形の片隅にも置けないですそこは!私のアドレスにメールください。優秀なスポーツ整形外科を紹介します!地域によってはちょっと時間かかるかもしれませんが、とりあえずメールください。まったく話しにならない!論外もいいとこです。・・・そうか~それはつらかったねkomeshinさん。もう大丈夫!がんばり方を1から覚えていきましょうね!・・・時間を返せ!って叫びたい

2008/11/12 20:19 by ひめパパ Pagetop△

komeshinさんへ

え!?またちょっと待ってくださいよ!ん?なになに?・・・20:19分に私が投稿したコメントの前にkomeshinさんが20:14分にコメント入れてくれたようですが・・・今度は、それを読むと・・・病院側は悪くない・・ですか?しかも靭帯再建では全国的に有名な病院なんですか!へ~そうなんですか・・・ってことはつまり、ほんとうのところは?komeshinさん自身がただリハビリをさぼっていたってことですか?・・・ん~・・・そうだとすれば、ここは「komeshinさん今度はしっかりやろうね!」って言うだけで済むということになるのかな?ま~面倒なことがなくなって良かったとも言えますけどね~。あ~なんか逆にホッとした気がする。それなら問題解決は簡単ですよ。あがった血圧が安定しましたよ。フ~

2008/11/12 20:35 by ひめパパ Pagetop△

i-241ご・・・ごめんなさい。
サボっていたというか、定期的にちゃんといってはいたんです。
家でもやってはいたんですけど、自分勝手に「これをやったほうがトレーニングになるわ!!」と他ごとに力をいれていたことも確かです・・・・

すいません・・・
ひめパパさんが勘違いするような文を書いてしまいました・・・

要するに、全部私が悪いんですよ・・
リハビリの意味もわからないまま、ただやってるだけでしたし。

質問の意味も意味不明でしたね・・・すいません。
手術後にリハビリ以外の方法で、自分で何か膝をいたわりながら鍛える方法を考えていたのですが、思いつかなくて、それならと思ってとっさにコメントに質問を付け加えさせてもらっただけです・・・

ひめパパさんは「病院側が悪い」ととらえてしまったのは、間違いです。
本当に、無駄なコメントを書かせてしまってすいませんでした・・・・・・・・反省します・・・。

長々とコメントをいただいた後に言うのは失礼だとは思いますが、多分「今度はしっかりやろうね!」で十分だと思います・・・・・
ひめパパさんが仰ってくれたような、重大な問題ではなく、非常に簡単な「自分自身」の問題です・・・・

余計な心配と、無駄な時間を費やさしてしまって、まことに申し訳ないです・・・・・すいません・・・・・・・・・・・i-240



2008/11/12 21:35 by komeshin Pagetop△

komeshinさん 初めまして

私も、来月かそのうち、 関節鏡の手術を受ける予定です
なんか似ていたので、励ましになるのか分からないのですが、一緒に頑張りましょうねって思って書き込みしました

私はスポーツではなくて、育児中に半月板を損傷してしまいました
私も、このブログを見て、Mさんから ひめパパさんを紹介され、病院もいい病院を教えてもらって転院したりして治療中です
本当に、リハビリしてなかったり、Mさんにひめパパさんを紹介してもらってなかったら、今 歩けてるのかなぁって感じです
最初の病院では、歩けるようにするリハビリとかの話全然なかったんですよね
歩けなくて、松葉杖だったのですが、ひめパパさんに教えられたリハビリをするうちに歩けるようになりました
今は 普通に外出できるまでになりました(^-^)

Mさん、ひめパパさん、本当に感謝してます!
そうそう、最初の病院にそのままいたら、一昨日手術予定日でした
10月にここに書き込みしてなかったら、きっと、今頃、そのまま手術してたんだろうなって思うと、怖いです(^^;;

komeshinさん、なんかうまくまとまらないですけど、お互い頑張りましょうね!






2008/11/12 22:26 by わかな Pagetop△

だ・・・・・だいじょうぶですか?
ひめパパさん、私のコメントで気分を損ねられてませんか・・・・・・・・??

すいません・・・・本当に私の不注意だけなんです・・・・・・・・

2008/11/12 22:27 by komeshin Pagetop△

おおっ。
私が書き込んでいるうちに、励ましのメールがきていました。
わかなさん、はじめまして
貴重なコメントを、どうもありがとうございます。
ただいまちょっとひめパパさんの誤解を抱くような質問やらコメントやらをしてしまったので、頭の中が混乱してますが、せっかくいただいた励ましのコメントなのに変身しないわけには行かないですね。
本当にありがとうございました。

わかなさんのいうとおり、ひめパパさんもMさんも私より知識があり、本当にいろいろなことを教えてくれています。
しかも、わかなさんも他の方々も育児など、家庭を持つ人ばかりなのにリハビリも家庭のこともがんばっていて、それに比べて私はまだ成人にもなっていない19の子供なのに、好き勝手やって周りに迷惑をかけてしまっているので、今非常に恥ずかしい思いをしています。

ここの人達のコメントの一言一言は、本当に私に勇気をくれます。
わかなさん、話がうまくまとまっていないのは私のほうなんですよ・・・
上の私とひめパパさんのやり取りを見ればわかると思いますが、私は「リハビリ以外に、何か膝に負担をかけないように筋力を挙げるやり方があるか」というのを聞きたかったのですが、それはもうリハビリをすることで解消される悩みであったにもかかわらず、ひめパパさんは「ちゃんとそういったトレーニングを教えていない病院だ」というふうに捕らえてしまうようなコメント、一方的に病院が悪いというようなコメントをしてしまいました。
わたしが、リハビリの意味をちゃんと理解しようとして、それを実行していれば、こんなことにはならなかったんですけど・・・・。
ただそれだけなんですょ・・・・本当に・・・
ごめんなさい、私の話になってしまいました。

わかなさん、私の怪我に対する意識が変わってもまだ私は19の子供。
私が道を踏み外しそうになったり、バレーを我慢できなくなったら、相談に乗ってください!
そしてしかってください!!よろしくお願いします!!







2008/11/12 22:49 by komeshin Pagetop△

komeshinさんへ

大丈夫ですよ。気にしないでいいですハイ(^。^)

そうか~じゃ~がんばるだけですよ。自分でがんばろうって思ってるんですからそれで十分!もう迷うことなくいっちゃってくださいよ。遠くの空の下で応援してますからね、また何か立ち止まるようなことがあったら頼っていいですからね気軽に。ここに来ている方々はみんないいおっちゃんおばちゃん(おねぇさんもいるか)方ですから、みんな励ましてくれます。支えてくれます。グチこぼしに来るだけでもいいし、おはよ~ってコメントしただけでも、おはよ~って返してくれますよ。・・・でもね~よく考えてみるとね~どう考えてもなんですけど、komeshinさんを理解させられなかったドクター&PTさんに対して「もうすこし」って思うところがあるな~私はそう思う。もうすこし胸中を察してほしかった。しっかりわかるように心に響くように説明するのが仕事です。私は貴方を攻めはしないですこれっぽっちもね。komeshinさんは「自分が悪かった」って言いますけど・・・でもね、私にしてみれば同業者として思うところあるんですよここは。私のジムにもそういう若者沢山きます。そこをなんとか理解してもらって、やる気を最大限に引き出す技量も医療従事者側にないとダメだと思う。そういうことも我々の役目!私は常々そう思ってます。そういうことも全てふくめて、やはり責任は病院側にあるんです。・・・でも、貴方は気持ちを入れ替えてがんばるつもりでいる。だったら、少々きついこと言われるかもしれませんけど、悔しいかもしれませんが、多少はこらえて従ってみましょうよ。ネ!「負けて勝つ」ってことがあるんです。komeshinさんの方がここは賢く冷静になって、ハイハイって聞いて言わせてあげて、ストレスたまるかもしれませんけど、がんばってみましょうか。ネ!そうと決まったら明日っからさっそくがんばりましょう!私のブログに沢山トレーニング方法のせてますので、後日komeshinさんターゲットの記事書きますけど、とりあえず今あるもので閲覧しといて、参考になるようなことをひろっててくださいな。探すのも勉強のうちですからね。ガンバです!

2008/11/12 23:10 by ひめパパ Pagetop△

ああっ よかった・・。
ちょっとほっとしました。
私の数々のコメントに、ご丁寧な返信をどうもありがとうございます。
もう診察やリハビリに行くたびに少々胸に刺さる言葉を言われてはおりますが、高校で「殺される」と思うような練習を毎日していたことで、あまり気にせずにすんでいます。
気にしたほうがいいんですけれどね・・・。
「負けて勝つ」ですか。
私は今負けている状態ですね、しかもぼろぼろに。
でも、ぼろぼろに負けた今の状態のほうが、不思議と自分から知識や他の話の人を取り入れようと、前向きに積極的に進んでいるような気がします。
一回目で気づけばよかったんですがね、ただ本当に何も考えずにつっぱしってましたから・・・・・・。
今は、本当に少しでも勉強しようと、知り合いに同じ怪我をした人や、バレーに詳しい人を探したりしました。
探したりしてみると結構いるもので、両膝の前十字靭帯を損傷(ひめパパさんと同じでしたっけ??)したひとがいました。
すごい人では元全日本女子バレー兼元JTマーヴェラスのコーチをしていた人にも会うことができるようになりました。
こうやって、自分から知識を得ようと行動するようになったのは、再受傷したからですかね。
今考えると、再受傷は時間の問題だったのかもしれないです。
そのまま何もわからない状態で、リハビリやトレーニングを続けて、今日の一ヵ月後とかに切れていたら、また手術日が延びて会社に迷惑をかけてしまいます。
でも今回の手術では、年末休みに引っかかっているので
あまり会社を休まずにすみそうなことを考えると、今再受傷しておいて、良かったのかなとさえ思っています。
再受傷してから、毎日が勉強です。
もう断裂を起こさないために、自分がどうしたらいいのかを皆さんから教えてもらったり、自分で考えたりと非常に前の手術前よりも充実しています。
ひめパパさんがおっしゃった「負けて勝つ」、私の高校のバレー部の部訓にもこんなのがあります。
「克 己 心」
自分に負けない心を持て、という意味だそうです。
しかし、何度も言うようで悪いのですが、今は本当に自分自身にも完敗状態です。
でも、今度は負けません。
一回目の私よりもはるかに気持ちが強いし、賢くなっているとも思います。
がんばるという意識も強いと思います。
そんな私の後ろには、家族や会社の方々やバレー部の人がいて、私を支えてくれています。
それに加えて、Mさんやひめパパさん、このサイトで出会った人、もしくは他の掲示板で出会った人なども加われば、もう怖いものなしですよね!
これでまた三回目の受傷を使用ものなら、その病院で殺してもらいます。

・・・・というのはいいすぎですが、三回目やった直後にバレーも会社も辞めざるを得ないと思います。
本当にすべてをかけて望まなければいけないということを日々確かめながら、がんばっていきたいと思います!

同じようなことを長々とすいませんでした。
聞いてほしいこと、言いたいことが打っているうちに次々と出てきたので、もう指が止まらないほどにです・・・。
ですが、書き込んでいて本当にすっきりしました!!
ありがとうございます!ひめパパさん!
俺は負けないです!!





2008/11/12 23:49 by komeshin Pagetop△

komeshinさんへ♪

ひめパパさんからのコメントで、誤解もあったようですが、気にしなくて大丈夫ですよ~。
わかなさんからも励ましのコメントいただいて良かったですね!

ここに来ていただいている方達は、みなさん、同じようにケガをされて悩んだり苦しんだり、リハビリを頑張っていらっしゃいます。
私を含め、ほとんどの方が、ひめパパさんに助けてもらい、希望を持つことができた方達です。
そしてみんな、他の人のことも自分のことのように心配したり励ましてくれます。
私もいつも力をもらっているし、みんなそれぞれ、同じ思いだと思います。
だから、komeshinさんも、グチでもなんでも、気軽にコメントしてくださいね。

色々と頭の中がいっぱいいっぱいになってると思いますが、komeshinさんは自分自身の問題で、自分がきちんと理解してリハビリをしていなかったからだと書かれていますが、リハビリ内容について、やはり気になります。
今はどんなリハビリをされてるんでしょうか?

ひめパパさんの最初のコメントで、knee in toe outのことなど書かれていますが、こういったことはリハビリでは説明されてますか?
それを修正していくためのリハビリは行なっていますか?
バレーボールに復帰するための具体的な動きのトレーニングなど、されていますか?
日常生活ができるためのリハビリと、スポーツに復帰するためのリハビリは違います。komeshinさんの病院では、そういったことを考えたリハビリを指導してくれてますか?
きちんとリハビリされてるのでしたら、復帰を目指して、頑張っていきましょうね!

トレーニングのことなど、ひめパパさんのブログで勉強してみてくださいね。
わからないことなど気になったことは、遠慮なくひめパパさんに相談してみてください。必ず力になってくれます。

みんな応援していますので、一緒に頑張りましょうね!


2008/11/12 23:53 by M Pagetop△

komeshinさんへ

書き込んでるうちにkomeshinさんのコメントがありましたね。(^_^)

人は悩んだ分だけ強くなれる。
何ごとも経験です。
今はつらいかもしれないけど、この経験は決して無駄にはならないと思います。
ケガをしたことによって、ネットで色んなことを学び、こうやって同じ悩みを持つ仲間とも出会えたんです。
これからの人生に、この経験は大きな力になってくれるはずです。
私自身も、そう思いながら頑張っています。
日々、色んなことを感じ、色んなことを考え、色んなことを学んで、人は成長していくんだと思います。
頑張っていきましょうね♪


2008/11/13 00:06 by M Pagetop△

komeshinさんへ

ちょっと整理しますね。まず、4月に最初のOP。そして5ケ月後にスポーツ現場へ復帰。ここまでは標準です。別に早くもないし遅くもない。もっともっと早く復帰できている選手も大勢います。・・・ただ普通ならその時期には以前より強くなって万全の状態でコートに出ることができます。ジャンプ力なんか「ケガして良かったよ」って逆にそう思えるぐらいの状態までいきます。そこまでフィジカルレベルが到達できなかったということが一番の問題です。なぜか?理由は2つあるでしょう。推測するに、まず受傷直後から4月のOPまでに、おそらく術前のリハビリをしていなかった。あるいは、していてもそのリハビリが十分ではなかった。次に4月のOP後から5ケ月間の間のリハビリがなかった。あるいはリハビリが十分ではなかった。結局、術前と術後のリハビリに問題があるわけです。ここをしっかりふまえてください。リハビリは術後より術前が大事なんです。今この瞬間の過ごし方しだいで術後のできが決まります。通常スポーツ整形ではとにかく術前リハを徹底し「これなら手術は必要ない」と言われるぐらいまでいってから手術をします。そうなると術後のリハビリは加速します。極端に言えば術前にバレーが問題なくできるぐらいまでもっていかないとダメです。今やるべきことは山ほどあります。1日24時間ではまったく足りないぐらいあります。「手術してからがんばる」という気持ちでは復帰はそうとう困難です。だから、がんばるべきなのは術前の今この瞬間です。

2008/11/13 09:50 by ひめパパ Pagetop△

術前

ひめパパさん、Mさん、コメントありがとうございます。
術後よりも術前のほうが大事なんですね。
私はひめパパさんに言われるまで、術後だけをしっかりしていればいいという考え方でした。
でも甘かったですね。
術後であれば、どうにかなると思っていました。

多分私の再受傷の大きな原因は、術前にあるのだと思います。
仕事が厳しく、帰りが遅くなってしまうことがほとんどですが、他ごとをせず、しっかり教えられたリハビリをこなして、いい状態を作ってから手術をしたいと思います。

もう手術日も決まってしまっていて、今からリハビリをやることはひめパパさんが思うに手遅れなのかもしれませんが、やるに越したことはないと思うので、時間を作ってリハビリをやりたいと思います!

私は「最低一年間は復帰は無理」と考えていましたが、自分のリハビリの仕方次第でそれも短くできるんですよね!
靭帯がつながるまで、何もできないと思っていました。
(今回は、無理してますけど・・・・)
ちゃんとリハビリしてれば、切れないものなんですよね。
そんな考え方の私には、復帰は困難なのかもしれませんが、手術までできることをやります。
それが今の私の精一杯の努力だと思いますから。

Mさんが仰ってくれたように、今は本当にいろんなことに悩みっぱなしです。
手術はもちろん、リハビリや仕事、家族やバレー部、上司の方々のことなど、いろいろなことで頭がショートしそうです。
でも私がやるべきことは、愚痴を言うことでもなく、リハビリの先生や主治医の先生に対して機全に振舞うことでもない。
手術に向けての準備をするべきなんですね。
「靭帯が切れたからバレーができない」なんて言葉を、私は簡単にはき捨てていましたが、ひめパパさんの数々の書き込みで、それが以下におろかなことか良くわかりました。
努力していない自分に対しての言い訳ですね、それは。
もう言い訳なんてしません。
とにかく自分にできることを、精一杯やることにします。
というか、それしかできませんよね!!

・・・ということになりましたが、自分、また変な誤解を招くような文を書き込んでいないですよ・・・・・ね?
変な方向に進んでいってないですよね・・・・・・・??


2008/11/13 20:19 by komeshin Pagetop△

立て続けに書き込んで申し訳ないです・・・。
先ほど、ひめパパさんのブログを拝見させていただきました。
そこで、術前のトレーニング方法を勉強させてもらったのですが、最近の私の職場の仕事の時間が長くて、帰ってくるのが遅く、疲労困憊気味です。
それで質問なんですが、トレーニングのセット数、キープする秒数、あるいはトレーニング自体をいくつか抜粋して実践するということはできないでしょうか?
そういうことをすると、トレーニングに意味がなくなってしまうのですか?
身勝手なことをいってすいません、私ががんばればいいことなんですけれど・・・・・
まだまだ入社して一年もたっていない新米なもので、仕事を覚えるのにも、やるのにも時間がかかってしまうんです。

とにかく手術までに続けなければ意味がないと思い、自分なりに考えては見たんですが・・・・
どうですか?
やはり、私の今の意識では、トレーニングをしても効果が得られないですか・・・・i-241


2008/11/13 23:30 by komeshin Pagetop△

まちがえました、「トレーニングのセット数、キープする秒数、あるいはトレーニング自体をいくつか抜粋して」
とありますが、「トレーニングのセット数、キープする秒数を減らしたり、あるいはトレーニング自体をいくつか抜粋して」
が正しいです。
何度も何度もすいません・・・・。

2008/11/13 23:33 by komeshin Pagetop△

komeshinさんへ

まずはほんとに基本的な、一般的なリハビリ内容をズラズラならべたまでで、あとはそれにならって自分なりにやりやすいように調整していいです。ただし!変えるのはセット数のみにしてください。あとは許しませんよ(笑)・・回数、動作の速度、種目構成、順番はどれも、ものすごーく大事なので守ってください。特に構成は筋力バランスを考慮してのことなので、バランスが崩れるようなら、しないほうがマシです。そこだけ強いというのが悪なんです。筋力バランスが崩れてしまうと余計悪化します。痛みや違和感、膝カックンが消えません。時間的にどうしても無理となれば、2日でクリア、とか3日でクリアというように分けてもいいですよ。しかしね~だんだん悲しくなってくる。komeshinさん?そこの整形しかなかったの?私ね~、別にたいしたトレーニング紹介してませんよ。整形リハ科じゃちょっといいところだと、あんなの普通なんですよ。そりゃ、いいところっていうのが少ないって言えば少ない現実もあるんですけどね。でも各都道府県に3つか4つぐらいはあります。でも、もっと悲しいのは、バレーけっこういいレベルまでいってたんですよね?だったら、ケガをしなければあういうトレーニングに出会う機会がなかったってことが私としては、ほんとは一番悲しいんですよ。全国レベルの強豪高だとあいういうトレーニングは普段の部活の中で普通にやってることです。小学生のスポ少レベルだってやってるところはやってます。そういうチームの小学生だとね「膝に負担かけずに脚強くするのはこれだよ」なんて言える子もいるんです。だから選手によっては「これ、中学ん時にやってたやつだ!」って言う選手けっこういたりするんですよ。そういうことが小さい頃からなじんでなかったことが、今回の2度のケガの根本の原因だと私は思うな。ケガが直っても、あういうトレーニングはごく普通に習慣化させてくださいよこれを機会にね。これも勉強のうちですね。ケガの功名だと思ってください。こういうことを知ることもケガをしてただでは転ばない。レベルアップして現場に戻るってやるっていう意味なんです。ケガを通してそういう大事なスポーツ医学を学ぶことでケガの後はパフォーマンスが高まっていくんです。是非、わくわく感を持っていどんでほしい!ガンバ!

2008/11/14 01:06 by ひめパパ Pagetop△

amrさんへ♪

amrさん、お疲れ様でした♪
熱が出ちゃうほど興奮して応援してたんですね~。
でも、その気持ちわかります!
早く治ってコートに立ちたいですね!

korokoroさんはビーチボールバレーというのをされてるんですよ~。
砂浜でやるビーチバレーではなく、ビーチボールを使った4人制のバレーです。
私のやってるミニバレーの一つは、似たような感じです。
私は2種類やってます。

膝、だいぶ可動域が広がってきたようで良かったですね!
頑張ってリハビリ続けていけば、必ずバレーに復帰できますからね!
頑張りましょうね♪


2008/11/14 10:13 by M Pagetop△

わかなさんへ♪

わかなさん、コメントありがとうございます♪

komeshinさんへの励ましのコメント、本当にありがとうございます。
komeshinさんも勇気が持てたと思います。
こうやって、みなさんが応援してくれて、私もいつも励まされているし、
同じようにみなさんも励まされていると思います。
これからも、情報交換し、励まし合って頑張っていきましょうね。

わかなさん、歩けるようになって本当に良かったですよね!
まだこれから大変だと思いますが、必ず良くなりますから、
頑張っていきましょうね♪


2008/11/14 10:18 by M Pagetop△

ひめパパさんへ♪

ひめパパさん、いつもありがとうございます。

色々とアドバイスいただき、トレーニングメニューもありがとうございました。
komeshinさんにも、ひめパパさんの言葉が響いたと思います。
私もまた色々と勉強になりましたし、私も頑張らなくちゃという気持ちになりました。
いつも本当にありがとうございます。

komeshinさんにも、希望を持って、気合入れて頑張っていってほしいですね!

たくさんの方がひめパパさんの助けを必要としています。
これからもたくさんの方を救ってくださいね。
私を含め、これからも色々とお世話になると思いますが、よろしくお願いします。


2008/11/14 10:27 by M Pagetop△

なんだか色々盛り上がってますが・・・

今日退院してきました。
今後は通院リハとなります。

病院のリハビリには限界があると感じてる一人です。
手術する医師の腕は良いとしても、良いリハビリに出会えるかどうかは・・・なかなか難しいと実感しています。

今回の入院では、いろんなトラブル(?)があり、メンタルで落ち込みとうとう担当PTまで替わってしまった・・・。

PTによっても考え方の違いから、指導が変わってきます。
今度のPTはベテランで、前十時を切るには切る動きや重心の位置が前十時に負担がかかるようになっていたのだから、そこから治していかなければならないと、
このPT、昔(13年前)通っていた整形クリニックのPTだった(当時は二人とも20代で若かった~~~・・・遠い目)ので、私にとっては良かったのかもしれません。




2008/11/14 16:02 by korokoro Pagetop△

korokoroさん 初めまして わかなといいます

退院おめでとうございますv-238
手術お疲れ様でした!

トラブル大丈夫ですか?
なんか大変だったみたいですね。。
私は半月板ですけど、これから手術、きっと、リハビリもしていく者として
他人事とは思えなくて、、

私も出来れば担当医変えてもらいたいなーって思ってるけど
言えずにいます(^^;;
なんか通院してるうちに、担当してくれてる先生より、
院長の方が知識も経験もあるみたいで、、、、
最初に知ってれば診察してもらう時に、いえば良かったらしいんですけどね
今更言えないって感じです
手術も院長にしてもらいたいなーー♪

PT変わったこと、結果的にkorokoroさんにとって良い方向になったのなら 良かったですね☆

2008/11/14 17:39 by わかな Pagetop△

korokoroさんおめでとうございます

まだまだこれからが勝負ですね。

一緒にがんばりましょう

2008/11/14 19:53 by amr Pagetop△

komeshinさんへ♪

ひめパパさんからトレーニングメニュー教えてもらって良かったですね!
全部こなすのは大変かもしれませんが、最初はセット数を減らして頑張ってみてくださいね。

でもね、ああいうトレーニングを、今までリハビリでは教えてもらってなかったと書かれてましたが、今までどんなリハビリをされていたんでしょうか?
ひめパパさんが書かれているように、そこの病院には疑問を感じます。
極端な話、手術はどこでしても、それほど差はないかもしれませんが、スポーツ復帰のためには、リハビリが重要なんです。

上のkorokoroさんも前十字の手術をしたばかりです。
korokoroさんが「前十時を切るには切る動きや重心の位置が前十時に負担がかかるようになっていたのだから、そこから治していかなければならない」ということを書かれていますが、komeshinさんは、こういったことをリハビリでは説明されてましたか?

靭帯を再建して、傷が自然と治るように、時間が経てば膝も治るというような簡単なものではありません。
日常生活にはそれで十分かもしれませんが、スポーツ復帰には不十分です。
再度、ケガをしないようにするためにも、体の使い方を修正していく必要があります。
そうすることによって、さらにパフォーマンスもアップするんだと思います。
そういう希望を持って、頑張ってリハビリしていきましょうね!
これを書いていて、私も自分自身に言い聞かせています。

ひめパパさんから色々とコメントいただきましたが、よく読んで、色んなことを感じ、色んなことを考え、あとはもう頑張るのみです。
おせっかいかもしれませんが、できれば、ひめパパさんに直接メールして、色々と指導してもらってください。

頑張ってくださいね!(^_-)-☆

2008/11/14 21:58 by M Pagetop△

korokoroさんへ♪

korokoroさん、退院おめでとうございます。
久々のおうちで、ゆっくりできましたか?

ブログの方、見てきました。
あちらに書きましたが、大変でしたね・・・
大丈夫ですか?
精神的に大変だと思いますが、自宅に戻って、少し落ち着かれたでしょうか?
korokoroさんのお気持ち、私もわかります。
気持ちの整理もつかないと思いますが、あまり考え込まないようにね・・・
今は新しいPTを信じて、頑張っていきましょう。

でもね、何も考えたくない、何もしたくない、頑張りたいけど頑張れない時もあると思います。
私もそういう時ありました。
最近もちょっと気持ち的にはダメダメでした。
でも、みなさんの頑張ってる姿に励まされ、私も頑張ろうという気持ちになります。
korokoroさんは手術されて、今は頑張ってリハビリしないといけない時期かもしれませんが、泣きたい時は泣いても良いし、グチをこぼしたって良いと思います。
止まない雨はない。いつかきっと心も晴れる時が来るはずです。
そしてまた前に進んでいけるはずです。

korokoroさんは良いリハビリ仲間もたくさんいらっしゃいますし、家族や友達、そしてこうやってネットで出会えた仲間もいます。
いつも応援しています。お互い、頑張っていきましょうね!


2008/11/14 22:14 by M Pagetop△

ひめパパさん、Mさんありがとうございます。

ひめパパさん、「後は許しませんよ」っていうのが非常に怖いですよ・・・・・(困

そうですね、いいレベルかどうか波わかりませんが、バレーボーラーとしてはまだまだクソなんです。
ひめパパさんのところにくる小学生とは違って、私はデブで、クラス中からいじめを受けるくらいの、さらに運動なんてかけっこをしたら女の子に大差で負けるくらいの運動音痴っぷりでした。
中学校のバレー部も県大会も行った事もないような弱小校でした。
ですが、親がやっているためしぶしぶバレー部に入り、三年の夏に、中学創立初めてのバレー部県大会出場を果たしました。
そしてベスト8に入りました。
そこから上のレベルを志すようになり、知り合いの伝で県の強豪高に入学し、地区大会ではほとんど負けなし、県大会準優勝、その後は県内出身の(特待などで県外に出たやつも含めて)強豪高に進学したやつらも集めて、全国クラブカップに出場し、19歳以下の部で優勝しました。
月間バレーボールにも載りましたよ。
写真は小さいですけど。
このレベルでひめパパさんのアスリートのくくりに、私は入っていないかと思います。
でも、やっぱりバレーはおくが深く、面白い。
私はこのスポーツを50を越えるまで楽しみたい。
・・・と、思ってしまったから、我慢できずにプレイして二回目の手術となってしまったわけですけれども。

「病院を変えてもいいんだよ?」と、母からも言われましたが、私としてはけじめをつけたいんです。
いくら、ひめパパさんから見て、私に対していい指導の仕方をしていてくれなくても、私が選び、手術をすると決めたからには、直るまで通い続けなければだめだと思うんです。
それが私にできる、せめてもの礼儀だと思います。

二回目の受傷から、今日に至るまで本当にいろんな人からの知識や、励ましのお言葉をいただいてきました。
何が大切なのかわからないまま、ただバレーだけしてればいいと思い進んでいた一回目の手術とは大違いだと感じます。
自分がこうしたからだめだった、こうしなきゃいけなかったというのがやっとわかってきたような気がしました。
この一ヵ月半でいろんな勉強をさせてもらいました。
トレーニング、がんばります!
このあと一ヶ月ちょっと、仕事は厳しいし時間も限られていますが、自分のやれる範囲で、2・3日に分けてでもちゃんと決められた方法や守るべき姿勢でやってみます!!

Mさんも書き込みありがとうございます。
私は今までチューブを使ったリハビリをやってきました。
ひめパパさんのブログ二紹介されていたトレーニングも似たようなものをやっていましたが、個々まで多区なかったですし、足を汚しているのに、腹筋や、肩のトレーニングをさせられて、何か意味があるのかなぁと感じたことはあります。
「~が~だから、~」といった説明も、受けていないかと思うんです。
受けたら、それを踏まえたうえで動ける範囲で動いていましたでしょうし。
私が無理な動きをして、「そんなに曲げなくていいよ!」とかいわれるのは数回ありましたけれど。
詳しいことを言われたのかもしれないですが、印象になく、覚えていません。
ひめパパさんやMさんが教えてくれたことを頭に入れていたら、忘れてしまいました。
とりあえず、今の私には一回目になかった知識があります。
もう三度目は「きらない」し「切れない」です。
もし三度目の手術を行う場合は、会社もバレー部も辞めています。
でもそんな状況になる気はさらさらないです。
復帰に向けて、毎日できることをやる、それに徹してがんばります。
先生は一年は復帰できないといいますが、今度こそ時間をかけて直して生きたいと思います。





2008/11/15 00:00 by komeshin Pagetop△

すいません。訂正です。
「個々まで多区なかったですし、足を汚しているのに~」は「ここまで多くなかったですし、足を怪我しているのに~」です。
失礼しました。

2008/11/15 10:12 by komeshin Pagetop△

komeshinさんへ♪

komeshinさんは今まで頑張ってやってきたと思います。
まだまだこれからも頑張っていけますよ!
だから、気合入れて頑張っていきましょうね!
希望を持って、焦らず、あきらめず、地道に頑張りましょうね。
komeshinさんにコメントする度に、私自身にも言い聞かせてる気がします。
一緒に頑張っていきましょうね♪


2008/11/15 17:04 by M Pagetop△

Mさん、ありがとうございます。
確かに私はがんばろうと思ってここまで来ましたが、がんばったことはすべてバレーがうまくなるためだけに、努力をしてきました。
でも、今はバレーの技術の向上なんて、到底無理です。
なんせ、バレー自体ができない状態ですからね。
やれない状態にもかかわらず、違うがんばりをしてしまったため、それが再受傷という結果となって、如実に表れたのだと思います。
あせらず、と行きたいところですが、昨日バレー部の人にばったり会ってしまいました。
もう30中盤の方と、私よりも2つ年上の若い先輩です。
それぞれ別の場所で、鉢合わせました。
今の足の状態を話すと、30代の先輩は「まあ、あせらんと、ゆっくりなおしゃあ、まだ若いんだで、完全に直ってからゆっくり調整せえょ」と行ってくれました。
職場の人達はもう手術のことは割り切っていてくれたので、後はバレー部の人達がどう思っているのか不安だった中、この言葉を聞いてすごく心が楽になりました。
ですが、もう一方の若い先輩は、私の足の状態を話しても、「また二~三ヶ月で復帰できるの??」と私の怪我、「靭帯断裂」がどんな怪我なのかというものをわかっていないからか、そういう言葉を言われました。
私は、本当に自分次第だと思ったので「わかりません」と答えたのですが、「何でまた怪我なんかするんだ」みたいなことをいわれてしまいました。
確かに、バレーはしてはいけなかったです。
でも、バレー大好きの私であれば、「いつ復帰するの?」「~月の試合には間に合うの?」みたいなことをいわれて、動きたくならないわけがありません。
だから、多少無理してでもがんばっていたのに。
怪我をしたことは、全面的に私が悪かったと思っていますが、ほんの少しだけでもいいので私の「がんばって試合までに間に合わせようとした」という気持ちをわかってほしかったです。
贅沢かもしれないですけれど。
最後に若い先輩は「もう直るまで(練習に) くるな」といって、行ってしまいました。
できない人間は、邪魔ということですね。
でも、この言葉の通り、私は完全に復帰できるまで、練習には行きません。
ボールに触るくらいなら一人でできます。
今回のこともあるので、無理はもう絶対にできませんが、ボールの感覚を確かめ、忘れないようにすることならできると思います。
本当に、「こんなんでいいのか」くらいのゆっくりとしたペースでないと、私は直らないのかもしれないですね。
でもあきらめません!!
誰かが私を応援してくれる限り、私はまたあのコートに帰ります!
そして、誰もが驚くような成長をした姿を見せ付けてやりたいです!
Mさん、これからもこの若輩者をよろしくお願いします。
以上komeshinでした。

2008/11/15 17:26 by komeshin Pagetop△

komeshinさん

落胆する事はありません。

先輩の期待度も高かったからだろうと思います。
ただ、怪我をしないと分からない事は多いです。
私も今回の怪我でたくさんの事を学びました。

調べると、結構この怪我をしてる人は多いですよ。
私が通ってる接骨院でも何人かいましたし・・・。
スポーツ復帰して頑張ってる若い人もいました。

まだまだ19歳、これからです、体を作ってやっていけば、ほかの人より長くプレーできると思いますよ。

2008/11/15 20:47 by korokoro Pagetop△

korokoroさん、コメントありがとうございます!
そうですね、私は細かいことを気にしすぎなのかもしれないです。
このごろは手術のことを少し批判されただけで、いらだったり、悲しいきぶんになったりしてしまっています。
まだ手術が手術まで日があるということも、働いてしまっているんでしょうけど。
そして、まだまだ先は長いとわかっておきながら、あと何年やれるかという途方もないことを考えたりしています。
自分次第なんですけどね。
おもえば高校を卒業してまだ半年ちょっと。

今日も、新しい自転車を買いにいったんですが、「通学用はこっちよ」といわれました。(笑
「いえ、通勤用です」といったら、「あら 童顔なのね」と茶化されてしまいました。
とても気の良いおばちゃんの店員さんでした。

まだまだ私には先があります。
これからも数え切れない時間、バレーをやり続けていくつもりですが、今この時期を乗り越えなければ道は見えてこないですね。
本当にここの人達は、私に自信をくれます。
また流されることもあるかとは思いますが、迷ったらまず第一にここに書き込み、皆さんの言葉や助言を参考に進んで生きたいと思っています。
korokoroさん、本当にコメントありがとうございました!

2008/11/15 21:09 by komeshin Pagetop△

komeshinさんは、バレーめちゃくちゃすごいんですね
入社して1年も経ってないから余計に再受傷の事が、気になるんでしょうね。その気持ちも分かります。
でも、少し心を休めてあげて下さい。そんなに自分を責めないで。

大丈夫ですよ~


2008/11/15 22:30 by amr Pagetop△

amrさんありがとうございます。
いやいや、私なんてまだまだひよっこですよ・・・。
私はちょっと特殊な家系に生まれていまして、家族全員がバレーボーラーなんですよ。

父は20代のときにクラブチームを立ち上げ、50代になる今までずっと監督兼選手を続けていました。
男子選手としては小さい165センチという身長で、司令塔(セッター)をこなし、バスケットのリングを触るほどのジャンプ力をもち、そして持ち前の努力家振りをフルに発揮し県大会優勝、そして東海シニア選抜練習会にも呼ばれたほどです。
いまは、ソフトバレーのおばさんおじさんたち相手に、バコンバコンと面白いようにスパイクを決めては、汗だくで家に帰ってきます。(笑

母はママさんバレーのエースを、これまた20年間張り続けて、県大会優勝、新聞にも載りました。
話を聞くと、長崎県の県の上位校出身で、毎日学校がいやになるほど練習をさせられていたそうです。
その証拠に、母の田舎に行くと、そのころのバレー部の監督さんを車の運転中見かけたらしく、「うああああ!!」といいながら激しく蛇行運転してしまうほど、恐ろしく厳しかったようです。
ちなみに、母は今年8月、腹の中にできものができてしまったらしく、(家族中で私だけには、詳しいことを教えてもらえませんでしたので、どんな手術をしたのかはわかりません。)おなかを切って取り除くという手術をしました。
今では「手術の後が痛むわぁ」といいつつ、元気に声を張り上げ、若者顔負けのバレーをしております。

兄は整備士の仕事をしていて、それが忙しく今はバレーボールをやってはいませんが、子供のころからそのサラブレッドぶりを発揮し、いまでは握力80以上の化け物になってしまいました。
仕事での悩みは、ボルトを締めるときに、兄の力に耐え切れずにボルトがねじ切れ、上司に怒られてしまうことらしいです・・。(どんな力じゃ・・・)

姉は、実は私と同じ、靭帯断裂者です。
場所も同じで、違うのは右足ということですね。
姉は手術はしないで、バレーをせずに今は学芸大学に通っていますが、中学校のころから高校級のバレーボールを叩き込まれ、今の私よりはるかにバレーボールの知識は深いです。

そして最後はごくごく普通、常識一般人の私ですね。
私なりには、上に書いた経歴は良くやったほうですよ。
こんな化け物のそろった家系に生まれて、私だけがおちこぼれってわけにも行かなかったですしね。
思えば、幼稚園には悪がきと言われ、小学校のころにはぶくぶくに太った挙句、クラス中からいじめられて、そんな私が良くバレーをやる気になったもんだと、いまさら感心しています。(笑
でも、今思えばあまり筋トレもしていないにもかかわらず、スパイクジャンプがどんどん上がっていくあたり、「おとんとおかんの子なんだなぁ」と感じますね。
中学から高校の間で、約20cm伸びました!最高到達点は、322cmです。
個々まで飛べるようになったときは、さすがに「私にも化け物の血が少しは流れてるんだ」と感じました。

と、まあ 怪我にあまり関係ない話を、というか私の家の家族紹介になってしまいましたが、他の家族にはない「信頼感」が私の家族には在ります。
全員バレーボーラーだからということもありますが、やっぱり血がつながっているから、何か一緒に感じるものがあるから、私を支えてくれているから今回の怪我でもすぐに「がんばろう!もう一回だ!」と思えるのだと思います。
これだけ強い見方は他にいないですよね!
今、フルパワーでバレーができるのは自分しかいません。
だから、私がここでやめるわけにはいかないんです。
父や母、兄や姉ができない分だけ、一番下の私ががんばらなくては、みんなのできなかったことを私がやって見せて、それでみんなが喜んでくれればこれ以上の幸せはないですね!
ある意味、バレーがうまくなる以上にうれしいことです!
それを実現するためにも、今はやるべきことをやります。
手術に向けて、そして手術を終えた後も、トレーニングや勉強をして、より強くなった姿で、またコートの中で暴れまくり、吼えまくりたいと思います!!

めちゃめちゃ長くなってしまいましたが、めんどくさかったら読まなくていいです・・・。(苦笑
amrさん、本当にありがとうございました!
がんばります!!



2008/11/15 23:24 by komeshin Pagetop△

komeshinさんやっぱりすごい
いろんなプレッシャーがある中で、すごいですよ。精神的に強くもないといけないしね。

最近、最高到達点3mの人の話しを聞き、すげ~って思いましたが、その上をいくなんて…

実は私は、実業団を目指しましたが、諦めてしまった人間です。
だから、余計にkomeshinさんを応援したいです。

今の夢は、ママさんチームに戻って、きゃー(。≧∇≦。)きゃー(。≧∇≦。)やる事です。
靭帯切れっぱなしだから、身体づくりからですね。その前に、曲がらないし…伸びないし
私もぴめパパさんに、いろいろ教わっていますよ。
ひめパパさんに、大丈夫って言われると、ホッとします。元気が出てきますね


2008/11/16 21:43 by amr Pagetop△

amrさん、コメントありがとうございます。
いやいや、男子ならそのくらい飛ばないといけないと思いますよ。
これでもまだまだ高いレベルでは足りないくらいです。
でも、私は他の人よりも長く飛べる、滞空力が武器ですね。
日々の練習で、トスが合わなかったときに「あ、やべ」といえるくらいの余裕があるくらい、上でとまっていましたから。

私は中学3年のころには302cmで3m越えをしていましたが、女性で3mはすごいと思います!
amrさんも、実業団を目指すくらいなんですから、相当すごいと思います!
私は高校でバレーばかりやって、バレー推薦枠ということで会社に入社しましたから、仕事が大変です。

私の夢もamrさんと同じですね!
コートの中で点数を決めるたびに「うおお!!!」って叫びまくりたいです!!(受傷前は、いちいち喜ぶときに叫んでいだので、相手は「何だ あいつ」と思っていたでしょうけど・・)
あとは、私のささやかな夢として、隣に住んでいるおばあちゃんとおじいちゃんに、私のバレーのやっている姿を見せるのが夢ですね。
ふたりは私が二回目の手術をするといったときに「お願いだから、もうこれ以上痛い思いをせんといてくれ」と悲しい顔をしていいました。
余計な心配をかけてしまったと思っています。
だから、私が元気にバレーをやっている姿を見れば、元気も出てくれると思いますし、喜んでくれると思います!!

今はひめパパさんのトレーニングをしていますが、アスリートではない私は、セット数を減らしてもひいひい言っております・・・。
膝も伸びも曲げも普通にできますが、伸ばすたびにぱきぱきと悲鳴を上げますし、前の手術跡はいまだに少し腫れています・・・。
でもがんばることに「余計」なんてないと思います。
少しでもできることがあれば、やってみなきゃいけないですね!
この不安とプレッシャーに勝てなければ、私は次にいけません。
高校バレーからもっと高いレベルに行かなければ、私は50までバレーを楽しめません!!
ひめパパさんのコメントも大きな勇気をくれますが、amrさんやそのほかの方々の些細なコメントにも大きな勇気、元気をもらって、私は日々成長しています!!
次の私は、相当強くなりますよ・・・・・。
頭も体も、です!!


2008/11/16 23:21 by komeshin Pagetop△

komeshinさんへ♪

komeshinさんは、ほんとにすごいですね~。
その環境の中で頑張ってきたんですね。
とても幸せなことだと思いますよ。

komeshinさんには、支えてくれる家族がいる。そして、amrさんやkorokoroさんや、他のみなさんのように、励ましてくれる仲間もいる。
だから、大丈夫!
復帰を目指して、頑張っていきましょうね。

焦る気持ちも、つらい気持ちも、よくわかります。
仕事だって頑張らなくちゃいけないし、手術のことやバレー部のこと、色んなことで頭いっぱいですよね。
でも、一つ一つ、目の前のことを頑張っていきましょうね。
焦らなくても良いんだよ。
無理しなくても良いんだよ。
まだ子供なんだから、まだ社会人になったばかりなんだから、
強がらなくても良いんだよ。
時には家族や周りの人に頼っても良いと思うよ。
そして、ちょっとずつ、成長していけると良いね。

みんな応援してるから、頑張ろうね!


2008/11/17 12:53 by M Pagetop△

うわぁ、まるで本当の母親のようなコメントをいただきまして、ありがとうございます。
「まだ子供」、言われるとむっと来ていましたが、最近はこれが年相応だなと思うようになりました。尾恥ずかしながら・・・・。(照

今日の9時にリハビリに行ってきました。
仕事の関係で、今日を抜いてあと二回しかリハビリに行くことができませんが、時間を見つけてこつこつとやっております。
やはり、今回も回復が早く、膝の皿がどこかわからないくらい腫れていたのが、もうすっかり引いて受傷前の状態に戻っていました。
おかげさまで、リハビリのメニューも六項目追加されました。
リハの先生の機嫌は普通で、私がリハでチューブの結び方を間違えて、直していると「komeshin君、何してんの?」と話しかけ、「いや、右足のほうにつけちゃいました」というと、「ははっ」と笑っていました。
ちょっとほっとしましたね、正直。
帰り際には、がんばれと一言声かけてもらいました。

そしてひめパパさんのメニューも(若干というか、大幅にセット数を減らしておりますが(苦笑))やっているため、体がひいひいいっております。
とりあえず、やれることを少しずつですがやって、一歩ずつ前に進んでます。
でも、本当に今が苦しい、バレーがしたいと思うときは必ず来ます。
そのときにつよがったって、私の周りの人は私の強がりをわかってくれてますから、いくら虚勢を張ったって無駄骨です。
社会に出て1年(まだたってないですが)、怪我でも、職場でも、バレーでも、しっかりとしたけじめをつけなければ、皆さんのような大人にはなれませんね!

Mさん、まだまだ及ばぬ19のガキで頼ってしまうことがあるかもしれないですが、そのときはお願いします。
コメント、本当にありがとうございました!


2008/11/17 15:26 by komeshin Pagetop△

komeshinさんは、とてもしっかりした考えを持った若者だと思ってます。私が19の時って・・・と考えると・・・汗
今でもそうです、私はkomeshinさんの倍以上も生きてきましたが、甘甘ですよ、全く。社会経験、人生経験はしてきましたが、未だに抜け切らないものをたくさん抱えてます。

今回の入院でも、そういった甘さが出て、担当PTが代わるという不祥事を・・・なんてね・・・
私のブログ読まれると分かると思いますが・・・
本当に子供っぽいですよ・・・私。

その、しっかりした目で色々感じ、経験し、人としての幅を広げて行けば良いと思います。
将来が楽しみですね。

2008/11/18 01:04 by korokoro Pagetop△

korokoroさんありがとうございます。
ただいま、夜勤から帰って早々、パソコンの電源を入れてその勢いで書き込みました。(笑

しっかりした若者だなんていってもらえるなんて思っても見なかったので、すごくうれしいです!
でも、私の場合は自分から「ああなろう」とか「こうなろう」とか考えたことがなく、気づいたらバレーをやっていて、面白くなって、続けてみたいと思った。
そんな感じなんですよ。
家族全員がバレーボーラーという特殊な家庭に生まれたのもありますが、私は生まれたときからバレーしかやるものがなかったんだと思います。
バレーやってなかったら、今頃ニートですよ・・・(本気

流されるままにやっていたら、今度は自分でいろいろ考えるようになったんです。
人との接し方(特に目上の人に対して)や、将来どうするのかとかを高校生ながら考えたりしてました。
korokoroさんが仰ってくれたように「しっかりした考えを持った若者」と言えば聞こえがすごくいいのですが、言い換えると「爺くさい」、私はそのほうがあってると思います。
多分、私の同期の中で「将来~を死ぬまでやってやろう!」なんて考えのやつはそうはいないと思いますし、若いうちに遊んどけ的な考えのやつばかりだと思います。
でも私は将来高いレベルのバレーで遊びたいと、同期のやつらに何度聞かれようともそう答えます。
もう19歳にして悟ってますね。(笑

カラオケも楽しいし、そのほかのゲームやなんやかんやだって。
それでも私はバレーがしたい。
二度目の受傷をして、その気持ちが一回目の受傷よりもさらに膨れ上がりました。
でも、それを押さえ込むのも第一歩。
バレーをするための近道ですね!
溜め込んだストレス、うっぷんは必ず爆発させられるときが来るはずです。
そのときは、すぐ訪れると思います。
今がそのときまでの布石というのなら、喜んでやってやろうじゃないかって思います。
もし二回目を怪我することがなければ、こんなことも思わなかっただろうし、korokoroさんたちにも出会えなかっただろうと、今頃そんなことを考えたりしてます。


2008/11/18 07:30 by komeshin Pagetop△














管理者のみ閲覧可能にする

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。