06月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



今日は相談のため診察に行った。
次の診察は4月の予定だったが、先生が異動になるので、
カルテのコピーなどもらいたいと思い、電話したら、
前の記事で書いたようなやり取りだったため、診察に行くことに。

予約ができなかったので、11時までに受付しなくてはならない。
朝、浦河を出たので、着いたのは10:30だった。
受付をして外来に行くと、相変わらず混んでいた。
とりあえず、医事課に行ってみた。
窓口で話をすると、少し待たされ、今わかる者がいないので、
後でまた来てくださいと言われる。

整形外来の窓口に行き、今日は足首も診てもらいたいと告げると、
問診票を書くように言われる。
それから、一旦、ダンナは実家に帰ったので、一人で待つことに。
11:30くらいになって、やっとレントゲンを撮ってくるように言われる。
レントゲン室の前で待つことさらに45分。
混んでるせいもあったが、なかなか出てこない患者さんがいたので、
その人に時間がかかって、進みが遅かったんだろう。
前も30分くらいレントゲンで待たされたが、今回はもっと長かった。

レントゲンを終えて、まだ呼ばれるまでには時間がかかるだろうと思い、
医事課に行ってみた。
朝のことを話すと、少し待たされて、担当の人が出てきた。
先生が市立病院に転勤するので、これからは市立で診てもらうことに
なっていることを伝え、カルテのコピーがほしいと伝える。
医事課の人は、それであれば、主治医から市立病院宛てに、
診療情報提供書というのを書いてもらうと良い、と言われる。
それに経過など細かく書くと思うので、用は足りるとのこと。
カルテ開示だとお金がかかるので、と言われる。
先生がまた市立から他に転勤になった後に、市立では手術時の
カルテなどはないので、その後困るのでコピーがほしいと言うと、
申請すればいつでもカルテ開示ができるので、
必要になったら申請してください、と言われ、書類をもらった。
先生がいなくなった後、1年後とか2年後とかでも
カルテ開示はできると言われたので、安心した。
思ってたよりすんなり話が通った。
これなら、わざわざ3月中に来なくても良かったかも。
最初に電話した時は、できないって言われたから、
行って相談してもできないって言われたら、
カルテ開示は法律で義務づけられてるはずだと主張するつもりだった。

また整形外来に戻り、呼ばれるのを待つ。
今日はなんだか混んでるし、いつになったら呼ばれるんだろう?
予約外で行くと、2時間は待たされるが、すでに2時間過ぎている。
今日は終わったら、そのまま私の実家に行くことになっていて、
じいちゃんが1:30頃、迎えに来ることになっていたので、
1:20頃、ロビーに行ってみたら、すでに来て待っていた。
まだかかるから、ご飯でも食べてたら?と言うと、もう食べたとのこと。
12:30に着いたらしい。
これなら、子供達が待っている、ダンナの実家まで行ってた方が良かったかも。

2:00に、K先生の次の診察の患者さんが呼ばれたので、
私もやっと呼ばれるかと思ったら、まだだった
あと30分以上は待つのかなと思ってたら、10分くらいしてすぐ呼ばれた。
でも、中待合室に入ってからがまた長かった。
呼ばれるのは2番目だと思ってたら、まだ前に呼ばれた人が終わってなくて、
その人が長かった。
で、次の人もまだ待っていたので、これはかなりかかりそう・・・
別の先生の前で待ってる人は、9:10に受付したらしい。
私より1時間前に受付した人でさえ、今頃やっと呼ばれたなんて・・・
5時間も待ってたことになる
結局、診察室に入ったのは3:00過ぎてた

ようやく診察室に呼ばれた。
K先生 「Mさん、今日はアキレス腱?」
私 「色々と相談もあったので、ついでにアキレス腱も・・・」

診察台にうつぶせになるように言われる。
先生がアキレス腱のあたりを触って、痛いか聞かれる。
最初のうちは痛くはなかったが、そのうち、内側の方を押された時に痛かった。
先生の説明だと、アキレス腱自体じゃなく、周囲の筋肉などの炎症らしい。
レントゲンにアキレス腱がうつるような方法で撮ったということで、
アキレス腱は切れてないとのこと。
アキレス腱炎とアキレス腱周囲炎の説明をしていたが、
アキレス腱周囲炎だという説明だった気がする。
ジャンプ系のスポーツをやってるので、負担がかかるんだと思う、とのこと。

K先生 「一ヶ月くらい完全に運動を休んで炎症を取ると良い」
私 「前はミニバレーやった後に痛くなってて、
    でも、最近、ずっと運動してないのに痛いので・・・」
K先生 「靴の中に、かかとを高くする中敷とか入れると良いんですよ」
私 「バレーやる時は、かかとが高くなるように、クッションみたいなのが
   入ったサポーターを履いてやってるんですけど」
K先生 「良いですね。普段もそういうのすると良い」
K先生 「あと、マジックテープでつけはずしできる装具もあるので、
      そういうの作っても良い」

K先生 「膝は、どうですか?」
私 「あんまり良くないんですけど・・・。
   今日ずっと車に乗ってきたせいか、痛いし・・・」

診察台に仰向けになり、いつものようにマックマレーなどされる。
今日は靭帯のチェックをする時のテストもされたが、問題なかった。

K先生 「半月板のひっかかりとかはないので、痛みは天気などの
      影響もあると思う。
      痛かったら注射するとかしていくしかない」
私 「えっと、とりあえず、注射してもらいたいので、お願いします」
K先生 「浦河は、(診察)行ってるの?」
私 「なんか嫌なので行ってません(^_^;)」

いつものように注射。
今日も痛くないと良いな。
刺す時に一瞬、ちょっと痛かったけど、大丈夫だった。
薬を入れる時はちょっと重い感じはあったけど、痛くなかった。
やっぱりK先生の注射は上手。

K先生 「今後の治療、どうしますか?
      市立に行っても良いし、こちらでも引き継がれるので、
      他の先生でも診てもらえますが」
私 「市立に行きます!」
K先生 「市立病院、一応、市民優先みたいなので、
      僕、自分宛てにお手紙書きますから、持って行ってくださいね」

私 「あと、手術の時に、軟骨も削ったって言ってたと思うんですけど、
   軟骨の状態はどうなんでしょう?」
K先生 「軟骨を削ったって言っても、毛羽立ったような部分をきれいに
      しただけで、軟骨自体は削ってないし、傷んでない。
      軟骨の状態は、全然、問題なかったですよ」
※手術の時の写真を見せながら説明してくれた

私 「湿布なんですけど、この前のは両方ください。
   それと、ナパゲルンゼリーっていうのが良いって聞いたんですけど」
K先生 「それ、うちに置いてないかも」
先生がPCで薬を検索したが、やはりなかったようだ。
K先生 「湿布も、向こうに行ったら、同じ物はないかもしれません。
      病院によって、使ってる薬が違うので」

私 「ネットで色々と調べたりしてるんですけど、最近、トレーナーさんの
   ブログに書き込んだら、トレーニングメニューを作ってくれたんですよ」
K先生 「すごいね、こんなの作ってくれるんだ?」
私 「たまたま、書き込みしたら、相談にのってくれて」
私 「で、ここに書いてるんですけど、PF障害じゃないか、って言われたんです」
K先生 「Mさんの場合、PF障害ではないと思う。
      手術でのぞいた限りでは、お皿と大腿骨もきれいだったし、
      全然、問題ないと思う」
私 「あと、お皿がひっかかる感じがするって前に言ってたと思うんですけど、
   それに関して書かれてるので、ここ読んでみてください」
(ペンでチェックした内側広筋に関しての文を見せる)
K先生 「もっと伸展できてない場合は、こういうことも考えられるけど、
      Mさんくらい伸展できてれば、こういう可能性は低いと思う」
私 「お皿の動きのことも書かれてるんですけど、
   右はお皿の動きが悪いんですけど」
K先生 「手術するとお皿の動きが悪くなったりするんだけど、
      瘢痕組織が邪魔したりしてる場合もあって、
      それはだんだん良くなっていくと思う」

※この辺、説明をよく覚えてないので、うろ覚えです。
  手術の時の写真を見せながら説明してくれました。 
  なんかもっと言ってた気もする。

K先生 「トレーニングメニューは悪い物ではないので、
      やってもかまわないので頑張ってみてください」

私 「リハビリでは、たいしたことはやってなくて、浦河で前に診察に行った時は
   年配の人で30°くらい曲がってる人もいるけど、歩いてるよ、とか言われた」
K先生 「曲がらないより伸びない方が支障が出てくるので、
      伸ばすようにしてもらっている。
      曲がってても歩けるけど、その状態だと、後々、問題が出てくる」
私 「最近、違和感は少なくなってきたんですけど、
   今日はなんか伸びてるかも、って思う時と、
   今日は前より伸びないかも、っていう時があって、
   日替わりなんですよね・・・」
K先生 「やっぱり長い目で見ていかないとならないかもしれない」

※この辺も説明をよく覚えてなく、うろ覚えです。

私 「あと、カルテのコピーをもらいたいと思って、この前電話したら、
   判断できないから診察に来て先生に相談してください、って
   言われたんですけど」
K先生 「カルテのコピーは事務の方だと思うので・・・」
私 「で、この前また電話したら、医事課に行けって言われたので、
   さっき行ってきたら、医事課でできるって言われました」
K先生 「事務の方でコピーしてくれると思うので、そっちでもらってくださいね」
K先生 「それじゃ、市立病院宛てのお手紙書きますから、外で待っててください」

それからお手紙ができるまで20分くらいかかった。
結局、会計をして薬をもらって終わったのが4:00少し前。
今日の病院は長かった・・・
本当は、手術の時の写真を写メに撮らせてもらおうと思ってたけど、
カルテのコピーをもらえるんだから、その申請の時に写真もお願いすれば
良いかと思い、今日は言わなかった。
他にも聞こうと思ってたことがあったのに、言うのを忘れてしまった。
いつも、言おうと思ってたこと全ては言えず、言い忘れてることがある。
また次回行った時には、きちんと整理して聞こう。    



今日の出来事  日記


よく説明聞かれてますね~~
私は、スグ忘れてしまって・・・汗

とりあえず、今出来ることをやってるだけなんです。

私が通う病院は電子カルテになってて、統一的に管理されてるみたいで、先生が見てるPCになにやら書き込みがされてます。
診察室に入ると、前回リハのところが開かれていて、ちょっとした会話とかが記入されて・・・いっつも噴出してしまいます。

2008/03/31 17:06 by korokoro Pagetop△

korokoroさん♪

いえいえ、そうでもないですよ~。
肝心な説明はあんまりちゃんと覚えてなかったりします(^_^;)
理解して覚えている部分だけ載せてるので、先生の言ってることは、
本当はもっと色々ありますが、よく覚えてないだけです(^_^;)

korokoroさんはカルテの中身、見たりできてるんですね~。
ちゃんと記入してる良い先生ですね!
労災のカルテは手術の時の写真しか見たことがありませんが、
日赤の方のカルテは、リハビリに行く時に見たことがありますが、
はっきり言って、全然書いてません。
最近書いてた内容なんて、伸展-5°とか、そんな程度です。
あとは薬の処方のことくらい。
私があれこれ言ったり聞いたり、痛みを訴えたりしてることに関しては、
まったく書かれてません。
しかもカルテの字が汚くて読めないし(^_^;)
日赤にはもう嫌な気持ちにしかならないので、行ってません。


2008/04/01 15:21 by M Pagetop△

カルテが見れるというか、診察の時に先生(医師)が目の前で入力してるんですよ~~~
まぁ、「経過順調」とか・・・そんな程度ですが・・・(汗)。

手術の写真もそこへ取り込まれてるし、どのようにしたかも先生の手書きの図も取り込んで一元管理されているようです。



2008/04/03 19:00 by korokoro Pagetop△

korokoroさん♪

私はいつも、カルテになんて書いてるのかな~?と思いながらも、
先生が書いてる時によく見ていないというか、話を聞きながら先生が書いてるので、私は話すことに集中してるというか・・・汗

いつも何書いてるか気にはなってるんですが。
でも、たいしたこと書いてませんね。
逆にどうでも良いようなこと書いてたり。汗

労災のカルテは手術時の写真は先生が時々見せながら
説明してくれるんですが、他は何が書かれてるかよくわからないので、
そのうちコピーもらう予定です。

2008/04/04 15:15 by M Pagetop△














管理者のみ閲覧可能にする

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。