07月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 

手術から一年



手術してから一年がたつ。
膝はいまだにまっすぐ伸びない。
色々と悩んだけれど、子供達の夏休みを利用して、
思い切って山形に行くことにした。
北海道からなんでわざわざ山形?!と周りからも驚かれているが、以前から
ブログを通じてお世話になっているトレーナーのひめパパさんの所へ行こうと思う。

半月板で手術して、すぐに復帰できると思っていたのに、
思いもよらずリハビリ生活をすることになってしまった。
手術した病院が地元ではなかったから、リハビリや診察で地元の病院にも
通ったけれど、すんなり行かず苦労した。
普通なら、リハビリなんていらないらしいし、
医者からは、今までこういうことはなかった、とか、
なんで(膝が)伸びないのかもわからない、とか言われたこともあったし、
地元の日赤の先生からは、こんなもんじゃないの?とか
10代ならこうはならない、とか、日常生活で何が困る?とか、
さんざんなこと言われたけど、 他に病院もないから仕方なく通ってた。
リハビリも、日赤の先生は、そもそもいらないと思ってるからか、
なんかリハビリの指示も適当な感じで、
はっきり言って、リハビリ内容も満足いくものではなかった。

でも、膝はいまだにまっすぐ伸びないし、
どうして伸びないのかも、セカンドオピニオンで札幌まで行った。
北大の先生の説明はわかりやすかったし説得力はあったけれど、
結局は、まれにそういうこともある、って言われても、
納得したつもりだったけれど、すっきりはしない。
北大の先生からはリハビリを続ければ伸びるって言われたけれど、
地元の病院ではもうリハビリはいらない、って言われたり、
何がまだ不満なの?みたいなことを言われたり、
自分はどうしたいの?まで言われた。
ちゃんと治って運動できるようになりたいに決まってる。
地元の病院では、こんなもんじゃないの?って相手にしてくれないし、
診察に行ってもリハビリに行っても、これで治るっていう実感は持てなかった。

だから、ものすごくネットで色々と調べた。
そんな時に見つけたのが、トレーナーさんのブログ。
ブログを読んで、何気なくコメントを入れたら、
わざわざ私のブログも全部読んでくれて、
アドバイスとともに、トレーニングメニューまで作ってくれた。
その後も、色々と教えてくれたり、 アドバイスしてくれたりしている。

5月までは、そのトレーニングメニューを頑張って続けていたけれど、
診察に行った時に、前より悪くなってると言われて、
かなりショックで凹んでしまい、
なんかやる気もなくなって、トレーニングもサボり気味だった。
ずっとリハビリを手伝ってくれていたダンナからも色々と言われ、 一緒にトレーニングできない日も続いて、 すっかりトレーニングも停滞してしまっていた。

最近は、膝よりも他の部分が痛いこともあり、
それに対するストレッチやトレーニングのメニューを
またトレーナーさんが教えてくれたので、
筋トレは全然やってないけど、ストレッチやマッサージだけやっている。
何しろ、トレーニングをきちんとこなそうと思ったら、 めちゃめちゃ時間がかかる。
だから、ダンナも疲れてきていて、筋トレは昼間やるようにして、
夜はマッサージとかだけにしたら?と言われたのもあって、
すっかりそんな感じになってしまっていた。
でも、昼間は何かと忙しいのもあるし、やる気がイマイチなのもあって、
全然、筋トレはやってない。
ここのところ、試合に向けてミニバレーの練習もびっしりやっていて、
疲れていることもあり、筋トレよりもケアに時間をかけた方が良いと思い、
アイシングやストレッチは欠かさずやるようにしていた。
夜はそれに加えて、ダンナに協力してもらって、パテラモビライゼーション、
脂肪体の圧迫マッサージ、膝裏のマッサージ、
大腿部外側と臀部外側のマッサージはするようにしている。

見た目的には、ほとんど普通と変わらないし、 歩いたりも一応、普通にできる。
ミニバレーも一応、できるようになった。
日赤の先生には、以前、
「もう社会復帰しても良いんじゃない?」とか
「障害が残るほどじゃないと思うよ」とか
「年配の人で30度くらい曲がっていても歩いてるよ
 (5度や10度、曲がってたって問題ないでしょ?)」とか言われたけれど、
確かに日常生活にはとりあえず支障はない。
こんなもんで良いんじゃないの?と言われれば、
自分でも、そういう気持ちもちょっとあるけれど、
でも、そもそもが普通はこうはならないのになってしまったことに対しての不満も
あるし、 納得しろと言われても、やっぱり納得いかない。

本当はもう、半分あきらめていた。
でも、頑張れば光が見えるってトレーナーさんが教えてくれたし、
希望があるならやれるとこまで頑張ってみようかなと思う。
でも、やっぱり筋トレなんてつらいし、モチベーションも下がってくる。
そんな自分に喝を入れるためと、より効果的なトレーニングができるように、
実際にトレーナーさんに見てもらって指示してもらいたかった。
それで、思い切って山形に行くことにした。

前から、いつか行きたいという思いはあった。
でも、簡単には行けないし、勝手に行くこともできないから、
ダンナに相談するのが一番、苦労した。
山形行きのことをなかなか話せなかったし、 お願いするのもすごく勇気がいった。
案の定、はじめは納得いかなかったと思うが、
最終的には理解してくれて、許可してくれたから、
ダンナにはすごく感謝している。
普通に考えたら、わざわざ山形まで、 しかも顔も知らない人を頼って行くなんて、
理解できないかもしれない。
それは当然の考えだと思う。
でも、ずっと一緒にリハビリを頑張ってきたダンナだから、許してくれたんだと思う。
本当にずっと支えてくれているダンナには感謝しきれないくらい感謝してるし、
心からありがとうと言いたい。

手術してから今日で一年。
手術する前は、1~2ヶ月でスポーツ復帰もできると言われていたのに、
そうじゃない状況になって、伸びない理由もわからないと言われたり、
亜全摘しかないと言われたり、セカンドオピニオンでは、
一年頑張れば治ると言われたりもした。
途中、気持ちが疲れちゃって、もういいや、って思ったりもしたけれど、
やっぱりこのままの状態には満足できないし、納得もいかない。
日常生活もできるし、ミニバレーにも復帰できた。
もうそれで十分かもしれないけれど、もうちょっと頑張ってみようと思う。
山形まで行くことによって、またやる気も出て、 希望が持てるのなら、
悪あがきかもしれないけれど、やれるとこまで頑張ってみようと思う。


スポンサーサイト


医療・病気・治療  心と身体

ついに山形へ!



とうとう行ってきました。山形へ!
朝の9:00に家を出て、飛行機で山形へ。
山形空港からはレンタカーで最上町へ。健康クラブに着いたのは夕方。
ひめパパさんに実際にお会いするのは初めてなので、ちょっと緊張。
ひめパパさんのイメージは、もっとバリバリ体育会系なのかな~?と
思っていたけれど、きめ細やかでやさしい方でした!
想像通り、良い人でした♪

さっそくチェック開始。まずは計測。
身長は・・・160.2cmでした。学生以来計ってないけど、縮んでました。(^_^;)
この時点で色々と指摘されました。
腰が反りすぎで体が前傾になっている。首も前傾。
脚は・・・X脚でした。
(膝つけるとかかとがつかない。かかとをつけようとすると膝が重なる)
ちょっと偏平足気味。外反母趾になりかけ。
すでに悪いところだらけで変な汗出てきました。(^_^;)

体重と体脂肪率、水分量の計測。
体重は・・・秘密です。
あと5%は落としたいと言われました。
私もそう思ってるんですが、なかなかやせられません。(>_<)
水分量が忘れてしまったけれど、少ないと言われました。
その後、血圧測定。
普段、上が100くらいしかないんですが、なんと130超えててびっくり。
緊張のせいみたいです。(^_^;)

それから膝などのチェック。
膝はやっぱりPF障害。脂肪体が腫れて固くなっている。
自分では他の人と比べたことがないので、固さとかよくわからなかったけれど、
ひめパパさんいわく、カチンコチン。
計測の時に見た時点でわかる、と。触診するまでもなかった、と。
それと外側の関節鏡の跡の部分が固い。
瘢痕組織のせいと言われる。

それから、足首などもチェック。
実はブログには書いてなかったけれど、先月、左足首を捻挫した。
内緒にしてたけど、ひめパパさんには見抜かれました。(^_^;)
もう痛みもないし、バレーもやっちゃってたんだけど、
靭帯グラグラだって。(^_^;)
やっぱり痛みはなくなってても、完全には治ってないんだ・・・(^_^;)
あと、シンスプリントもあるって。
自分では気づいてなかったけど、すねの内側を押されるとちょっと痛かった。
それとびっくりしたのは、左足の方が 2cm長い、ということ。
そんなに差があったの?!
これって、右足が完全伸展できなくて曲がってるせいなのかな?
それとも、もともと差があるのかな?
それから、大腿部の周囲計が 3cmも差があった。
完全にトレーニング不足と指摘された。
膝の不調がたとえあったとしても、大腿部の筋肉がついていれば、
問題はなかった、と。
日赤の先生に、いつも筋トレって言われて、筋肉でカバーできるという話を
さんざんされていたけれど、やっぱり筋肉がついていれば、
すぐに伸びていたのかもしれない。

それから・・・ふくらはぎが人間じゃないくらい固い、と言われた。
自分では脂肪体と同じで他の人と比べたことがないので、
よくわからなかったけれど、日々、たくさんの人を見ているトレーナーさんが、
あり得ないっていうくらい固いらしい。(^_^;)
そ、そんなにひどいんだぁ・・・・orz
半端な固さじゃないらしい。
どうしてこんなに固くなったのか、後から聞いたら、5年10年のものじゃない、
子どもの頃からの積み重ねだと言われた。
どんだけクールダウンしてなかったんだぁ~?!って感じ、って。
あと足首も固い。
足首の固さもかなり・・・
あと、むくみもあると言われた。

指摘されたことをもう一度挙げてみる。
腰が反りすぎ、X脚、偏平足、外反母趾、左足首捻挫、シンスプリント、
PF障害、左足が2cm長い、大腿部左右差3cm、足首が固い、腸脛靭帯炎、
アキレス腱周囲炎、ふくらはぎが固い、臀部が固い(弱い)、
knee in toe out(膝が内側に入り、つま先は外側を向く)、腹筋が弱い。




医療・病気・治療  心と身体

山形 2日目



山形 2日目。
10:30からなので、少し前に健康クラブへ。
先に着替えておこうと思ったのに、受付の人に時間までロビーで待つように言われた。トイレに行って戻ってきたら、ロビーで待っていた人達がいなくなっていたので、私も更衣室へ。

昨日と同じように、まずは計測。
昨日のトレ後、身長が伸びていたのに、元に戻っていた。(^_^;)
体重は・・・温泉でおいしいものいっぱい食べたせいか、増えてた。(^_^;)
血圧も昨日よりは下がっていたけど、やっぱりちょっといつもより高かった。

今日はまず足湯をするとのこと。
足湯で血液循環を良くして、それからトレーニングする。
ここの施設は病院や温泉などがつながっている複合施設で、
足湯のできる場所もあった。
なんかすごい~。
足湯の場所に行くと、日光も当たり、暑かった・・・
先に高校生の女の子が足湯をしていた。
ひめパパさんのブログに出てくるモガンバーズの子かな~と思い、
話しかけようかなと思ったけど、おばさんに話しかけられても困るかな~?
と思ってやめた。(^_^;)
足湯って実は初体験!
思ってたよりも温度が熱かった。
熱かったけれど、ずっとお湯につかってると気持ち良い。
何分やってたんだっけ?15分くらいだったかな・・・(^_^;)
足湯から戻る時に、ちょっと迷子になりそうだったけど、ちゃんと戻ってこれた。

戻ってトレーニング開始。
①まずはバイク。
昨日はあんなに汗かくと思わなかったので、タオルを置いたままで
途中、汗をふけなかったので、今日は最初から首にタオルをかけておいた。
負荷 5っていうのを勘違いして、 6にしてやっていた。(^_^;)
今日も汗だく。

②ゴルフボール。左右 1分ずつ。

③タオルギャザー。左右×3
相変わらず、なかなかうまくできない。
おもり500gでやった。
7kgひけるようになるまで頑張らなくちゃ。

④スキンロール。 左右 2分ずつ
ふくらはぎが固いからか、痛い。
小さくつまんでいくのが良いのか大きくつまむのが良いか聞いたら、
セルライトがあるから、表面だけつまむのではなく、
大きくつまんだ方が良いとのこと。
ひめパパさん、気を使ってくれたのか、小声で言ってくれたんだけど、
ふくらはぎが太いのってやっぱりセルライトだったんだ・・・(^_^;)
恥ずかしいけど、開き直って書いちゃいます。(^_^;)
このスキンロールやってたら、セルライトもなくなるかも?とちょっと期待。(笑)

⑤脂肪体マッサージ。左右 2分ずつ
自分の力だとなかなか強く押せない。
指に指を重ねたり、棒を使って押したりすると良いとのこと。
力が足りないのか、あまり痛くない。
痛いくらい強く押さなきゃダメらしい。

⑥ふくらはぎのストレッチ。左右20秒×5
昨日よりもかかとが下がっていると言われる。
ほんとだ!昨日よりずっと伸ばせている。
いつも家でストレッチしてる時も、かかとがあまり曲がらず、
ストレッチしててもあまり伸ばせてない気はしていた。
ふくらはぎと足首が固いせい。
昨日の筋膜リリースや足首のモビライゼーションもやってもらったから、
前より伸ばせるようになったんだと思う。
足首は、昨日は90度くらいしか曲がらなかった。
今は90度以上曲がるようになった。

⑦腰椎と骨盤の歪みを矯正するストレッチング。
左足で台に乗り、右足を下ろす。1分。

⑧セラバンドを巻いて左右に足を開く。10回×3

⑨足を伸ばしたまま椅子に大腿部を押し付ける。左右 1分×3

⑩パテラモビライゼーション 左右 2分ずつ

全部終わって、またひめパパさんに脂肪体のマッサージなどしてもらった。
膝の不調があっても、大腿部の筋肉がついていれば、
問題はなかったと言われる。
トレーニング内容の良し悪しに関わらず、完全にトレーニング不足、と。
あれこれ考えるよりも、とにかくやらなきゃダメ、と。
そのとおりなので、何も言えない。
さんざんダンナにも言われた。
大腿部の周囲計も以前は計っていたこともあったけど、最近はずっと計って
なかったので、3cmも差があって、自分でも情けなかった。
トレーニングメニューを作ってくれたり、色々と教えてくれていたひめパパさんにも申し訳なく思う。全然ダメでがっかりしたと思う。
本当に、気合を入れ直して、とにかく頑張って続けようと思う。

最後に、また計測して終了。
身長は・・・なんと、161.7cmになっていた。
昨日の終了時よりさらに伸びていた。
本当はそんなに身長があったんだ?!
普段は1.5cmも損してるってこと?!
体重は、かなり減ってた。
途中でトイレに行ったから、そのせいでかなり減ったのかも。(^_^;)
トレーニング後は、本当は増えてるくらい水分補給してないとダメということで、
とりあえず、残ってたスポーツドリンクを全部飲んだ。
バレーやってる時なら、1Lくらいは飲まなきゃダメと言われる。
血圧はちょっと下がってた。ちょっと落ち着いた?(^_^;)

健康クラブは、小学生から年配の方まで、日常生活の一部のような感じで
トレーニングしていた。
誰でも気軽にトレーニングできる環境って本当に素晴らしい。
これはやっぱり公共施設だからだと思う。
民間のスポーツジムだと、料金も高いし、子供やお年寄りは行けないと思う。
最上の健康クラブは、元々は町の保健福祉事業として始められたようで、
高齢者の方の介護予防指導に力を入れているのはもちろんのこと、
小中高生がトレーニングや体のケアをできる環境だということが
本当に素晴らしい。
何より、きちんと個別にその人を分析して、その人にあったメニューを考え、
指導してくれるトレーナーさんがいるからこそ、安心してトレーニングできるんだと思う。健康クラブに来ている子供達を見て、本当にこのくらいから自分の体のことを考え、トレーニングを生活の一部として取り入れていけば、良い選手になると思うし、スポーツ障害でスポーツをあきらめるようなこともなくなると思う。
見ていて、本当にすごいなーとカルチャーショックだった。
そして、こういう施設が近くにはないことの悔しさと、
全国にこういう施設が増えていってほしいと思った。
もちろん、施設だけあっても、どんな人にも対応できるトレーナーさんがいなくちゃダメだと思う。
健康クラブには、あちこちからえらい人が視察に来るようで、
私が帰った後も、視察に来てたとのこと。
えらい人達って、形だけ見て良いなって真似したりするけど、
ちゃんと中身を見て、やってほしい。
どんな物でもそうだと思う。
よく何でもハコモノを作りたがるけど、それを活かす人材や方法が伴わないと。
病院でも何でも、もっともっと、良い人材が増えていけば良いのになと思う。

終わってからも、ひめパパさんと色々とお話した。
頭がいっぱいいっぱいだったので、細かくは覚えてないけど、
2日間、とても充実した時間を過ごせた。
本当にひめパパさん、ありがとうございました。
頑張ってトレーニング続けていきます!

午後からは、家族で果物狩りに行った。
ぶどう狩りができるかなと思ってたけど、ぶどうはまだで、もも狩りをした。
桃の木を見るのも、実がなってるのも初めて見た。
子供達は大喜びで桃を取ってばかりいたので、親は食べてばかり。(笑)
セミが北海道にいるのよりも大きくてびっくりしたり、
見たことがない昆虫がいたり、子供達には夏休みの思い出になったと思う。
午前中も、子供達はお父さんと前森高原というところでたくさん遊んできたようだ。
家族そろって遊ぶ時間は少なかったけど、
子供達も山形楽しかったと言っていたので良かった。
温泉にも泊まったし、おいしい物もたくさん食べて、山形を満喫してきました。




医療・病気・治療  心と身体



今日は診察の日。
前回の診察の時には、次の診察はちょうど手術後 1年になるし、
色々と話そうと思っていたので、予約の最後の枠に入れてもらっていた。
※長く話す気満々だった。(笑)
1年たっても膝は伸びないし、診察に行ってもいつも同じこと言われるだけだし、
色々と思ってることも言いたかったし、今後どうするかも相談しようと思っていた。

でも、山形に行くことになって、色々と教えてもらって良くなるかもしれないと
思ったし、ストレッチやトレーニングで効果がはっきりするなら、
病院に行ってもただ話を聞いて湿布くれるだけだし、行く必要ないかもと思った
けれど、ダンナと相談して、膝以外にも痛かったりして診てもらったりしてるし、
悪くなったりしてないか経過を診てもらうだけでも、
とりあえず行けるうちは行った方が良いということになっていた。

でも、山形に行って、実際に見てもらったら、膝はやっぱりPF障害ということで、
たった一日のトリートメントとトレーニングで、伸びなかった膝がまっすぐになった。
トレーニングを続けていけば良くなると実感できたし、
信じてあきらめないで頑張っていく気持ちにもなれた。
病院は、これで最後にしても良いかなという気持ちにもなったけれど、
とりあえず、次の診察の時までに頑張ってトレーニングして、
トレーニングでこれだけ良くなったということを先生にも見せて、
それで終わりにしようと思い、今回はあれこれ言わないことにした。

診察では、いつものように調子を聞かれ、マックマレーとかされた。
先生がお皿を動かして、
「まだちょっと左よりは固いけど、前よりだいぶ柔らかくなったね」と言われる。
注射を今後もしていくかどうか聞かれ、先生は
「悪い物ではないので、定期的にしなくても、痛くなった時だけしても良い」
ということも言っていた。
山形に行った時にひめパパさんに注射のことを聞いたら、
注射は必要ないと言われたし、自分でも注射して効いてるのかよくわからなかったから、注射はやめておきますと話した。

あとは、腸脛靭帯炎のことをまた聞いてみたら、
炎症を抑える対処療法しかないというようなことをまた言っていた気がする。
それから、左足首を捻挫したことを話したら、
足首も診てくれたけれど、動かしても押しても痛くなかったし、
先生からは靭帯はゆるんでないと言われた。

アキレス腱のことも聞かれ、今はバレー休んでるので痛くないことを話した。
でも、試合前にふくらはぎがつったりして、ずっとふくらはぎが張ってる感じだったことを話した。
先生からはなんて言われたんだったか忘れてしまったけど、
ストレッチをよくするようにということと、アキレス腱に注射すると弱くなるので
勧めないという話をしていた。

あとは、膝を伸ばした状態から曲げる時に、お皿の下がひっかかる感じがする
ことを言うと、何回か曲げ伸ばしをして、関節鏡の傷のところの瘢痕組織のせいだと言われる。
でも、前よりは柔らかくなっていってるから、そのうちなくなると言っていた。
これが脂肪体がひっかかってる状態だと思うんだけど、
先生からは脂肪体のことは言われなかった。

今日はそんな感じでいつもより早く終わった。
いつものように次の予約を入れて診察終了。
先生から
 「予約はいつでも変更できるので、遠いから来るの大変かもしれないけど、
  痛くなったりしたら、予約変更していつでも来て良いですからね」と言われた。
今日は術後一年だったのに、私がいつもよりもあれこれ言わずに終わったので、
先生の方が拍子抜けしたのかも。(笑)
先生の方から、一年経つし、だいぶ良くなったからもう良いですよ、とか
言われたら、まだ納得してないので納得できるまで診てください、って
言おうと思ってたけど、特にそういうことも言われなかった。
たぶん先生は、私がもう良いです、って言うまでは診てくれるんだと思う。

頑張ってトレーニングして、次回の診察の時には、
もう良くなったから終わりにします、と自分から言えるようにしたいと思う。
とにかく頑張るぞー!




医療・病気・治療  心と身体

トレーニングの成果



山形に行ってから 2週間が過ぎた。
作ってもらったトレーニングメニューを毎日やっている。
休日は一日出かけることもあり、夜しかできなかったりするが、
平日は最低でも一日 2回はやるようにしている。
できる時はさらにプラスしてやっている。

その後の状態はというと・・・
最初のうちは、膝はトレーニング後はまっすぐになるが、
朝起きると少し戻っていた。
最近はトレーニング前も、あまり左右の差がなくなってきた。
トレーニング後はほとんど差はなくまっすぐになる。
以前は、伸ばしきろうとすると膝裏が痛かったけれど、
最近はだいぶ痛みもなくなった。

トレーニングを続けて気づいたことをあげてみる。

タオルギャザー×5セット
山形に行く前は、しばらくタオルギャザーもサボっていた。
行った時には500gしかひけなかった。
最近は1kgひけるようになってきたけれど、その日によってひけなかったりする。(^_^;)
いつになったら 7kgひけるようになるのかわからないけれど、
少しずつひける重さが増えていくと良いな。
前はおもりを乗せなくてもうまくひけず、足がつりそうになっていたけれど、
それよりは進歩していってると思う。
タオルギャザーやると、左のアキレス腱が痛かったが、最近痛くなくなってきた。
少し鍛えられてきたのかな?
とにかく頑張ろう!

スキンロール左右5分ずつ。
「人間じゃないくらい固い」と言われたふくらはぎだが、
スキンロールをしていると、その固さが自分でもわかる。
皮膚をつまんでいくと、最初のうちは固くてなんか変な感触だった。
つまんで転がしていく時に、なんていうか、
ブチっていうような感触があって怖かった。
筋肉と筋膜が癒着してるということなのかな?
しこりがあるような感じというか。
それに、つまんでいくと固いせいか痛かった。
ふくらはぎは、手術した右足よりも、アキレス腱周囲炎のある左足の方が痛い。
2週間続けていくうちに、だんだんふくらはぎが柔らかくなってきた気がする。
つまんだ時の感触が明らかに最初の頃とは違う。
ブチっていう感じがなくなってきて、痛みも少なくなってきた。
スキンロールの効果で柔らかくなってきたのかな~と思う。
最近気づいたが、ふくらはぎは頑張ってスキンロールしていたので柔らかくなってきたけれど、アキレス腱の辺りまではあまりやってなかったせいか、アキレス腱の辺りがすごく固い。
触ってみると固さが全然違う。
最初はふくらはぎもこのくらい固かったのに、今は明らかに固さが違う。
今なら少し、人間レベルに近づいたかも。(笑)
まだまだ固いと思うけど。(^_^;)
頑張ってスキンロール続けよう。

脂肪体の圧迫マッサージ。左右2分ずつプラストレーニングの最後に2分。
ひめパパさんからは、悲鳴あげるくらい押さないとダメと言われたので、
夜はダンナにめちゃめちゃ強く押してもらっている。
自分で押すときは棒を使って押してるけど、それでも力が足りない。
でも頑張って押している。
押される時はめちゃめちゃ痛いんだけど、右は我慢できるくらいになってきた。
左の方が、かばうことによって負担がかかっていたせいか、
見た目にも腫れていて、押されるとすごく痛い。
でも、最初よりは痛くなくなってきた。

ふくらはぎのストレッチ。20秒×5セット
ひめパパさんに最初にメニューを作ってもらった時からずっと、
ふくらはぎのストレッチは続けていたけれど、ふくらはぎが固いせいか、
伸ばしていてもあまり伸ばせてない感じだった。
山形に行って、一日目にトレーニングした時は全然伸ばせていたなかったけれど、
二日目にやった時には、一日目とは明らかに違うほど伸ばせるようになっていた。
スキンロールとか足首のモビライゼーションをしてもらったからだと思う。
家でも、以前は足首を下ろす角度が90度くらいしか曲げれず、
かかとが下がらなかったけれど、今はそれ以上かかとを下げることができるようになった。
ストレッチして伸びてる感覚が違う。

トレーニングは筋トレなどのメニューは回数を増やして頑張っている。
全部をこなすのは一日に2回くらいしかできないけど、
テレビ見ながらスキンロールしたり、脂肪体マッサージしたり、
PCやりながら大腿四頭筋の筋トレしたり、ゴルフボールころころしたりしている。
大腿部の筋肉が落ちているので、もっと筋トレの回数を増やしていかないとなぁ。
頑張ろう。




医療・病気・治療  心と身体

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。