06月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 

試合に向けて・・・



今月末にミニバレーの大会があるので、試合に出れるメンバーも決まって、
チームを決めて練習を始めた。
今回も2チームで参加することになった。
今回は私も出ようと思っている。
ちょっと人数がギリギリなので、私がちゃんと動けるか心配だが・・・

これまで、セッターポジションに入り、私だけ固定で練習したりしていたが、
試合に出るとなると、全部回らなくてはならないので、
私も普通どおりの練習を始めた。
はっきり言って、まだ全然思うようには動けない。
というより、セーブしている。
レシーブは、絶対、無理しないことにしている。
なので、前に落とされたら取れない。
思うように膝を使ったレシーブもできないので、なかなか正確にセッターに
上げることもできない。
こんな状態で試合に出ようとするのが無謀というか、迷惑かもしれないけど、
今のチームでは、私を必要としてくれているので、
無理しないように、できる限り頑張る。

状態としては、レシーブを除けば7割、8割くらいでできていると思う。
スパイクも、セッター位置から助走なしで打ったりはしていたが、
きちんと助走してのスパイクは久々。
4~5ヶ月前は、助走してのジャンプは絶対無理!と思っていた。
今も助走してジャンプ、といえるほどのジャンプはしていないが、
案外、大丈夫だということが確認できて良かった。
着地した時のダメージは、プレー中はほとんど感じない。
以前、足首を捻挫して2ヶ月ほど休んで久々に復帰した時には、
着地した時の衝撃が結構響いて違和感があった。
その記憶があったから、いまだに完全には伸びない膝が、
ジャンプして着地した時の衝撃を吸収できるのか不安だったが、
以前、地元の整形のS先生から、いきなり100%は無理でも、
ちょっとずつ軽くジャンプすることから始めたら?と言われたように、
助走なしのスタンディングでの軽いジャンプから始めて、
徐々にその場でのブロック、スパイクとやっていたせいか、
助走してのジャンプでも、思っていたよりも大丈夫だった。
ただ、早い助走から思いきりジャンプしてのスパイクは、
きっとダメだろうなぁ、と思う。
無理しても何も良いことはないので、今は無理せずやろうと思う。

やっぱり久々のスパイクなので、クロスを狙ってアウト、
ストレートを狙いすぎてアウト、なんてことが多かった。
思いきり打つのはまだ無理なんだから、もっと効果的に打つことを
心がけるようにしなくちゃ。
試合まで3週間。
それまでにできるだけ、コースに狙って打てるように練習しよう。
それとブロックアウトを練習しなくちゃ。
今まで、どちらかというと打ちまくっていただけで、ブロックアウトの技術とか、
あまりもっていなかった。
打つことに意識がいってるので、あまり相手ブロックもよく見えていなかった。
レシーブの空いている所もあまり見えてないので、
フェイントも試合ではほとんどしない。
試合では、そういう余裕がまったくない。
(ビーチのミニバレーの方では少し余裕があって、フェイントとかできるんだけど・・・)
だから、本来は代表や監督をできるほどのレベルじゃないのは
自分自身よくわかっている。
でも、みんな初心者から始めたメンバーで、仲の良いメンバーだから、
こんな私でも信頼してくれているんだと思う。
とりあえず、技術的にはまだまだだけど、
気持ちでみんなをひっぱっていけたら良いなと思う。
今回はレシーブではみんなに助けてもらわなければならないので、
セッター位置に来た時には、良いトスを上げられるように頑張ろうと思う。
あとは声出しで、盛り上げていきたい。
頑張るぞー!

スポンサーサイト


バレーボール  スポーツ



今日はサッカーのU-11の予選。
トーナメントで勝ち進んで決勝まで行けると、全道大会出場となる。
U-10は予選で負けてしまい、全道出場は果たせなかったので、
今回は頑張って勝ち進んでほしい。

U-11は5年生以下のカテゴリ。
浦河チームは、5年生と4年生の人数が少ないため、
5年生だけでチームを組めない。
今回は4、5年生全員と、3年生から2人の合計15人で参加した。
今日は、洞爺湖サミットの影響で、通行規制がかかっているとのことで、
高速道路が通行止めの可能性もあるため、時間の余裕を持って出発。
現地 8:30集合だったので、5:30に出発したのだが、
結局、高速を通ることができて、早く着いてしまい、8:00前に着いた。
テントを建て、準備をしてもまだまだ時間があるので、しばらくの間、
お母さん達はテントの中でまったりとしていた。(笑)

試合は10:00開始。
対戦相手は苫小牧のアミーゴ澄川。
よく耳にする強豪チームの一つだ。
澄川のメンバーは、大きな子が多かった。
ほとんど5年生なんだと思う。
浦河は半分が4年生。
開始からしばらくは、ほとんど相手ペースの試合。
大きいせいか、高く上がったボールのファーストタッチは、
ほとんど相手に取られた。
位置取りも良いのか、こちらがボールを取ってパスをつなごうとしても、
すぐカットされることが多い。
中盤が固く、なかなか突破できない。
押され気味のうち、何度か相手にシュートされ、キーパーが頑張っていたが、
高めの難しいボールをうまくキャッチできず、とうとう1点入れられてしまった。
ここで一度タイムなのか、各チーム、ベンチに戻った。
相手チームは、よく声が出ていた。
浦河はおとなしい。
お母さん達も 「声出してー!」と応援した。
形は悪くはなかったけれど、なかなか思うように前までつながらない。
息子は左トップだったが、なかなかそこまでボールが来ない。
点が入らないまま前半終了。
何とか後半、頑張って1点入れてほしい!

後半、浦河にも何度かチャンスの場面があったが、
なかなかシュートまでつながらない。
でも、前半よりはだいぶ良い感じで頑張っていた。
何度かピンチもあったが、キーパーが頑張って止めてくれた。
キーパーの子が、金曜日の練習でつき指をしてしまい、
だいぶ腫れて、今日もテーピングをしての出場だった。
ボールが当たるとかなり痛かったと思うが、頑張って何度も止めてくれた。
キーパーに負担をかけないように、その前までにもっとみんな頑張って
止めなくちゃ。
早く1点取って~!と祈るような思いで応援した。
コーチが何度も息子に位置取りの指示を出していた。
ボールを取ったら、すぐ前に出ろと指示されていた。

息子までボールが渡り、ゴール前に近づいた。
私を含め、お母さん達の応援にも熱が入り、
「Kきー!Kきー!」と叫んでいた。
何とか1点入れてー!!と祈りながら応援した。
Kきは後ろから上がってきていたエースのTもにパス。
Tもがそれをシュート!
でも残念ながらキーパーに止められてしまった。
惜しい~!!
点は入らなかったけれど、良い攻撃だった。
その後もなかなか決めれないまま、ロスタイムとなり残り1分の表示が出る。
頑張ってー!
攻めろー!
1点取るぞー!
ガンバレー!
子供達も一生懸命頑張っていたが、決めきれないまま、試合終了のホイッスル。
結果は0-1で浦河の負け。

内容的には悪くなかったし、本当に惜しかった。
勝てなかったけれど、何度かピンチがあったのに、1点で抑えたのはすごい。
みんな、よく頑張ったと思う。
トーナメントなので、これで浦河の試合は終了。
全道への夢は消えたけれど、これをばねにまた次の試合に向けて、
頑張ってほしい。
みんなよく頑張ったね!お疲れ様!



少年サッカー  スポーツ

最近の状態



最近の膝の状態について。

練習後はアイシングするように心がけている。
最近、忙しさもあって、なかなか思うようにトレーニングはできていないが、
アイシングとストレッチはするようにしている。
本当は、練習後すぐにきちんとストレッチしてアイシングできれば良いのだが、
練習日が読み聞かせと重なっているため、練習を途中で終えてすぐ読み聞かせに
行くので、それが終わって帰って来てからになってしまう。
帰って来てからも、子供が帰ってくる時間や、買い物などで、
結局、夜になってしまうこともあるが、入浴後は必ずアイシングしている。
練習中、少し膝が痛い時もあるが、水がたまったりはしていない。
膝の状態としてはそれほど悪くはないんだと思う。

そう言えば、以前は膝を曲げ伸ばしする度に、お皿がひっかかるような感じが
したり、音が鳴ったりしていたが、最近は感じなくなった。
お皿のひっかかりについて、以前ネットで見つけたコラムがあったのだが、
厚生労働省のページだったようなのに、新サイトができたらしく、
以前のページは見れなくなってしまっている。
新サイトでは、以前の古い情報は載っていないようなので、
見つけたコラムに書かれていたことを少しだけ抜粋してみる。↓

寝込まないための脚筋のチェックと脚筋力の強化(その2)
   -大腿四頭筋の萎縮の中期段階への対策-

 大腿四頭筋(太ももの表面の筋肉)は名のとおり4本の筋肉から
なっています。この4本の筋肉と膝のお皿とは切っても切り離せな
いほど密接な関係にあります。
4本のうち2本の筋肉がひざのお皿を真上に引き上げ、外側の筋肉
と内側の筋肉とが、均等に外側と内側を引っ張りあっていることが
バランスのとれた大腿四頭筋ということになります。(中略)
 大腿骨の外側から端を発し、ひざのお皿の少し外側に付着してい
る筋肉(外側広筋)は、お皿を外側情報に引っ張り上げる働きをし
ています。一方、大腿骨の内側から端を発し、お皿の少し内側に
付着している筋肉(内側広筋)は、お皿を内側後方に引っ張り上
げる働きをしています。
 運動不足に陥ると内側広筋の萎縮は大きく、外側広筋の萎縮の
仕方が少ないために、外側広筋と内側広筋との間にアンバランス
が生ずることになります。そのために、お皿を内側情報に引っ張り
上げる内側広筋の力は減少します。しかし、外側広筋の衰え方が
少ないために、外側上方に引っ張り上げる外側広筋の力が優位
となり、お皿は外側に大きく引っ張られることになります。膝蓋骨
(お皿)が外側に大きく引っ張られると、お皿の一部が大腿骨の
一部と擦れ合うことになります。
         -堀居 昭 日本体育大学教授 医学博士


この記事には、わかりやすい図の説明もあり、私のお皿のひっかかり感は、
まさにこのような状態なのではないかと思っていた。
でも、診察に行っても私の説明が下手なのか、いつも期待する答えは
返って来ず、いつもすっきりしないまま診察を終えていた。
でも、ブログを通じてトレーナーであるひめパパさんと知り合い、
色々とアドバイスをくれ、トレーニングメニューまで作ってくれた。
ひめパパさんからも、内側広筋の働きが弱いため、外側広筋にばかり刺激が
いき、膝のお皿が外側に索引され、それが原因でお皿の動きが悪くなる、
いわゆるPF障害の可能性が高い、と指摘された。
ドクターからは違うと言われたけれど、私はひめパパさんの言うとおりだと
思っている。
それからは、ひめパパさんに教えられたトレーニングメニューを続けていて、
最近はちょっとサボり気味だけれど、ずっとパテラモビライゼーションや脂肪体と
膝裏のマッサージを続けていたせいか、お皿の動きも良くなってきて、
お皿がひっかかるような感じやずれるような感じがしなくなってきたんだと思う。

アキレス腱の方も、何となく痛いことは痛いのだけれど、
膝の手術をする前は、練習後は痛くて歩けなくなることもあったけれど、
最近はそれほど痛くはない。
手術後、ミニバレーをやっていないにも関わらず、ずっとアキレス腱の痛みが
取れず、整形でも診てもらっていたけれど、ドクターからは、
「運動を休めば良くなる」と言われたりして、「運動してないのに痛いんです
けど?」と反論してみたりしていたけれど、それまでも、しばらく運動を休んで
安静にしていれば痛みが治まることもあったが、それは根本的に直った訳
ではないので、運動するとまた痛くなるということを繰り返していた。
整形で診てもらっても、「運動休んで安静」とか「ストレッチして」とか言われる
だけだし、以前、整骨院で電気治療をしてもらったりもしたが、完全には治らず、
慢性的な痛みは仕方ないのかなと思っていた。
でも、教えられたストレッチや筋トレなどやるようになったからか、
少しずつ、良くなっているような気がする。

ひめパパさんに指摘されたことの一つに、ふくらはぎや足首の固さがある。
以前から体全体の柔軟性がないことには、自分自身でも気づいていた。
これでも、数年前よりはマシになった方だ。
学生の頃は、もっと柔らかかったのに、社会人になってから
ほとんど運動していなかったせいか、5年ほど前は前屈で床に手が届かない
どころか、膝くらいまでしか手が届かないくらい固かった。
今は一応、床に手が届く。
でも、やっぱり固い。
固いせいか、肩こりもひどいし、色んなところが不調だ。
膝をケガしたのも、ふくらはぎや足首の柔軟性のなさからだと、指摘された。
ふくらはぎが固いと腿の前が連動して固くなり、腿の前が固いと骨盤の前が
下がって腰が反る。腰が反れば背骨の中央が後ろに倒れ、倒れると今度は
肩の位置が前方へ異動し猫背になり・・・なんていうふうに人間のカラダは
連動する、と。
だから、膝が悪いからトレーニングは膝だけとはならない。
常に全身を見渡し、全ての体力要素をバランス良く強化していくことが大事。
ひめパパさんのブログを読んで、まさにそのとおり!と思った。
そういう納得できる答えやアドバイスが、ドクターからはなかなか返ってこない
のが残念だけど、ひめパパさんに教えられたトレーニングを、
できるだけ頑張って続けていこうと思う。

前回の診察の記事で、腸脛靭帯炎について、ひめパパさんがコメントをくれ、
また色々とアドバイスしてくれ、ストレッチやトレーニングメニューを
またブログにUPしてくれた。
腸脛靭帯炎に関しては、後日改めて書く予定。




医療・病気・治療  心と身体

腸脛靭帯炎



手術後、リハビリを始めるようになってから、膝から脛の外側にかけて
痛むことが多かった。
色々調べると、腸脛靭帯炎らしい。
腸脛靭帯炎についての説明は下記HPを参考にしてください。

症状からみる病名チェック:腸脛靭帯炎

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

腸脛靭帯炎のことを診察で聞くと、安静とか湿布とか、
そんなことしか言われない。
膝の手術をするまで、腸脛靭帯が痛かったことは今までなかった。
手術後、可動域制限があり、膝はいまだに完全にまっすぐにはならないのだが、
そのため、動きが悪かったり、バランスが悪いために腸脛靭帯炎になったのでは
ないかと思っていた。
診察では、いつも色々なことを聞くんだけど、私の説明が下手なのか、
本当に私の期待するような答えは返ってこない気がする。
やっぱり一般の整形外科とスポーツ整形との違いなんだろうか・・・?
K先生は、人柄は良いし、説明もよくしてくれるし、他の患者さんからの評判も
悪くないようなので、もっともっと勉強して、
より良いドクターになってもらいたいと思うのだが。

それはさておき、腸脛靭帯炎について。
先日の診察の記事にひめパパさんがコメントしてくれた。
コメントを一部、抜粋してみる。↓

  MさんはVM(内側広筋)の働きが悪いのでITBにかたさが出るのは
  必然なんです。それが原因で腸脛靭帯炎になるんです。
  ですからとりあえずITBのストレッチングを徹底すれば痛みはひきます。
  シップなど何の役にも立ちません。
  ITBのストレッチング方法は後日私のBlogに画像をアップしておきます。
  それまではアイシングと大腿部外側&臀部外側のセルフマッサージで
  しのいでいてください。
  運が良ければそれだけでも痛みはとれるかもしれません。

ITBとは、臀部外側と大腿部外側のこと。
このコメントを読んで気づいたが、実は以前すでに、ひめパパさんからメールで
色々と教えてもらっていて、腸脛靭帯炎のことも説明してくれていた。
(一部抜粋)↓

  腸脛靭帯炎の原因
   ①動きの悪さ
   ②アライメント(O脚とかX脚とか)
   ③柔軟性不足

  原因は3つなんですが、
  その原因をつくったそのそもの問題点は何かと分析するのが大事で、
  そうなると、これまた個別にいたるまでのプロセスは
  沢山のパターンがあります。

  MさんがO脚やX脚という、そういうアライメント上の問題でないとすると
  動きの時の股関節や膝、足首の使い方の問題。・・・か、
  あとは、過去のスポーツ歴がなにか関わっていたり、
  あとは、リハの内容で、ゴムバンドを膝にまいて膝を開くトレーニングしてるって
  言ってましたよね。
  その種目は必要な種目ではあるんですけど、もともと柔軟性のないMさんの
  場合、その強化の種目と合わせて、そこをほぐす何か対策を並行して行なう
  ことがセオリーなんです。
  おそらくそれはなかったと思うので、リハすることで二次的にマイナス面が
  出てしまったとも考えられる。
  強化がすすむ反面中臀筋はかたくなるわけです。
  オシリがかたくなるとすぐその隣に大腿筋膜腸筋があって
  それも連動してかたくなる。

  それがかたくなるとその筋肉の反対側(停止部)になるのが
  腸ケイ靭帯なんです。
  風がふけばおけ屋が儲かる的な連鎖が起こってそれで腸ケイ靭帯炎が
  発症する。
  実はこれ、すごく多いパターンなんですよ。
  まずは痛むところのアイシングの徹底
  それとオシリのストレッチング&オシリの横をよくマッサージ。ですね。

ということをすでに教えてもらっていたのに、学習能力がないのか、
おしりの固さからきている、ということをすっかり忘れていた。
ここですでに『オシリのストレッチング&オシリの横をよくマッサージ』と
言われているのに。
VM(内側広筋)の働きがいまだに悪いのも、ITBが固いのも、
ストレッチやトレーニングをサボっていたせいだと思う。(^_^;)

最近は教えてもらったストレッチやアイシング、マッサージをしているせいか、
以前より腸脛靭帯の痛みが少なくなった気がする。
以前は、神経痛のように、常に腸脛靭帯の辺りが何となく痛かった。
でも最近は、痛みを気にせずにいられることが多い。
アイシングとストレッチ、マッサージの効果だと思う。

ストレッチの方法は、ひめパパさんがブログにUPしてくれていた。

ひめパパのKAZU・Blog:25日・腸脛靭帯炎

こちらに載っているストレッチと筋トレのすべてはこなせないが、
できるものを取り入れてやっている。

①腰椎と骨盤の歪みを矯正するストレッチング
②ワキバラのストレッチング
③臀部外側と大腿部外側のストレッチング
④膝をまっすぐにしておき、腰をまよこに左右交互に動かす  
⑤腸腰筋のストレッチング ※
⑥ハムストリング(太もも後ろ)のストレッチング ※
⑦ふくらはぎのストレッチング
⑧坐骨神経のストレッチング
⑨大腿筋膜張筋のストレッチング  ※
⑩大腿筋膜張筋と股関節の内転筋のストレッチング
⑪臀部外側と大腿部外側後面のストレッチング
⑫体幹&股関節の筋トレと姿勢維持とストレッチング  ※

このうち※印のついている⑤はこの姿勢だとちょっとつらいので、
違う姿勢でやっている。
ちょっとわかりづらいけど、この両手を着いた姿勢。↓

腸腰筋のストレッチ

下半身を綺麗に見せるストレッチ~腸腰筋


それから、⑥をやると膝が痛いのでやってません。
⑨と は難しくてよくわからないのでやってません。
 ※間違ってました。⑪じゃなくてです。
 

筋トレに関しては、ほとんどできていない状態。
気合入れて頑張ろう!って思ってたのに、なんだか時間がない。。。
あ!そうか!
バレーボール女子のWGがテレビでやっているので、
最近ずっとバレーを見ていて、遅くなってしまうからだ・・・
その前も最終予選、ずっと見てたし・・・
テレビの時間が長いから、あっという間に寝る時間になってしまう。
バレーも終わったし、また頑張ってトレーニングしよう! 




医療・病気・治療  心と身体

最近の状態その2



最近の体の状態。
膝やアキレス腱のことは前回書いたので、他の部分のことを少し。

数ヶ月前から、左足の股関節というか、臀部外側が痛い。
手術した方と反対側。
手術した右膝がまっすぐに伸びないせいか、どうしても左足に
体重がかかってしまう。
なるべくまっすぐ立つようにしてるのだが、無意識のうちにかばっているのか、
長時間立っていたりすると、どうしても左に重心がかかる。
常に左に負担がかかっているんだと思う。
元々、左の方が悪かったのかもしれない。
昔から、腰痛持ちで、左側だけ坐骨神経痛になったりしていた。
だから、元々悪い左をかばっているせいで右をケガしたのかもしれない。
そういうことから考えても、すごく体のバランスが崩れていると思う。

それから、2日前に夜中寝てる時に、ふくらはぎがつってしまった。
すぐ立ち上がって、つま先を持って手前に引っ張るとおさまった。
以前から、足がつることがたまにあったのだが、最近はなかった。
久々にあの痛さを思い出した。
足がつるのは水分不足とか、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどの不足、
筋肉の疲労、骨盤のゆるみなどが原因と言われていますが、
最近試合に向けてミニバレーの練習してるので、疲労もたまっていたのかも。
次の日も、ふくらはぎを押すと痛みがあったので、今週はバレーはお休み。
以前、試合中につりそうになったことがあったので、
試合の時は水分不足にならないように気をつけなくちゃ。




医療・病気・治療  心と身体



とうとう試合まであと少し。
練習できるのは今日と明日の2回だけになってしまった。

今日は10人いたので、一人ずつ交代で抜けながら練習した。
こちらのチームは一人お休みだったけれど、今回は試合には出ないけれど、
練習に来てくれた人がいたので良かった。
もう一つの方は試合メンバー5人が揃っていた。
あちらは若者チームでパワフル。(笑)
波に乗ってるときはガンガン決まって調子が良い。
でも、いったんリズムが崩れると、なかなか立て直せない。
今回、チームを決めて練習を始めたのが遅かったので、
ぴったり合うようになるまでには時間が足りなかったけれど、
どちらのチームも、雰囲気は良いと思う。

普段はくじびきやじゃんけんでチームを変えながら練習していて、
すごく競る場合もあるし、あっけなく終わることもある。
上手な人が固まったからといって、必ずしも勝つとは限らない。
人によって、スパイクやトスも色々ある。
低いトスが多い人、高いトスが多い人、早いトスを打つのが好きな人、
高いオープントスが合う人、とそれぞれのクセがある。
それぞれがうまくかみ合うと、良い感じで決まるけれど、
人によっては、この人のトスが打ちやすい、とか色々ある。
本当は、どんなトスでも上げられて、どんなトスでも打ち切れるようになるのが
ベストだけれど、なかなかそう簡単にはいかない。

私自身、どちらかというと高いオープントスは苦手。
学生の頃はセンターとライトのポジションをやっていたせいか、
早いトスやライトの方が得意な気がする。
本バレーをやっていた頃は、ネットが高かったので、
なかなか思うように打てなかったけれど、
ミニバレーはネットが低いので気持ちよく打てる。
昔はレスト平行とか、ネットに近いトスは苦手だったけれど、
ミニバレーをやるようになってから、近いトスや早い平行トスの方が好きになった。
早いトスだとブロックがつきづらいからかもしれない。
早い平行が上がると、ついストレートを狙ってしまう。
めちゃめちゃ好きなトス。
でも、切り過ぎてアウトになってしまうことも多い。
最近はまだ感覚が完全に戻ってないのか、すごく私の好きなトスが上がっても、
気持ちの良いストレートを決めきれない。
ナイストスなのに、ストレートを狙いに行ってアウトになってしまうと、
めちゃめちゃ凹む。
良いトスを上げてくれているセッターに申し訳ない。
試合ではなるべく無難に決めれるように、丁寧に打つことを心がけようと思う。

あとはもっとよく見てフェイントもやらなくちゃ。
今日は少し、見て前に落とす余裕があった。
でも、試合になると余裕がなくなるので、なかなかフェイントもできない。
今回は思いきりビシバシとはあまり打てないので、
効果的に点を取れるように頑張ろうと思う。
今日はスパイクはストレートがアウトになるミスは多かったけれど、
エンドラインを大きくオーバーするようなミスはなかったし、
インナー側にも軽めに狙って打てたので、ちょっとだけうまくいったと思う。

でも、問題はレシーブ。
まだレシーブは思うように動けない。
つっこんでいけば取れるボールはあるけれど、まだそれは怖いし、
この状態ではやっちゃダメだと思うので、セーブしている。
以前なら、問題なく拾っていたボールが拾えないのは悔しいけれど、
できる範囲で頑張ってレシーブする。
前に落とされるボールは仕方ない。
でも、サーブレシーブはもっときっちり上げたい。
膝が思うように使えていないせいか、なかなかきっちり上げることができない。
とにかく上に上げて、みんなにつないでもらうしかない。
みんなカバーしてくれるので大丈夫。
スパイクレシーブは、コースに入っていれば何とか上げることができるけれど、
インナーに打たれると無理。
クロス側はちょっとつらい。

今日はこちらのチームはエースの子がお休みだったけれど、
結構良い感じだった。
勝ったり負けたりだったけれど、みんなよくカバーしてつないでいたし、
バックにも良い感じに上げられるようになったし、
今日はセンターにも結構上がっていた。
ちょうど私と対角の子が、センターにも効果的に上げてくれていたので、
私もバックセンターから何本か打ったけれど、結構決まったので良かった。
まだスパイクも自分の中では8割くらいの力で打ってるつもりなので、
ちょっと力を抜いてる分、正確に打ててるのかもしれない。
そういえば、今日はあまりブロックされなかったかも。
あとは明日しか練習できないけど、明日はもっとコースの打ち分けを練習しよう。

今日はもう一つ、ブロックが良かった。
結構ブロックできたので、試合でもこの調子でいきたい。
以前はクロススパイクがなかなかブロックできなかったけれど、
今日はクロスも結構止められた気がする。
でも、まだ早い動きがなかなかできないので、ブロックにつけないことが多い。
トスを振られると、間に合わないので、あきらめてレシーブに入る。
私の両側の子には、負担をかけてしまうけれど、今日は一枚ブロックで
結構止めてくれていて助かった。

ちゃんと試合に出るのは一年ぶり以上になる。
まだ無理はできないので気をつけながらやろうと思う。
目指せ1勝!!



バレーボール  スポーツ

最近の状態 その3



昨日のミニバレーの記事に体の調子のことも書いたが、
長かったのでやっぱり分けることにします。

三連休にキャンプに行っていて、長時間車に乗っていたのと、
テントで下が固かったためか、体が痛かったりしていた。
肩こりと背中もちょっと痛いし、やはり車に長時間乗っているのが良くないのか、
また腰も痛い・・・
もちろん膝も痛かったけれど、昨日は膝の痛みはそれほどなかった。
前日は腰が結構痛かったけれど、昨日、ミニバレーで動いたのが逆に良かったのか、やり始めは腰が痛かったけれど、今はそうでもなくなっている。
昨日はバレーに行く前と帰って来てから、きっちりストレッチしたからその効果かも。
でも、背中と肩はイマイチ。

それと、左ふくらはぎがちょっと張ってる感じ。
先週、夜中につってしまって、2~3日は痛みが残っていたけれど、
もう痛みはなくなっていたのに、やはり無理はできない。
ふくらはぎが張ってる時は、アイシングした方が良いのかな?
それとも温めた方が良い?
足がつった時は冷やしちゃダメ、って調べたら書いてあったけど・・・
左足はアキレス腱周囲炎もあるが、最近、アキレス腱の痛みはそれほどない。
でも、ふくらはぎは調子悪いので、ちょっと心配。
試合当日は無理しないようにしよう。
無理するとアキレス腱切りそうなので。汗

右足の腸脛靭帯炎は、ストレッチなどの効果か、だいぶ良くなってる気が
していたが、日によって、痛かったり痛くなかったり。
アイシングとストレッチを継続しよう。
あと左側の臀部は相変わらず痛い。
臀部外側も痛いけど、腰からきてるのか、腰からおしり、
大腿部にかけて坐骨神経痛みたい。

こうやって書き出していくと、膝よりも他の場所の方が痛いかも。
膝はお皿の上の方がちょっと痛い。
いつもは外側とか、膝裏の外側の方が痛かったりしていたけれど、
今日の練習中、外側や膝裏の痛みはなかった気がする。
先週はなぜか膝の内側の裏側が痛かったけれど、今は痛くない。
こういうふうに、その時によって痛い場所が変わったりして、
診察に行った時は、ここが痛かったり、こっちが痛かったりする、と答えるのだが、
それに対する明確な答えはいつも聞いてない気がする。
半月板だとか靭帯だとか、骨折だとか、そういう画像に写るような明確なことしか、
ドクターも興味がないのか、わからないのかもしれない。
地元の整形の先生なんて、痛いとか言うと、すぐ飲み薬(痛み止め?)出そうと
するけど、薬で痛みを抑えても根本的な解決にはならないと思う。
本当は私はちゃんと体を直したい。
痛いのは確かに困るけど、痛みよりも、きちんと左右同じバランスで
立てるようになりたい。
完全伸展できていない膝だから、バランスも崩れてるんだと思うし、
それによって、色んなところに負担がかかったりしているんだと思う。
薬もらって安心しているお年寄りとは訳が違う。
そういうの、整形の先生ってわからないのかなと思ってしまう。
日常生活できてるんだから問題ないでしょ?って雰囲気。
あ、なんだかまた愚痴になってきたので、この辺でやめとこう。

ちょっと追記。




医療・病気・治療  心と身体

試合当日!



とうとう試合当日。
昨年は応援には行っていたが、自分が本格的に試合に復帰するのは
約一年半ぶり。
ちょっと緊張してきた・・・

うちのチームは3試合目だったので、少し余裕ができて良かった。
1試合目に当たると、アップはろくにできないし、体は動かないし、
緊張するし、といった感じで、調子は上がらないけど、
今回は1試合目じゃなかったので良かった。
でも2試合目の審判が当たっていたので、試合前に別の緊張で疲れた。(^_^;)
主審をやるのは緊張する。
でも、今回のブロックは、それほど怖いチームじゃなかったので良かった。

いよいよ試合開始。
うちのチームは5人で、私ともう一人が交代で出ることになっていた。
まずは私が抜け、4人で出てもらった。
最初に当たったのは、いつも1位~3位までを争っているような強豪チーム。
しかも、そのサークルの中でも、ベテランの上手な人が固まっていた。
でも、相手がこちらは初心者だと思いナメてかかっていたのか、
結構競っていて、途中までは良い勝負だった。
1セット目は結局11-15で負けてしまったけど、
この相手にここまでやれたらすごいと思う。

2セット目は、私が入った。
久々の試合で緊張。
でも、とにかく声を出してひっぱっていこうと思い、頑張った。
相手もヤバいと思ったのか、だんだん本気を出してきた。
本気出されたらさすがにかなわない。
でも、良いところまで行ってジュースになったけど、負けてしまった。
もうちょっとで勝てそうだったんだけど、残念。
でも、良い感じだったと思う。

3試合空いて、2試合目。
また1セット目は私が抜けた。
相手のサーブが良くて、サーブレシーブが上がらず、
連続してポイントを取られてしまった。
5点差くらいついてしまい、タイムを取る。
でも、その後もサーブカットが乱れ、つながらない。
相手がミスしてくれてやっと回ったが、こちらもサーブミス。
思うようにいかないまま、ズルズルと点を取られてしまい、
声をかけたりタイムを取ったりしたが、ここまで差がつくと無理かなと思った。
このセット、結局5点くらいしか取れてなかった。
2セット目は私が出た。
何とか頑張ってこのセット取りたい。
1セット目がボロボロだったので、切り替えて行こう、と声をかける。
2セット目は、良い感じで進んだ。
ここは頑張って取りたいと思ったので、私も頑張った。
みんなの動きも良くなってきて、良い流れで点が取れ、
このセット勝利!
よっしゃー!
3セット目、向こうもヤバいと思ったのか、本気を出してきていた。
点差がつくと厳しいので、早く1歩抜け出したかったが、競り合いだった。
最後の方で、私も何本か決め、連続してこちらのチームがポイント。
最後は相手のトスがバックライトに上がるのを私が読んで、
自分で言うのもなんだけど、きれいにシャットアウト!
相手の顔にもろに当たってしまって申し訳なかった。
この試合、勝てて、なんとこれがこのチームでの初勝利!
今回、3回目の出場だったけど、今まで1セット取った試合はあったけれど、
まだ勝ったことがなかったので、今回も1勝が目標だった。
2試合目で、目標達成しちゃった!

次の試合までの間に、最初にうちがやった相手と、次にうちが当たる相手が
やっていて、1セット目は次に当たるチームが取って、
2セット目は最初の方が取った。
それを見ていて、
「これ、次の当たる方が勝って、次にうちらがそこに勝っちゃったら、
(1敗同士が並ぶからセット率で)もしかして優勝できるかも?」
なんて夢みたいなことを言い出しちゃって、
ちょっとだけ期待してしまったけど、やっぱり最初のチームが勝った。
まぁ、次のところも強いので、そう簡単に勝てる訳ないんだけどね。

次の試合、また1セット目は抜ける。
相手はベテランで、上手い。
こちらも頑張ったけど、そう簡単には勝てない。
2セット目、私が出たけど、やっぱり勝てなかった。
でも、全然、歯が立たないという訳でもなく、結構良いところまで頑張ったと思う。
前回、前々回に出場した時よりも、絶対みんなレベルアップしてる。
すごく拾ってつないでいたし、トスもバックにも上げられるようになったし、
本当にみんな上達したと思う。

最後の試合も私は1セット目は休み。
これまで1セット目は取れてなかったから、何とかこの試合は1セット目から取ってもらいたい。
相手は今回、人がいなくて急遽参加した人もいたとのことで、
あまり練習できていないせいか、ミスも多かった。
こちらは良い感じでポイントを決め、とうとう初めて1セット目から勝利!
私と交代する子が、始まる前に、自分が出るより最初から私が出た方が
勝てるんじゃない?と気にしていたが、せっかく頑張って練習してきたんだし、
この試合で終わりだから、頑張って!と声をかけ、1セット目送り出した。
だから、このセット勝てて、本当に良かった。
彼女もちょっと気持ちが楽になったと思う。
2セット目、最初のうちこちらが3ポイントくらいリードしていたが、
途中、追いつかれてしまい、接戦になった。
ちょっとこれはこのまま行くとヤバいかも、と思い、頑張った。
この試合勝てば3位だったし、3セットやるのもキツイ。
何とか踏ん張って、勝利!
ふぅ~。良かった!

今回、4試合やって、2勝2敗で初の3位入賞!
初勝利で2勝できて、今回はチーム数が少なく、1ブロック5チームだったから、
3位になることもできて、すごく良かった!
みんな本当によく頑張ったと思う。

もう1チームの方のブロックは、強いチームが多かったこともあり、
1勝しかできなかったが、目標は達成。
3セットまで行った試合があって、勝てそうな相手だったのに惜しくも
負けてしまったが、次回は頑張って勝てると良いな~。
今回、全部の試合、時間がかぶってしまっていたので、
ほとんどもう一つの応援ができなかったのが残念だった。
もっと応援する時間があって、効果的にタイムを取ってあげられれば、
もっと勝てていたかもしれない。
でも、そちらのチームも、楽しくできたようなので、良かったと思う。

久々の試合で、ちょっと緊張したけれど、何とか思ったよりもやれたと思う。




バレーボール  スポーツ

試合後の状態



昨日は試合後、家に帰ってからすぐアイシングして、
入浴後にまたアイシングとストレッチ。
練習でも、練習後はアイシングとストレッチを行なっていたから、
膝が腫れたりすることもなく、調子は悪くなかったと思う。

でも、さすがに試合はいつもの練習よりもハードだったせいか、
夜の打ち上げの時に、膝や脛が痛くなっていた。
暑いし久々にスカートを履いて行ったから、足が冷えて悪かったのかもしれない。
神経痛みたいな感じで、足が痛かった。
膝も何となく痛い。

次の朝、膝の痛みはほとんどなかったけれど、
大腿部が筋肉痛で、腕も痛かった。
練習ではセーブしてやっていたから、試合ではいつも以上に動いていたからだと思う。
試合では半分しか出てないので、5セットしかやってない。
普段の練習の方がもっと長くやっているのに、
試合になると、やはりいつもとは動きが違うということだろう。
あまり無理はしないようにしていたけれど、多少、無理したかもしれない。

でも、やっていて膝に違和感や痛みを感じたら、すぐ交代するつもりだったけれど、
そういうこともなく、無事に動けたので良かった。
10日ほど前に、ふくらはぎがつってしまい、次の日も違和感が残ったりしたので、
試合中につってしまうかもしれないと心配していたが、それも大丈夫だった。
でも、ふくらはぎの張りがなかなか取れず残っていたので、
アキレス腱も心配だったけれど、アキレス腱も無事で良かった。
その辺は心配だったので、なるべく予測せずにとっさに動くことはしないように
気をつけていた。
本当はこんな状態で試合に出るのは無茶だったかもしれないけれど、
ずっと試合にも出られなくて、ストレスもあったし、
みんなで作ったチームだから、みんなと一緒に試合に出たかった。
みんなには心配もかけたと思うけど、みんなと楽しんでやれて良かった。
次は、もっと動けるようになって試合に出られると良いなと思う。





医療・病気・治療  心と身体

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。