05月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



今日は韓国戦についての感想。
男子バレーは、昔から韓国とは宿敵だった。
過去、韓国は日本との試合になると、妙に気合が入っていた気がしますが、
最近は日本が勝っているようです。

第1セット、韓国は若手主体で、実力的には日本の方が上な気がするのに、
点数はなぜかシーソーゲーム。
なんか変な感じ。

第2セット、日本のミスが多く、韓国にリードされてしまいます。
嫌な流れになってきました・・・
途中からゴッツを下げて荻野が入りますが、日本のスパイクがなかなか決らず、
セッターを宇佐美から朝長へ。
途中、こういう時こそセッターを替えて流れを変えろー!と思っていたので、
やっと朝長を出してくれて、植田監督、ありがとう!という感じでした。
替わって入った朝長が、気迫のレシーブで流れを変えようとします。
何とか追いつこうとしますが、結局21-25で負け。
まずいですね・・・
日本はミスして自滅という感じでした。
ここまで好調だった山本が、この試合、いつもの山本に戻ってしまったような・・・?

第3セット、セッターは朝長です。
朝長、頑張って!
朝長が積極的にセンターを使って、良いリズムを作ってくれました。
センター線を使ったことによって、ブロックが振られ、
ゴッツもめちゃめちゃ決ってました。
イタリア戦、イラン戦、共にゴッツが目立ってなかったので、
もっとゴッツも使ってほしいなぁ、山本、越川以外にもどんどんトスを回してほしい、
と思っていたのですが、朝長君、センターとゴッツを効果的に使ってくれました!
ただ、山本とはイマイチなのか、山本、なかなか決りませんでしたね~。

第4セットも序盤はシーソーゲーム。
山本がイマイチなので、途中で清水投入。
最初のうち決りませんでしたが、清水のスパイクも決りだし、
25-19で日本が勝ちました。

この試合、ストレートで勝てても良かった気がしますが、
まぁ、勝てたので良かったです。
今日はセッター朝長が頑張ってくれて、安心しました。
朝長のトス回し、良かったと思います。
宇佐美は、山本と越川にばかりボールを集めてたから、
試合が続くと、絶対、相手に読まれちゃうぞーと心配していたので、
朝長が、うまくセンターやゴッツも使っていたので、良かったです。
ただ、朝長君になると、山本がダメなのは困ったもんです・・・
セッター宇佐美だと山本は絶好調だけど、他が光らず、
朝長だと山本がだめ・・・
どうして、どんなトスでも打ち切れるような選手がいないんでしょうか・・・?
全日本なんだから、どんなトスでも決めれるエースになってほしいわ。
とりあえず、今日はゴッツがやっとゴッツらしいプレーを見せて、
吠えていたので安心しました。

スポンサーサイト


バレーボール  スポーツ



日本は現時点でアジア1位に浮上しています。
先日、オーストラリアが韓国に負けたので、日本は今日のオーストラリア戦に勝つと、
北京への切符をほぼ確実にすることになります。
勝って堂々とアジア1位になって、切符を勝ち取ってほしいと思います。

第1セット、序盤からレシーブが崩れまくりで、あっという間にリードされてしまいます。
あれあれあれ??
津曲、全然拾えてません。
サーブカットもミスるし、まさかのチャンスボールお見合い!
何?何?
今日、津曲、全然動けてないよ~~~。
リベロが全然、機能してません。(T_T)
植田監督、すぐさま越川を下げて荻野投入。
解説陣も言ってましたが、決して越川君が調子悪いという訳ではなく、
嫌な流れを断ち切るために、レシーブが良くて、
リーダーシップを取れる荻野を入れたんですね。
今日の植田監督の采配は、とっても良かったと思います。
守備はばっちりの荻野、崩れません。
日本追い上げ、シーソーゲームに。
そして荻野の技ありのスパイクが決り、人差し指を突き上げた荻野に、
ゴッツがめちゃくちゃ喜んで抱きついてたのが印象的です。
ゴッツ、そんなに荻野が好きなのね・・・(笑)
対するオーストラリア、キャロル、キャロル、そこしかありません。
日本はキャロルをブロックでシャットアウト!
日本、頑張って25-22で取りました!

第2セット、序盤からシーソーゲーム。
日本は山本やゴッツのスパイクも決まり、そして山本が
2本連続サービスエースを決めてくれました!
朝長は積極的に松本の速攻を使って、それが後からゴッツの時間差攻撃に活きてました。
荻野の気迫のこもったスパイクに、ゴッツも大爆発。
朝長、うまくゴッツのバックアタックを使ったりと、トスアップ、冴えてました!
途中、チャンスボールをまたもお見合いで、津曲どうしちゃったの?!と
心配になりましたが、何とか28-26で取りました。

第3セット、何とか良い流れのうちに、このセットで勝ちたい。
序盤、松本がブロックにクイックに頑張ります。
オーストラリアはキャロルしかいません。
ところが、日本もまたもやお見合い。
今日は何度、チャンスボールをお見合いしてしまったことか・・・
でも、相手もミスが多く、シーソーゲーム。
何とか山本、荻野の活躍で、23-18。
でも、ここからまさかの4連続失点。
イタリア戦の悪夢がよみがえる・・・
ジュース、ジュースの連続。
このセットで決めないと、嫌な流れになってしまうので、何とか決めてほしい!
山本、荻野が頑張って、何とか29-27で勝ちました!

この試合、荻野キャプテンが満身創痍で頑張ってくれました!
気迫のこもったスパイクを決める度、ゴッツが荻野に抱きついてたのが
ほんと印象に残っています。
荻野・・・お父さんのような存在ですね(笑)
荻野が入って、ゴッツもめちゃめちゃ頑張って決めてくれました。
そして山本も、エースらしく今日は頑張ってくれたと思います。
韓国戦の時は、朝長のトスが山本に合ってない感じでしたが、
今日は頑張ったと思います。
朝長の強気のトス、良かったですね。
ただ、今日は相手もミスが多く、助けられた部分もありました。
相手にミスが多かったのに、接戦になってしまったのは、
今日はリベロの津曲が全然動けてなかったせいでしょう。
津曲さん、どうしちゃったの?
いつも絶対取れないようなすごいスパイクも拾ったり、
素晴らしいレシーブを見せてくれている津曲が、
お見合いとかジャッジミスとかするなんて、なんか初めて見た気がします。
でも、リベロが不調でも、頑張って勝てたことはとても良かったです。
明日の試合は、津曲さん、元に戻っていてほしい!

今日の試合のMVPは、バレー人生の集大成、という感じの、
1本1本、気迫のこもったプレーを見せてくれた荻野キャプテンですね。
これがオリンピックへの戦いだ、日の丸背負ってる責任だ、
これが全日本バレーだ!といった感じでした。
本当に伝道師です、荻野さん。
若手は多くのことを学び取っているはずです。
特にゴッツなんて、荻野の影響力、強いですよね~。
バリバリ活躍してた頃の荻野も知っているので、
なんか荻野が頑張ってる姿を見ると涙が出てきます。
荻野さん、本当に素晴らしいプレーをありがとう!

明日のアルゼンチン戦で、五輪行きを気持ちよく決めてほしいと思います。



バレーボール  スポーツ



アルゼンチン戦。
やりました!
日本、頑張りました!

バレーボール男子
 
16年ぶりオリンピック出場おめでとう!!


最終セットもジュースにもつれ込む大接戦でした!
本当に、本当に、全日本、よく頑張りました!
ほんとに勝てて良かった!!
荻野キャプテン、ありがとう!
植田監督、ありがとう!
勝てない暗黒の時代が続いた男子バレーを、よくぞここまで立て直しました!
本当に感動をありがとう!
荻野の涙、監督の涙、解説の中垣内さんの涙に詰まった言葉、
本当に、16年の重みを感じます。
私もテレビ見ながら泣きました!
今回の最終予選、久々に男子バレーで感動しました。
今日は本当にうれしい勝利、感動の試合でした。

試合についての感想は、時間があれば追記したいと思います。





バレーボール  スポーツ



久々の病院です。
昨日は小学校の運動会だったので、今日は学校はお休み。
昨日のうちに釧路まで来ました。
今日の予約は朝一の枠でお願いしていたので、9:00~9:30枠の一番目に名前がありました。
待っているとすぐに名前を呼ばれました。

K先生 「調子どうですか?」
私 「えーっと、良くはないです・・・(^_^;)」
K先生 「前と変わりませんか?」
私 「そうですねぇ・・・あんまり変わってません(^_^;)」
K先生 「他の病院で注射したりしてましたか?」
私 「してません」

診察台に横になるように言われ、いつものようにマックマレー検査などされる。
マックマレーの時に、膝は何ともなかったけれど、股関節が鳴っていた(^_^;)
いつもマックマレーされると股関節が鳴る。。。
膝の曲がりを確かめるために曲げられている時に、

K先生 「もうバレーボールやってるんでしょ?」
私 「ちょっとやってます」
K先生 「しゃがめる?」
私 「まだ完全じゃないけど、だいたいしゃがめます」

K先生 「お皿、だいぶ柔らかくなったね。傷のコリコリした所も柔らかくなったし」
私 「そうですねー」

K先生 「寒かった時よりも、今の方が(痛みとか)良くなってませんか?」
私 「う~ん・・・あんまり変わらないけど、でも、そうかも(^_^;)」

 ※先生、少しでも良くなってる部分を探そうと必死な感じ?(笑)

K先生 「前にも話したけど、半月板の切れた部分は切除して、ひっかかりは
      なくなったけど、すっきり痛みがなくなるってことはないかもしれない。
      半月板自体には痛みを感じる神経はないので、
      切れてるから痛むとかいうことはなくて、
      切れた部分がひっかかったする時に痛みが出る。
      本来ある物を取ってしまったことによって、将来、変形性膝関節症に
      なりやすくなるので、気をつけながらやっていかないとならない」
 ←※いつもと同じようなこと、また説明してくれましたが、
 細かい部分は忘れました(^_^;)

私 「今、痛いのって、手術前とは違う痛みっていうか、
   手術前の半月板がひっかかった時の痛みはなくなったんだけど、
   それとは違う痛みなんですけど・・・」
K先生 「それは、半月板を切除した部分の痛みもあるかもしれない」

K先生 「北大の先生にも言われたと思うんだけど、カメラを入れることによって、
      繊維が固くなる人もいて、ひどい人はもっと固くなるみたいなんだけど、
      Mさんはそれほど悪くはないと思う」

K先生 「おもり乗せたりとかしてますか?押したら痛い?」
私 「(おもり乗せるのは)やってません。最初の頃は押してもらった時に
   痛くはなかったんだけど、今は押されると痛い。前より固くなった気がする」
K先生 「あとは自力で伸ばしていくしかない」
 ←というようなことを言っていた気がします

K先生 「アキレス腱はどうですか?」
私 「痛いですけど・・・(^_^;)」
K先生 「いつも履いてる靴、これですか?」
私 「外で履いてるのはだいたいこれです」
 ※アキレス腱のことに関しては私もつっこまなかったせいか、
   特にこれといった話はなかった気がします。


K先生 「注射はどうしますか?注射は炎症を抑える効果もあるし、
      関節の中を滑りを良くする効果もあって・・・
 ←何回も聞いてるので効果はわかってるんですが、また説明してくれました。
      注射、とりあえずやめて様子見ても良いし、注射しても良いし、
      どちらでも良いですよ」
私 「注射してください」

いつものように注射してもらいました。
効いてるのかどうなのか、あんまりよくわからないんだけど、
ギシギシする感じはちょっと良くなるような気がするので、
とりあえず注射してもらってます。
もう何回も注射してもらってるから、注射されるのも慣れちゃいました。
そういえば、時々、膝がギシギシというか、ゴリゴリというか
鳴るような感じがするのを先生に言うの忘れてました。
      
椅子に戻って、また話をした。
またあれこれ話したんだけど、うろ覚えなので、話の順番は適当です。




医療・病気・治療  心と身体



全日高少年サッカー大会。
選抜(5~6年)は道新スポーツ旗&北電カップ全道大会の予選となる試合で、
4年生以下は交流大会。
昨年は3~4年生は人数がギリギリだったので、4年生以下の部のみの出場
だったが、今年は3年生が多いので、4年生以下に4年生と3年生の一部が
入り、3年生以下の部に残りの3年生が出場。

4年生の1試合目はえりもと対戦。
1試合目で調子が上がらないのか、なかなか点が入らない。
両チーム、得点がないまま前半終了。
形としては悪くはないので、なんとか後半、点を入れてほしい。
後半もどちらも点が入らない。
1点入れて~!と応援に熱が入るお母さん達。
結局、0-0のまま試合終了。
4年生の部はエントリーが4チームだけで、リーグ戦だったので、
引き分けのまま終了。
なんとか次の試合は勝ってほしい。

2試合目は平取と対戦。
1試合目、得点のチャンスがあったのに決め切れず引き分けで終わったせいか、
2試合目は開始からコーチの指示が飛ぶ。
なんとか早く点を入れて頑張ってほしい。
他のお母さんとそんなことを良いながら応援していると、
息子がシュート!入った~!!
ふぅ~・・・良かった!
次、気をつけなくちゃ、この前の試合みたいに、
点を入れた後すぐに入れられたら大変!
でも、今回は大丈夫だった。
その後、続けて何回か3年生のF君がシュートするが、
わずかにはずれて決らない。
F頑張れ~!!
何度もシュートまで持って行けて、良い感じ。
とうとう、F君、3度目のシュートで見事、ゴール!
良かったね~!!
息子ももう1点決めて、頑張ってくれた。
その後も得点が入り、4-0で試合終了。
良い感じで1勝できてまずは良かった。
試合中、相手チームのお母さんが、影の監督?のような指示を出していて
すごかった。(^_^;)
基本的に応援は「頑張れ~!」「ナイスシュート!」などが望ましく、
プレーに対する指示のような応援は、コーチの支持が聞こえなかったり、
子供達がどうしたら良いか迷ってしまったりするので控えるようにと
言われているので、自分達は、なるべく気をつけて応援しているつもりだが、
相手チームのお母さん、指示出しまくりでした。(^_^;)
どうしても応援に熱が入ってしまうんですけどね。

3試合目の対戦は山手。
開始からそれほど経たずに、まずは1点。
その後も次々とシュートが決る。
良いぞ~!!
この試合では、色んな子がシュートを決めていて、頑張っていた。
基本的にはトップの子がシュートするのが多いが、
一人、二人だけではなく、シュートにつながるアシストもうまくできていたと思う。
息子も1点決めたが、この時のシュートは、トップの3年生の子が左コーナー付近
からゴール前に良いパスを出して、それを息子がシュート!
すごく良い形で決めれてナイスパス、ナイスシュートだった。
この時、息子がゴール前に上がってきて、もうちょっとゴール近くまで上がって
おいた方が良いのでは?と私は思って見ていたのだが、
前に出ようとした息子が一旦少し下がり、
そこにちょうどパスが来て、決めることができた。
あれってコーチの支持で下がったんだろうか?
味方とのアイコンタクト?
いやいや、まだそんな高等技術は無理でしょう。
たまたま、うまくいったのかな。(笑)
でも、とても良い形でのプレーだった。
この試合は結局、6-0で勝った。

結果は2勝、1分けだったので、優勝か準優勝どちらかだと思っていたら、
見事、優勝だった!
表彰式で賞状とトロフィーをもらい、大喜びだった。
この学年では、2年生の時にフットサル(冬場は体育館でのフットサルになる)で
一度、優勝したことがあったが、外での試合では初優勝!
今回は交流大会で、4年生の部のエントリーが少なかったこともあるが、
優勝はうれしい。
子供達もとってもうれしそうだった。
U-10では悔しい思いをしたので、今日は勝ちを経験できて
本当に良かったと思う。
来週はU-11の予選があるので、また頑張ってほしい。
来週の予選はトーナメントなので、1回戦で負けたら終わり。
とりあえずまずは1回戦突破!
そしてその次の週の2回戦、3回戦と頑張って決勝まで進んでほしい。

今日の試合は、地元での開催だったので、前日から準備して、
当日も後片付けまであったので、一日、外にいて疲れた。
全道大会予選を兼ねた選抜チームは、1回戦で惜しくも破れ、
今年は残念ながら、代決(苫小牧地区予選)には進めなかった。
ここ数年、この管内での大会では、浦河は優勝や準優勝で必ず代決に
進んでいたので、今回は悔しかったと思うが、
試合はまだ他にもあるので、次は頑張ってほしい。

今日は釧路のおじいちゃんが応援に来てくれていたので、
シュートも何本も決めたし、頑張っている姿を見せることができて良かった。
おじいちゃんも満足して帰ったと思う。
遠くから応援に来てくれてありがとうございました。



少年サッカー  スポーツ

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。