08月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



今日は小学校のPTA学年別ミニバレー大会だ。
一昨年は準優勝、昨年は念願の初優勝だった。
今年もケガがなければ試合に出ていたのだが、
半月板で手術したため、今回は残念ながら応援。

3年生チームは、みんな仲が良く、良い雰囲気で頑張っている。
練習が4回あり、私も口出ししに練習にも行った。
プレーに参加することはできないので、その分、
フォーメーションを色んなパターンで考えたり、
声を出してアドバイスしたりしていた。
監督は1組の担任の先生なのだが、
みんなからは監督はS先生だけど、総監督はMさん、と言われている。

先日の練習で、一人、体調が悪く途中で抜けたため、
考えていたフォーメーションが機能せず、全然だめだったので、
急遽、木曜の昼間に、来れる人だけで練習をした。
その時に、スパイクやトスのアドバイスをして、
みんな、スパイクのタイミングなど合ってきて、
だいぶ良い感じになっていた。
金曜日に最後の練習があり、木曜の練習に来てなかったメンバーが
上達ぶりに驚いていたので、練習した甲斐があった。
でも、木曜の練習で、一人、捻挫してしまったので、
またフォーメーションを考え直し、金曜日にはそれでやってみて、
前よりは良い雰囲気だったので、当日はほぼその形で行くことにした。

当日、予選ブロックは4年生と6年生と当たった。
4年生は、普段からミニバレーをやっている人が多かったので、
なかなか手強いと思っていたら、やはり強かった。
1セット目は勝ったが、2セット目、リードされていた。
3連続ポイントを取られたので、すかさずタイムを取る。
タイムは監督しかできないことになっているので、
私がS先生に「先生、タイム!」と指示を出し、
先生にタイムを取ってもらっていた。
タイムの時や、プレー中も色々と声をかけ、
口で言うのは簡単だけど、みんなよく頑張って応えてくれていた。
試合中、ネット際にボールが来た時には「飛べー!」と叫び、
みんなよく頑張ってブロックしたり、ダイレクトで打ったりしていた。
こんなに口出しできるのも、みんなが信頼してくれてるおかげだ。
4年生との試合は、何とか勝ったが、2セット目を取られて
3セットになっていたら、勝負はわからなかったと思う。
後から、他の学年の人達からも、良いタイミングでタイム取ってたね~、
と言われ、ちょっと恥ずかしかったが、貢献できて良かった。

予選ブロックで2勝したので、決勝進出した。
決勝の相手は、一昨年、2連覇していた今の5年生チームだ。
昨年は予選ブロックで当たり、奇跡的に勝つことができたので、
結果、優勝することができた。
今年は向こうはリベンジで燃えているだろう。
決勝では、やはり力負けで歯が立たなかった。
良い所までは行ったが、1セットも取れずに終わってしまった。
でも、5年生チームもほとんどバリバリやっているメンバーなので、
ここまで良い勝負ができるなんて、本当にみんな頑張ったと思う。

今年は惜しくも準優勝だったけど、内容的には初めてのメンバーもいる中で、
本当によく頑張ったと思う。
私もコートに立てていれば、と残念だが、
その分、監督として十分、応援できたと思う。

表彰式では、チームから2人、前に出て表彰状と盾を受け取るのだが、
みんなが私に出ろと言うので、キャプテンと私で受け取った。
試合には出れなかったけど、気持ちはみんなと一つに戦っていたと思う。
本当にこの3年生チームはまとまっていて良かった。
みんなから監督ぶりを褒められ、本当にうれしかった。
来年も転勤にならずにここに残っていたら、
来年こそは試合に出て、優勝したいと思う。
早く治ってミニバレーに復帰したい。


スポンサーサイト


\(^O^)/  日記



今日は学校があるため、息子を学校に送り出してから、出発。
予約は12:00だったので、息子を送り出し、
8:00に家を出て、病院に着いたのは11:40だった。

診察室に入ると
「調子どう?」と聞かれ、診察台に横になる。
曲げ伸ばしする時にポキっと鳴って痛いことや、
傷の所を触ると、皿の下の方に響くのと、
傷を触っているとしびれてくることなどを伝える。

先生が傷の周りを触って、
「この辺触ると響く?」と聞かれ、そのうちしびれてきた。
「この辺は足を動かす神経は通ってないんだけど、
 細かい神経はあるんですよ。
 足が動かななくなるとかはないし、
 細かい神経は再生するので、そのうち良くなります」
というようなことを言われる。

ポキっと鳴って痛かったり、昨日、曲げ伸ばしの時も
皿の所がミシミシなったりしていたことを伝えると、
膝を押さえながら曲げ伸ばしをされる。
半月板損傷の診断をする時にやるマックマレーテストだ。
何回かやっているうちに、股関節が鳴って、
「最後の方で鳴った?」と聞かれたので
「今のは股関節が鳴りました(^_^;)」と言うと
「あ、ごめんね」と言って、また曲げ伸ばしされた。

「たぶん、傷の固くなってる部分が当たって
 ひっかかる感じになってるんだと思う。
 それが原因ならそのうち傷がやわらかくなっていったらおさまるから。
 でも、別の原因かもしれないから、もう一回、MRIを撮った方が良い」
という話になり、
「手術の後に話したと思うけど、MRI上では外側が切れてるように
 見えてたけど、実際は内側を処置したって話したと思うんだけど・・・」
と先生が言うので、
あれ?そうだったっけ?と思い、
「そうでしたっけ?」と言うと、
「忘れちゃった?」と言われ、
先生がまたカルテを何回も見返して、
私にも手術の時の写真を見せながら、また説明してくれたが、
手術後の説明では、内側はきれいで外側をやった、
と言っていたような・・・

ひっかかる感じがするとか言ったから焦ったのか、
かなり何回もカルテをめくって見返していたし、
説明もちょっと曖昧な感じだった気がする。





今日の出来事  日記



今日は日赤に行った。
労災での話をし、MRIを撮る事になったと言うと、
「手術で実際に中を見てるんだから、今、MRI撮る必要はないと思うけど」
と言われる。
私が新たな故障の可能性もあるからMRI撮るって言われたと話したら、
そんなことあり得ないだろ?というような鼻先で笑ったような感じだった。
まぁ、確かに素人が考えてもおかしい。

注射しようか?と言われたが、
そう言った後にすぐ、
「やっぱりやめとこう。向こうの先生がやめようって言ったのに、
 こっちで勝手に注射すると悪いから」
と言って、注射はしないことに。

先生 「船頭は一人の方が良いから。
    主治医はオペした向こうの先生だから、
    僕は手は出さないでおくから」

伸びないことなども話したが、
先生 「手術前から伸びてなかったんじゃない?」と言われたので、
私 「手術前は伸びてました。ちゃんとまっすぐ立ててた」と話すと
先生 「手術の期待度が高くて、イメージしてたのとの
    ギャップが大きいんじゃないかなぁ。
    手術したら完全に痛みがなくなる、みたいな」
というようなことを言われる。
痛みのことは手術前にも完全には良くならないかもしれない、
って言われてたし、別に自分でも完全に良くなるとは思っていない。
痛みは別に多少残っても仕方ないと思ってるけど、
今、困っているのは痛みではなく、伸びないことだ。
それなのに、労災の先生も日赤の先生も、
痛みのことばかり言ってるような気がする。
別にこっちは痛くて困ってるって訴えてる訳じゃないのに。

リハビリはこのまま続けてみて、と言われる。
とにかく、頑張ってリハビリするしかない。




今日の出来事  日記



最近、リハビリではCPMで130°までいくようになった。
CPMをかけているとPTのY先生に、
機械ではこれ以上は曲げられないということを言われる。
これ以上やるためには人の手で押して曲げてやらないと曲がらない、と。

Y先生 「向こうの先生はなんて言ってました?」
私 「正座はしない方が良いとは言われたんですけど・・・
   でも、しゃがめるようにはなりたいんです」
Y先生 「しゃがむ=正座もできるんだよねー。
     向こうの先生の方針もあるから、
     こっちの先生も判断が難しいんだろうなぁ・・・」
と言われる。
先生の指示がないと、PTの先生が勝手にメニューを変えたりできないのだろう。





今日の出来事  日記

はじめに



8月1日に右膝半月板損傷のため手術をしました。
入院生活は11日間と短かったのですが、
色々とあり、現在はリハビリ治療中です。

これまでの経緯と、リハビリ日記など書いていきたいと思います。
しばらくの間は過去の経緯を少しずつUPしていきます。


お知らせです。  日記

温泉!



毎年、この時期にホルスタイン全道共進会というのがあり、
じいちゃん、ばあちゃんがそのついでに
我が家にも泊まっていたりしている。
今年はみんなで温泉に泊まろうということになった。
その話が出たのが一週間前くらいだったので、
近場ではどこも空いていない。
何しろ、三連休だ。

ちょうどこの日、ダンナが札幌で大学の同窓会があり、
最初は家族で札幌に泊まって遊んでくる予定だったが、
1ヶ月前くらいに探したが、すでにいっぱいで空いてるところが
なかったため、今回はダンナ一人で行ってもらうことになっていた。
一人ならどこか空いてるだろうと思っていたが、
結局、宿は取れず、当日、サウナに泊まったらしいが、
サウナの仮眠室もいっぱいで、廊下に寝たらしい・・・

こちらも最初はなかなか空いてるところがなく、
小さな旅館に予約を入れたが、
じいちゃん、ばあちゃんが、子供達と泊まるんだから、
遠くても良いから、ちゃんとした所が良いというので、
登別温泉を探してみたら、値段は多少高いが空いていたので
そこに泊まることにした。
登別温泉の他のホテルも調べたが、連休なので値段設定が高く、
ここが一番、安かった。





今日の出来事。  日記



今日もいつものようにCPMと筋トレ。
CPMをかけている時にY先生が来て、
「涼しい顔してるんだよねー」と言われる。
CPMで痛くないということは、これ以上曲げられるということだ。
でも、機械ではこれ以上は曲げられない。
「曲げてみたい。けど、できない」
とY先生がつぶやいて、言ってしまった。

やはり、診察に行って、先生の指示をもらわないと、
勝手にメニューを変えたりできないんだろう。
最近、あまり膝の調子が良くなく、
曲げ伸ばしの時に、お皿の辺りがギシギシ鳴る感じなので、
注射もしてもらおうと思ったのだが、
この前の診察で、向こうの先生がやめようって言ったのに、
こっちで注射するのは良くないから、と言われたので、
注射のことも含めて相談しようと思って、
先週、労災にをした。
こちらで注射してもらっても良いかということと、
リハビリを追加してもらっても良いか聞きたかっただけなのに、
電話での相談は受け付けてないと言われ、
診察に来てくださいと言われたので、
金曜日に診察の予約を入れている。

こちらに診察に行ってお願いすれば、
もしかしたら、すんなりリハビリの追加をしてくれたかもしれないが、
注射のことも、向こうの先生の指示がないとできない、
という感じだったので、リハビリもたぶん、
向こうの先生の指示をもらってこないとだめだろうと思った。
PTの先生も、向こうの先生の判断もあるだろうから、
こちらでは判断が難しいんだろう、というようなことを言っていたし。

金曜日の労災での診察で、注射とリハビリのことをお願いする予定だ。
早くPTの先生に曲げてもらって、進展すると良いな。
それにしても、病院ってめんどくさい。
いちいちお手紙書いてもらって指示もらわないといけないのか。
それに遠いんだから、電話でちょっと相談に乗ってくれても良いのに・・・
個人病院じゃないから融通が利かないんだろうけど、
患者としては腹が立つ。
大きな病院だと、そんなのに相手してられないのかもしれないけど、
本当に総合病院って冷たい。





今日の出来事  日記



今日は労災病院への通院。
この前の予定では、11月まで通院はない予定だったけど、
日赤でのリハビリや注射のことで相談があったので、
急遽、予約を入れた。
先週、電話で相談しようとしたら、電話での相談は受け付けてないから
診察に来いと言われた。

10時の予約だったので、10時前に病院に行き、
中待合室に呼ばれたのが10時半前。
10時予約の患者の中で、最後だった。
診察室に入ると、先生に不安そうに、
「どうですか?調子悪い?」と聞かれた。
とりあえず、先週、熱が出たことを伝えると、
「風邪?今も鼻声だもんね」と言われる。
たぶん風邪の熱で今下がっていれば問題ないけど、
膝に感染してる可能性もあるので、採血させてくださいと言われる。

それから、膝がミシミシいう感じなのが、
注射した方が良いような気がするので、
注射してほしいことを話し、今日打ってもらって、
その後は浦河の日赤で受けられるようにしたいことを伝える。
この前の日赤でのやり取りを話すと、お手紙書いとくね、と言われる。

それから、診察台で膝の状態を診てもらい、
何度か曲げたり伸ばしたりして、うつぶせになって
足首を曲げられたりした。
「僕が診てきた中で今までこういうことは初めてなので、
 僕も心配なんだけど・・・あんまり心配なようだったら、
 今日、遅くなっても良いんだったら今日MRI撮ってみようか?」
と聞かれたので、この前、予約がいっぱいだって言ってたのに、
いきなり今日?!と焦ったけど、今日はどう考えても無理なので、
MRIは次で良いですとお断りした。

「ここの病院、他にも膝の専門の先生がいるから、
 他の先生の意見も聞いてみても良いですか?」と聞かれ、
別の先生が診に来てくれた。
もう一人の先生が、膝の曲げ伸ばしなどして、
「だいぶ良くなってるんじゃない?これなら心配ないと思いますよ」
と言われる。
「もっと悪かったんだよね?」「シェービングもしてるんだよね?」
などと主治医の先生に聞き、
曲げ伸ばしの時にひっかかる感じも傷のせいだと思う
というようなことを言われる。
今は130°までは曲げられるようになったから、
これなら問題ないというような感じだった。
この先生にあれこれ言っても仕方ないと思い、特に何も聞かなかった。





今日の出来事  日記

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。