06月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



今日はいよいよ退院だ。
抜糸はいつかなぁと思っていたら、9:00過ぎに先生が来た。
最初に膝を押したりして状態を診る。
「まだちょっと水たまってるね。
 このくらいなら自然と吸収されるから」
と言われる。
いよいよ抜糸。
「ちょっとチクっとしますよー」と言われたが、痛くなかった。
先生が消毒したコットンをビニール袋にポイっと捨てようしたら、
袋に入らず落としてしまったので、ちょっとおかしかった。
最後にスプレーをして、
「乾いたら膜になるので、シャワーもOKですから」と言われる。

「退院後の診察、来週の金曜日、どうですか?」
と聞かれたので、それでOKする。
退院できることに浮かれて、膝が伸びないことを
先生に言うのを忘れてしまった。

※後から思うと、この時に先生に伸びないことを言っていたら、
 先生も曲げたり伸ばしたりしてみて、
 すぐにリハビリの指示などされていたら、
 こんなことにはならなかったのかもしれない・・・
 でも、この時は、そのうち伸びるようになるのかなくらいに
 軽く考えていたし、退院できることで頭がいっぱいで、
 先生に色々と聞くのはすっかり忘れてしまっていた。


抜糸も済んだので、後は会計して帰るだけだ。
診察カードと会計に出す用紙を看護師さんが持ってきたので、
下に行くと、高額医療費の限度額申請の書類が必要とのことで、
ダンナに電話して持ってきてもらい、会計をしてもらった。

着替えをして、荷物も片付け、帰るだけとなった。
名残惜しいが、みんなとお別れを言い、病室を後にした。
CちゃんやSお母さんがエレベーターまで見送ってくれた。

途中、ナースステーションに寄ると、担当のHさんはいなかった。
「何か約束してましたか?」と聞かれたので、リハビリメニューの件を話すと、
婦長さんだったか主任さんだったか忘れたが、
(後から思い出したら主任さんだったと思う)
「後で連絡させますね。FAXありますか?」
と聞かれたので、
FAXはありませんと答えると、郵送するとかしますね、と言われる。
帰ってから、自分で膝を押してね、と言われる。

長いようで、あっという間の11日間だった。
暇で持て余すだろうと思っていた入院生活だったが、
Tちゃん、Cちゃん、Sお母さんのおかげで、楽しい毎日だった。
みんなより先に退院してしまって申し訳ないが、家に帰れてうれしい。
帰ったら、おいしい物を食べよう(^_^)


半月板損傷 手術  半月板損傷 手術後 リハビリ
スポンサーサイト


今日の出来事  日記



10:00に洗濯しに9Fに行く。
部屋に戻る途中、廊下でHさんに会ったので、
食事を部屋で食べたいとお願いする。
もうすぐ退院だし、楽しく食事したいので、と。
せっかく4人で仲良くおしゃべりしたりしてるのに、
私だけ食事の時は食堂なんて寂しい(:_;)
Cちゃんは看護師さんが部屋の方が良いでしょ?と言ってくれて、
手術前の歩ける時も部屋で食べていて、
Cちゃんが、言えば部屋にしてくれるよ、と言っていたので、話してみた。
Hさんは「私が勝手に決めれないので、聞いてみますね」と言っていた。

それから、リハビリメニューを教えてほしいと伝えると
リハビリは特にないと言われるが、
帰ってからのリハビリというか、早く運動にも復帰したいので、
トレーニングメニューを知りたいと言うと、調べておきますね、と言われる。

1:30頃、看護師さんが来て
「もうちょっとしたら先生来ますからねー」と言うので待っていたが、
2:00過ぎても来ない。
2:00からシャワーの予約をしていたので、
ナースステーションにシャワー浴びてきて良いか聞きに行く。
「先生、来るからって言われたので待ってたんですけど、
 来ないみたいなので、シャワーの予約してるから、
 先にシャワー行っても良いですか?」
「あれ?先生さっきまでいたんだけど・・・
 どこか行っちゃったみたい。先生来るって言ってた?」
「さっき看護師さんから言われたんですけど・・・」
「ごめんねー。先生いなくなっちゃったから、
 シャワー行ってきても良いですよ~」
なんだ、待ってる必要なかったんじゃん・・・

午後、他の看護師さんが来た時に、まっすぐ伸びないことを話すと
「固まってきちゃってるんじゃない?!これ取ったほうが良いわ」
と足の下に当てていた台を持って行かれた。

※後から考えると、台にのせていたのが悪かったんだと思う。
 でも、まさか一週間くらいで固まるとは思わないし、
 寝たきりだとか、ギプスで固定していた訳でもないのに
 そんなんで固まるなんて思わなかった・・・
 後から先生にはこのことを話したけど、
 先生は一週間や二週間では固まらない、とか
 固定してた訳じゃないので普通は固まらない、と言っていた・・・
 結局、先日の診察の時にも聞いたら、
 先生の見解では、拘縮ではないということなのだが・・・






今日の出来事  日記



午前中、歩行器なしで歩いてみましょうと言われ、
歩いてみると歩けた。
「手すりにつかまっても良いので、歩行器なしで歩くようにして下さいね」
と言われる。
そのまま1Fまで、途中、手すりにつかまりながら歩く。

限度額申請と病衣(病院の寝巻き)中止の申込みをした後、
売店によってお買い物。
その後、電話ボックスでスポーツ保険のことを電話して聞き、
部屋に戻る。

その後、Hさんが来て、
「歩行器なしで歩いてどうでしたか?」と聞かれ
「大丈夫でした。歩けました。下まで行ってきました」と話すと
「じゃあ、歩行器なくても、もう大丈夫ですね。
 歩行器戻しますね」
と言われ、歩行器は戻される。

退院のことと、足の一部の感覚が変な感じなのを言うと、
「月、木が総回診なので、先生に診てもらいますね」と言われる。
まだちょっと腫れてることも言い、「冷やしたらどうですかね?」
と聞くと「アイスノンで冷やしましょう」
と言われ、冷やすことに。
もっと早くから冷やしておけば良かった。
さっさと自分から言えば良かったかも。
それにしても、普通は患者が言わなくても、
看護師の方から、そういう指示があるのでは・・・?

昼食後、Hさんが来て、
「歩けるようになってきたら、食堂に行って食べるように
 していくことになっているので、食堂まで行って食べれますか?」
と言われたので、大丈夫です、と答える。
「夕食から食堂でお願いしますね」と言われる。

S田お母さんが編み物をしているのを見て、
私もバッグを編み始めた。
キットだけ買っていたのだが、家にいてもなかなかやる時間がないので、
入院中は暇だろうから、この機会に作ろうと思い、持って来ていた。
本を見ながら、編み始めたが、よくわからない。
かぎ針編みはくさり編みしか知らないのに、
こま編みをすることになっていて、そのこま編みがよくわからない。
本で写真を見ても、どこに次の針を入れれば良いのか
イマイチわからなくて、底を少し編み始めたが、
なんだか違う気がする・・・
これはやっぱりS田お母さんに見てもらわないとダメだと思い、
S田お母さんがお風呂から戻るのを待つ。

お母さんが戻ってきたので、さっそく教えてもらうと、
結局、私がやったのは間違っていて、
最初からやり直すことに。
S田お母さんが、底を編んでくれて、
それから後は上に編んでいくだけなので、
編み方を教わり、私が編むことに。
CちゃんやTちゃんのお母さんに、
S田お母さんにやってもらう前に
「全然、進んでないよー(^_^.)」と言われていたが
やってもらってようやく作り始めると、
「わかんなくて待ってたんでしょー?(^_^)
 さっきから全然、進んでなかったもんね(^_^)」と言われ
「そうそう(^_^;)わかんないから、お母さんに
 教えてもらおうと思って待ってた~(^_^.)」
S田お母さんにやってもらったおかげで、
難しい増やし目の所はやってもらったし、
こま編みもわかったので、後は頑張って編むだけだ。
何とか退院までに完成させるぞー!

ベッドの上で足を伸ばしたまま編み物をしていたのだが、
右足は台にのせているので、座っているだけで体勢がイマイチつらい。
台に乗せている足が少し浮いた状態になるので、
間にクッションを入れると良いかもと思って、
手術後、台に乗せていた時に、かかとの方と、
膝の下に入れていた細長いクッションのような物を
ベッドと足のすき間に入れてみた。
一つだとまだすき間があるので、二つ入れるとちょうど良い感じになった。
後から考えると、これだと少し足が圧迫された状態になっていたのだが、
台に乗せているので少し曲がった状態で、
しかも膝裏にクッションを入れて圧迫した状態だったのが、
もしかしたら、拘縮を促進させたのかもしれない・・・
この時は、そんなことには気がつかなかったのだが・・・






今日の出来事  日記



昨夜、冷蔵庫を借りようと思って看護師さんに聞くと、
下の売店で鍵を借りなければならないということだったので、
朝食後、冷蔵庫の鍵を借りに売店まで行く。
ついでに色々と買い物をして、チェックして部屋に戻る。

11:00頃、冷蔵庫まで行こうと歩いていると看護師のHさんに会い、
「だいぶ歩けるようになってきましたねー。
 歩行器なしで歩けますか?」と聞かれる。
体重をかけても痛くなくなってきたけど、
まっすぐ伸ばそうとするとまっすぐ伸びず違和感がある。
腫れてるせいだろうか?
「なるべく曲げたり伸ばしたりも少しずつしていかないと
 固くなるので、徐々にやってみて下さい」と言われる。

※この時、もう少し具体的にどういう運動をすると良いとか、
 一日何回くらい曲げ伸ばしをするようにとか言われていたら、
 固くならなかったのかもしれない。
 入院中の日記を見ると、Hさんに曲げ伸ばしもしてくださいと
 言われていたことがわかったが、廊下で立ち話をしながら言われた
 せいか、あまり頭に入ってなかったようで、
 特にベッド上で曲げ伸ばしの運動をしたりしていなかった。
 具体的な指示があればやっていたと思う。


歩行器なしで歩いてみてくださいと言われ、
歩行器なしで少し歩いてみる。
「なるべく歩行器に頼らないで歩けるように練習して下さいね」
と言われる。

12:00 昼食。
今日はこちらでは七夕ということで、
かわいいカードと七夕のゼリーが出た。
かわいかったので写メを撮った。

午後、9Fのコインランドリーに初めて行く。
洗濯しようとして、洗剤が売ってない事に気づく。
仕方ないので、1Fの売店まで行って洗剤を買って、また9Fまで行く。

昨日から、空いていたベッドに新しい患者さんが入った。
S田お母さんは内科の患者さんで、検査と手術をするらしい。
初めての入院で不安だと言っていたが、
とても明るい楽しい人で、すぐに打ち解けて4人で仲良くなった。




今日の出来事  日記



朝食後、チェックのついでにジュースを買いに行く。
東病棟の自販機まで行くと内容が違っていたので、
今日はそちらで買った。
戻る途中、廊下で看護師のHさんに会い、
回診があるので部屋にいてくださいね、と言われる。

9:00頃、ガーゼ交換に来ますと言われたのでハーフパンツに着替える。
先生が来る前に、先に包帯をはずしてもらって待つ。
先生が来て、消毒してくれる。
膝を押され、「これ痛いですか?」と聞かれる。
痛くなかった。
「まだ少し腫れてるので痛いかもしれないけど、
 徐々に良くなりますから」と言われる。
大きなガーゼや包帯もなしで、傷口に透明なテープを貼って
周りを止めただけで終わり。
こんな簡単で良いんだぁ・・・と思った。
傷口が見えて、ちょっと怖いので、
ハーフパンツからまたパジャマに着替える。

看護師のHさんが、検温、血圧を測りに来る。
金曜日くらいまでに抜糸、退院できるか聞くと、
「抜糸は10~15日後くらいなのでそのくらいだと思うんですけど、
 退院するならそれまでに歩行器を使わないで
 歩けるようにならないとダメですねー。
 抜糸だけなら通院でも良いですよ」
と言われるが、どうせ子供達もダンナもいないので、
抜糸まではいることにする。

退院の希望を聞かれ、一応、日曜日までと伝える。
「先生に確認しないとわからないけど、希望、伝えておきますね」
と言われる。
それから、足を乗せている台が邪魔なので、
はずしても良いか聞くと、
まだ腫れてるので乗せててください、と言われる。
手術から何日か経ったし、もういらないのかなと思い、
邪魔だし取っても良いのかと思ったのだが、
腫れてるうちは高くしていた方が良いらしい。
台に乗せてるのも疲れるので、夜は台から足をはずして寝ていたのだが、
まだ乗せてるように言われたので、夜も乗せてた方が良いのかと思い、
夜もなるべく乗せたまま寝るようにする。



半月板損傷   半月板 手術   膝 手術 入院


今日の出来事  日記



今朝の朝食はパンだった。
病院の食事でパンが出たのはこの日だけだったと思う。
食パンが普通よりも厚切りだったので半分残した。
普通の食パン2枚分くらいの厚さだったので、
はっきり言って食べづらかった。
私でさえそうなんだから、お年寄りなら食べるのに苦労すると思う。

9:00頃、同じ部屋の患者さんと色々とお話して盛り上がった。
すっかり仲良くなれて良かった!
最初の頃、Tちゃんは薬のせいか寝てることが多かったし、
整形ではなく内科の患者さんで動けない状態なので
話しかけて良いものかどうか躊躇して、
私も手術後は元気がなくて余裕もなかったので、
わりとカーテンをほとんど閉めた状態だったので、
雰囲気悪いと思われてないか心配だったが、
朝、看護士さんがベッドをしきるカーテンを開けてくれたおかげで、
少しずつ話しているうちに、打ち解けることができたので、
本当に良かった。
Cちゃんは、金曜日から入院してきて、月曜日に手術らしい。

10:00頃、義父母と子供達が見舞いに来てくれた。
義父母はお店をやっていて、日曜しか休みがない。
入院中、子供達は義父母の家に泊まっている。
子供達は飽きてしまったりしていたので、すぐ帰って行った。

11:30頃に、今度は私の両親が来た。
今日から木曜日くらいまで、子供達がそちらに
泊まりに行くことになっている。
入院中、ずっと義父母の家にお世話になっていても良かったのだが、
私の両親も孫に会うのを楽しみにしているし、
子供達も両方に泊まりたいと言うので、
半分ずつ泊まることにした。
ダンナは仕事があるので、明日から浦河に帰ってしまうので、
子供達だけで初めてのお泊りになる。
まぁ、二人いるし、向こうでも従兄弟のお兄ちゃんが
泊まりに来てくれることになっているので何とかなるだろう。
両親は、子供達が来るのを今か今かと待っていて、
やっと子供達が来た。

帰るときに、下まで歩行器で送りに行ったら、ちょっと痛かった。
両親と子供達を見送ると、シャワーの時間だったので、
とりあえず歩行器を置いて車椅子を押してもらって急いで戻った。
シャワーは昨日の場所ではなく、浴室の方にしてもらったので楽だった。
浴室はせまいが、椅子も置いてあるしきれいなので、良かった。
どちらにしても、まだシャワーだけなので、狭くても問題ない。

夜もTちゃん、Cちゃんとおしゃべりしたりして、
楽しい入院生活になってきて良かった。
Cちゃんと
「明日、手術なんでしょう?緊張するねー」と話した。
Cちゃんは一年前に骨折で手術していて、
今回は固定しているピンを抜く手術。
前回の時はかなり大変だったらしい。
無事に手術が終わるように祈ろう。



半月板損傷  半月板 手術  半月板 入院



今日の出来事  日記



朝、看護師さんから
「先生から歩いて良いって指示ありましたか?」と聞かれ
「特に言われてないと思う」と答えると、
「先生に確認してみますねー」と言われる。

お昼頃、担当看護師のHさんが来たので朝のことを話し、
「もう歩いても良いんですかね?」と聞くと
「ドレーン抜けたし、そろそろ歩いても良い頃だと思うんですけど、
先生の指示がまだなので、聞いてみますね」と言われる。
私「一応、立てるようにはなったけど、体重をかけると痛いんですよー」
Hさん「歩行器があるので、まずそれで練習して、
    ちょっとずつレベルアップしていってくださいねー」

1:00にシャワーの予約を入れてもらっていたので、
シャワーに行く。
足にビニールを巻いてもらい、シャワー室へ。
シャワー室の床が濡れていて、結構滑りやすかったので、
ちょっと転びそうになってしまい怖かった。
ここは車椅子ごと入っていける広いシャワー室なのだが、
使える時間が30分単位で区切られているため、
次の人が待っていたらと思い、急いでシャワーを浴びた。

部屋に戻ってきて、荷物を片付けようとして、
シャワーの道具を入れていたカバンを取ったら汚れていてびっくり
車椅子の後ろの押し手にかけていたので、
車椅子を漕いだ時に、濡れたタイヤがあたって汚れてしまったようだ
下の売店で、シャワーに行く時にちょうど良いと思って買ったのに
かなり汚れてしまってショック(T_T)

髪を乾かし終わってベッドに戻ると、子供達が来た。
従姉妹のお姉ちゃん達が一緒のせいか、
息子がちょっとおだって、手を何回も洗おうとしたりしていた。
入院中、寂しくないようにとお義姉さんの所の子供達が
ダンナの実家に泊まりに来てくれている。
息子に「勉強やってる?」と聞くと
「今日、忘れてた!」と言いながら、
「他の事は頑張ってるんだけどなぁ・・・」
と困っていたので、
「そうだね、妹の世話とか頑張ってるもんね。
 勉強は出来る時にやってね」と話す。

3:00過ぎに売店へ行ってみた。
土日は売店は4:00まで。
従姉妹のお姉ちゃん達にレターセットと、
子供達に折り紙を買い、
自分用にココアとパウンドケーキを買ったが、
今から食べると夕食にひびくので、明日食べることにした。

4:30頃、看護師のHさんが来て
「体重かけちゃだめとか特に指示がないので、もう歩いても良いです。
 歩行器で練習してみましょう」
と言われ、やってみることに。
ちょっとやってみたら、右に体重をかけなければ歩けた。
右足に体重をかけると痛いが、歩行器があるので何とか歩けそう。
車椅子は戻しますね、と言われ、
これからは歩行器で移動することに。


半月板損傷  半月板 手術  半月板 入院





今日の出来事  日記



朝起きると股関節が痛くなっていた(T_T)
夜中、横向きで寝ていた姿勢が悪かったんだろうか・・・?

朝の検温の時に看護師さんから
「痛み止め使わなかったんですねー。
 我慢強いんですね(^_^)」と言われた。
この看護師さんは手術を終えた時に担当してくれた看護師さんだ。
私 「思ったよりも痛くなかったんですよー。
   それにお産の時の方が痛かったなーと思って(^_^;)」
看護師さん 「女の人はお産を経験してるから強いですよね~。
        男の人なら我慢できないですよ(^_^)」

朝食後、看護師さんから
「ドレーン抜けるので、後で先生来ますねー」と言われる。
別の看護師さんが、包帯をはずしてガーゼだけの状態にして、
タオルケットをかけておいてくれて、そのまま少し待った。

少しして先生が来た。
最初に消毒の綿か何かを出そうとしたら、
一つしか入ってなかったらしく
先生 「入ってないよ、これ(^_^;)」
看護師さん 「新しいのとってきます(^_^;)」
先生が傷口を消毒する。
3回くらい綿を替えながら消毒していたが、
一つ終わる度に、右足の向こう側(左足との間?)に
ポイっ、ポイっと投げるので、なんかおもしろかった。
布団の上に投げてるのかなーと思ってたけど、
考えたら先生が来る前に、看護師さんがビニール袋を
置いて行っていたので、そこに投げ入れてたんだと思う。

私は寝た状態だったので、どんなふうになっていたのか
見えなかったけど、ドレーンを抜いて新しいガーゼをのせ
包帯を巻いてくれた。
包帯を巻くのは看護師さんかと思ってたら、
包帯も先生が巻いてくれた。

ドレーンが抜けたので、傷口をビニールで保護して
シャワーも入れますよと看護師さんから言われたが、
疲れていたし今日はやめておくことにして、
清拭のタオルをもらい、体を拭いて着替えた。

昼食を食べていると、ダンナが来てくれた。
スイカを切って持ってきてくれたので、食後に食べた。
その後、少し休んでから、手伝ってもらって洗面所でシャンプーをした。
朝、清拭タオルをもらう時に、看護師さんから
ムースのようになった水のいらないシャンプーもあると言われたが
後でシャンプーだけするから良いですと断っていた。
2日洗ってなかったので、シャンプーをしてさっぱりした。

ダンナが帰る時に、車椅子を押してもらって下まで一緒に行き、
売店で鏡やコーヒーなどを買い、
また上まで車椅子を押してもらってから、ダンナは帰った。
談話室でチェックすると、Cちゃんからが入っていた。
スポーツ保険のことだったので、返信しておく。
ミニバレーの夏休み中のことを連絡していなかったので、
Sちゃんにお願いをする。

病室に戻り、さっき買ったヨーグルトを食べ、
コーヒーを飲んでいたら、ちょっとおなかが痛くなってしまい、
トイレに行ったら、少し下痢だった(T_T)
いつも便秘気味で、下痢になることは滅多にない。
手術や入院のストレスのせい?

膝の関節の痛みは良くなったが、動かした時の傷の痛みだけだが、
股関節の方が痛くて、昨日よりも車椅子の乗り降りがつらい。
車椅子に乗る時に、ちょっと立ってみたら、立てた。
でも、体重をかけるとまだ痛い。
まだ体を動かす時に右足が痛いので、
どういう体勢が楽なのか、ベッドの上で色々やってみるがイマイチ。

夕食時にダンナが来る。
ダンナのお姉さんが夜に見舞いに来てくれると言っていたので
待っていたがなかなか来ない。
ダンナが麦茶を買いに行っているうちにお義姉さんが来てくれた。
ダンナが戻ってきて、下まで階段で降りて行ったけど、
結局、麦茶は売ってなかったと言って、緑茶を買ってきてくれた。
一階、一階、自販機を回ったので、階段で降りたらしい。


半月板 手術   半月板 手術 入院    半月板 手術後



今日の出来事  日記

| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。