10月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



今日は労災で2回目の診察。
前回、予約をしたので、今回はそれほど待たなくてすんだ。

MRIの画像を見ながら、先生が説明してくれる。
日赤では、外側の半月板が損傷しているという説明だけだったけど、
今日は外側が損傷していて、さらに後ろの部分が損傷していると
いうようなことを詳しく説明してくれた。
「膝を傷めた時に、かなり強く打ったり、激痛がしたことありませんか?」
と聞かれたので、
「レシーブした時に膝を打って、ものすごく痛かったことは
 ありますけど・・・(^_^;)」
と答えると、
「MRIを見ると、十字靭帯も傷めてるように見えるんですよ・・・」
「これが靭帯なんですが、普通だと、もうちょっとここにくっついてる
 はずなんですが、画像だとちょっと離れてるように見えるんですよ。
 でも画像だと写り方によって、そう見えてるだけかもしれないので、
 靭帯も傷んでるかどうかは、実際に関節鏡で中をのぞいてみないと
 わからないんですよ。
 なので、検査も兼ねての関節鏡手術ということになります」
というような説明を受ける。
あと、治療法としてはヒアルロン酸の関節注射もあると言われたが、
ミニバレーをやっているので、早く治して復帰したいことを伝えた。

さらに手術について説明してくれるというので、
家族も一緒に聞いて良いか尋ねると、良いとのことなので旦那を呼ぶ。



スポンサーサイト


今日の出来事  日記



労災病院で手術をすることになったが、そのためにMRIの画像が
必要とのことで、労災は一ヶ月以上待たないと撮れないと
言われたので、日赤に画像を借りに行く。

窓口でそのことを伝えると、先生の診察を受けて、
直接言ってくださいということで、診察を受けることに。
診察室に入ると、「調子どう?」と聞かれる。
「手術しようと思うんですけど・・・」と話し始めると、
「手術することにした?いつする?」と言われたので、
「夏休み中に受けたいんですけど、入院中、子供を預かって
もらったりするので、実家に帰って受けたいんですけど・・・」
「実家でする?良いよ。どこ?」
「釧路です」
「どこの病院でする?」
「労災病院でお願いしたいんですけど」
「じゃ、お手紙書こうか?」
「お願いします。それで、MRIの写真、借りて行きたいんですけど」
とお願いする。
「手術後、何回も向こうに通うのは遠くて大変だろうから、
 水たまったりしたらこっちで治療してあげるから、おいで」
というようなことを言われた。

よその病院で手術するって言ったら気を悪くするかなと思ったけど、
意外とすんなり話が通って良かった。
MRIの写真と紹介状をもらった。


半月板損傷  半月板損傷 手術


今日の出来事  日記

労災病院へ



しばらく整骨院に通っていたが、なかなか良くならない。
だいぶ良くなってきたなと思っていたのだが、
日曜日に息子のサッカーの試合があり、
荷物を運んだり、歩くことが多かったせいか、また痛みが増してきた。
歩こうとした瞬間にガクっと膝がはずれるような
『膝崩れ』の症状はおさまっていたが、
病んだり、膝を曲げるとかなり痛み、しゃがめなくなってきた。
旦那ともやっぱり手術した方が良いんじゃないかと話し合い、
手術することに決めた。

手術するなら、ここの病院はやめた方が良いと周りの友達も言うので、
2時間半かかる少し大きな市の病院に行ってみようかとも思ったのだが、
そうなると入院中が大変だ。
入院するなら夏休み中が良いと思い、
それなら旦那の実家のある市の方が大きいので、
そこの病院に行くことにした。
旦那のお姉さん夫婦が薬剤師なので、どこが良いか聞くと、
労災か市立が大きいので、どちらかが良いとのこと。
お義兄さんが労災に勤めてるし、
手術なら労災が良いという話も聞いたので、労災へ行くことにした。

とりあえず、まずは診察を受けないとだめだろうと思い、病院へ。
大きな総合病院なので、紹介状なしで初めてかかる人は、2500円かかる。
日赤から紹介状をもらってくれば良かったと思ったが、
他の病院で手術するから紹介状書いてほしいと頼むのも気が引けて、
日赤には黙って、こちらに来た。
初めてなので、受付窓口が開いてからじゃないと受付できない。
再来の患者さんはカードで7時45分から受付できるが、窓口は8時15分から。

受付をすませ、整形外科の窓口で問診表を書くと、
レントゲンを撮ってくるように言われ、レントゲン室へ。
さすがに大きな病院だけあって、
レントゲン室もたくさんあるが、患者さんも多い。
30分も待たされて、ようやくレントゲンを撮った。
それからまたしばらく待つ。
整形の診察室の壁に、初めての患者さんも予約ができる
というポスターが貼ってあった。
電話で予約できるということなので、あらかじめ電話で予約してくれば、
こんなに待たなくてもすんだのだろう。
でも、初めてだと、予約ができることなんて知らないよね、普通。
お義兄さんに聞いておけば良かった。

8時15分に受付をして、結局、中待合室に呼ばれたのは11時過ぎだったと思う。
それからやっと呼ばれ、診察。
先生は見た目はイマイチだけど、まぁ、医者は顔じゃない。
診察台に横になり、膝を曲げたり伸ばしたりしてチェックされるが、
最近、膝くずれがおさまっていたせいか、あまり痛くない。
その後、話をする。
地元の病院で半月板損傷と言われ、手術を勧められたので
こちらで手術を受けたいことを伝える。

とりあえず、MRIを見ないと手術するか決められないので、
MRIが必要とのことだが、こちらの病院で撮るとなると、
一ヶ月先まで待たないと予約でいっぱいらしい。
なので、日赤から借りてくることにした。
こんなことなら、最初からMRIの画像を借りて、
紹介状を書いてもらえば良かった。
先生は、色々と丁寧に説明してくれ、
手術の他に、注射する治療方法もあると言われたが、
二ヶ月様子を見たけど良くならないので、
夏休み中に手術したいと伝える。

次は夏休みに入る26日にしようと思ったら、
「僕、診察が月、水、金なんですよね」と言われたので、
なるべく早いほうが良いし、25日水曜日に予約を入れた。
その日は小学校の終業式だが、
終業式の日は勉強はないので休ませることにした。



今日の出来事  日記

鍼治療!(整骨院)



先月から、整骨院へ通っている。
行ける日は毎日通っているが、なかなか良くならない。
先日、整骨院の先生から、鍼とお灸をやってみないかと言われた。
やったことがないのでちょっと怖かったが、
膝が良くなるためなので、やってみることに。

「なるべく熱くないようにやるからね。熱かったら言ってください」と言われる。
「これで今一つやった所なんだけど、どうですか?」と聞かれる。
思ったほど痛くないし、熱くなかった。
というか、全然わからなかった。
これなら全然、平気かも、と思っていると、
何ヶ所か刺していくうちに、ちょっと痛い時があった。
外側の方はあまり感じないが、内側はやわらかいせいか、ちょっと痛いらしい。
熱さはあまり感じないが、内側を刺された瞬間は、ピリっと痛みが走る。
そう思っているうちに、「これで終わりですよ」
と言って、刺した鍼を一気に抜いていく。
「どう?大丈夫そう?嫌だったらしないけど、大丈夫なら次もやってみるよ」
と言われる。

初めてのお灸&鍼は思ったほどではなかったけど、
やっぱりちょっと痛かった(^_^;)


今日の出来事  日記

整骨院へ



先日、整形外科で半月板損傷と言われた。
おすすめは手術と言われたが、
とりあえずしばらく運動を休んで様子を見ることに。
病院では痛み止めの飲み薬と湿布をくれたが、
常に黙っていても病むという訳ではないので、
飲み薬を飲むのは抵抗がある。
湿布はしているが、気休め程度な気がするので、
今日は以前かかっていた整骨院へ。

ミニバレーで捻挫したり、慢性的なアキレス腱周囲炎のため、
しばらくの間、お世話になっていたことがある。
病院で半月板損傷と言われたことを話し、治療してもらうことに。
先生が膝の曲げ伸ばしをして、
「手術するほどじゃないと思うけどなぁ~」と言われる。

治療は電気(低周波?)を二種類かける。
一つは捻挫の時にもしていたが、もう一つは初めてだ。
吸盤?のようなものをつけて電気を流すと、強弱によって動いて変な感じ。
二種類の電気をかけるので、40分くらいかかる。
その後、先生がテーピングしてくれて終了。

しばらく通って、良くなると良いな。


今日の出来事  日記



今日はMRIを撮るため、9:00に整形外科へ。
MRIは30分ほどかかるため、前の人が終わるまでの時間、
しばらく待つことになった。

ようやく呼ばれ、中に入る。
金属のものは全てはずすよう言われていたので、
メガネなどはずし、中へ。
診察台のような所に寝るように言われ、
そのまま筒のような所に入っていく。

それから30分、動かないようにしているのが少しつらかった。
撮影中は大きな音がしますと言われていたが、
思っていたよりもうるさく、耳が痛くなった。
でも、30分も動けないまま横になっているので、
うるさいなぁと思いながら、うとうとしてしまった。
でもやっぱりうるさくて、眠くなるんだけど眠れなかった。

MRIが終わって、先生の診察。
MRIの画像を見ながら、

「この黒い三角形に見えるところが半月板なんだけど、
 内側はちゃんと三角形にきれいに見えるでしょ?
 でも外側は白くなってるよね?
 この白くなってる所は半月板が切れてるんだよ」

「治療は一つは運動を休んで湿布や痛み止めで様子を見る方法と、
 あとおすすめは手術で切れてるところを切除する方法。
 今すぐに手術しなきゃならないって訳じゃないけど、
 だましだまし様子を見て一時的にはおさまっても、
 完治する訳じゃないから再発するよ。
 半月板で切れてる部分は再生しないから、
 完全に治すには手術で取るしかない」

というような説明を受ける。
手術することになったら、どのくらいで運動に復帰できるのか聞くと、
2ヶ月くらいとのこと。
手術自体は、膝に何箇所か穴を開けて、関節鏡を入れて行うもので、
麻酔が切れたら歩けるよ、と言われる。
日帰りでもできるようなことを言われ、
手術する気になったらまたおいでと言われる。
とりあえず、湿布と痛み止めを処方してもらった。

実は、この前の診察の後も、あまり激しく動かないようにミニバレーをやっていた。
でも、やっぱりしゃがんだりするとかなり痛み、
膝くずれの回数も増えたので、金曜日からミニバレーを休んでいた。
先週の診察で半月板損傷だと言われたが、
あまりひどいと思ってなかったので、今日の診察で手術を勧められて、
そんなにヤバかったのかと、不安になってきた。
当分、ミニバレーはお休みしなくては・・・

7月に試合があるんですけど、と先生に話すと、
すぐにでも手術しちゃうか、しばらく安静にして様子を見て
試合が終わってから手術するかだね、と言われる。
一応、二ヶ月で復帰できるとはいえ、
すぐに手術しても試合まで二ヶ月しかない。
さすがにそれは無理な気がするので、しばらく様子を見ることにした。



今日の出来事  日記

膝が痛い・・・



先月、ミニバレー中に膝に激痛が走った。
一瞬、立ち上がれないくらいの激痛だったが、
立ち上がってから動かすと動けたのでそのまま続けていた。
それから何度か痛みが走ることがあったが、
膝の筋でも傷めたのかなぁ、と思いながら、
サポーターで固定して、だましだまし続けていた。

そのうち、普段歩いている時に、急に膝がガクっとはずれたような感じで、
一瞬、ものすごい激痛が・・・
でも痛みは一瞬で、その後は痛みもなく歩けていたが、
そんなことが何回か続いたので、さすがに心配になって病院へ行くことにした。

整形で、まずレントゲンを撮った。
それから診察。
診察台に横になり、先生が膝を押さえながら曲げたり伸ばしたり。
その時の痛みによって判別できるらしい。

診断は、半月板損傷と言われる。
膝関節の模型を見せられながら、説明された。
骨と骨の間のクッションの役目をする半月板が膝の両脇にあり、
これが切れたりして骨の間にひっかかったりすると痛みが出るらしい。
レントゲンには半月板は写らないので、
詳しく調べるためにMRIを撮ることになった。

軽く考えていたのに、MRI検査をすることになって、
ちょっと不安になってきた・・・
一週間後に予約を入れてもらった。



今日の出来事  日記

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。